P20 liteが108円!ワイモバイルの超値引きでコスパ最強!スーパーレビュー付!

おしながき

P20 liteが108円!ワイモバイルの超値引きでコスパ最強!スーパーレビュー付!

 

 

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

ワイモバイル版P20 liteのレビュー&口コミでどんな評価を受けているスマホか見てみよう

 

このランキングは、たまたま一位になっている図を載せているわけではありません。

 

2016年11月から、HuaweiのPシリーズはずっと月間一位の座を譲ったことがないのです。

 

つまり、現時点の2019年4月で30カ月目となります。

 

満足度も二位以下を引き離しているだけでなく、商品を検討する際にお気に入りボタンを押している数が二位以下と2倍以上の差をつけています。

 

それだけ人気が高く、HuaweiのPシリーズの信頼性が高いことを証明しています。

 

 

HUAWEIのP20liteを使っている方のレビューをご紹介!デメリットもメリットも網羅しています

 

P20 liteのツイッターレビューからご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

 

 

P20 liteの画面は5.8インチフルHD+だから、余裕を持った画面と情報量で他のスマホを圧倒します

 

ネットでよく「HD」とか「フルHD」と記載されていますが、この「HD」と「フルHD」、そしてこのP20 liteの「フルHD+」が同じ種類のものなのか、それとも別モノなのかについて説明させていただきます。

 

まず、「HD」とは、画面解像度1280×720の解像度のサイズのことを指しています。

「フルHD」は画面解像度1920×1080という解像度のサイズのことを指しています。

現在の地上波がフルHD規格になっています。

名称からもわかる通り、元々はテレビ放送の用語だったのですが、同じ解像度でのスマートフォンが製造されるようになって、スマホの規格でもフルHDという言葉で表現するようになりました。

 

 

ではフルHD+とはどのような解像度のことを指すのでしょう?

考え方としてはフルHD+はフルHDの解像度を超えたモノとして理解すればOKです。

今回ご紹介しているP20 liteに関しては、5.8インチのディスプレイに2,280×1,080の解像度を誇り、フルHDの1920×1080と比較すると、388,800画素も多い画素数で表現が出来るようになっています。

 

下の画像はP20 liteのホーム画面を画面コピーしたものですが、これまでのスマートフォンと比較してとても縦長の印象になりますね。

これには二つのメリットがあります。

 

P20 liteがもつフルHD+のメリット

①一つの画面で多くの文字数や写真を表示することが出来るようになりました。
②縦長のスマートフォンになることで、これまで横に広くなっていたボディをスリム化することで持ちやすくなりました。

 

現在ではこの二点のメリットがあることから、縦長のフルHD+のスマートフォンが主流になりつつあります。

 

この流れはiPhoneも同様でフルHD+はこれからのスタンダードになっていくと思われます。

 

P20 liteの解像度は既にiPhone 8を超えており、使用感としてはiPhone Xに近いものになっています。

 

この内容を実質540円で手に入れることが出来るP20 liteは凄くおトクですね。

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

 

P20 liteは高性能デュアルレンズカメラ搭載!1,600万画素の高画質だからずっと残せる

 

1,600万画素の高画質が、現在では一般的だと思われているかもしれませんが、この画素数は凄いです。

124,800円もするiPhoneの最上級グレードスマホですら、1,200万画素です。

 

それも背面、全面双方に1,600万画素のカメラを搭載しています。

画質もさることながら、美しく撮れることもこのP20 liteの魅力ですし、撮った画像をSDカードに保存出来るというところもiPhoneには出来ないメリットです。

 

P20 liteにしかできない良さを自身の目で感じていただきたいですね。

 

 

 

P20 liteはデュアルレンズ搭載でボケのある絵が撮れるから一眼レフを持ち歩く必要はありません

 

 

P20 liteはダブルレンズだから、背景を移した後に調整することが出来るようになっています。

 

また、調整が出来るからといって、不自然な絵になるのではなく、とっても自然な写真になっています。

下に記載している写真が証明しています。

 

スナップ写真を撮るとき、全部にピントが合っている写真はどこを強調したいのかがわかりませんし、写真によっては不要なものが映り込んでいることで使えない写真になってしまうことがよくあります。

 

このP20 liteであれば、必要なものにだけピントを合わせ、背景をぼかすことで美しい写真にもなりますし、ただのスナップ写真から、作品レベルにまで押し上げることが出来るようになります。

 

 

ぼかす方法はいたって簡単、写真の外側の左下にある絞りボタンを押して、右側のスライダーを調整するだけ。

ぼかし加減も調整できるようになっています。

 

 

 

P20 liteは1600万画素だから、こんな集合写真もより美しく撮れます

 

よくある集合写真のように見えますが、この絵は一眼レフかP20 liteでしか撮れない写真です。

 

背景にある草木をぼかして、人にピントを合わせています。

 

もし、この写真で草木にピントが合っていたら、周りの景色にも目が行ってしまい、この場所はどこだろう?って不要な詮索になってしまいますが、

 

この写真なら、仲間同士で和気あいあいと撮っていることを一番に表現できます。

 

 

P20 liteはHDRモード搭載だから、明暗が美しく撮れます

 

 

P20 liteにはHDRモードが搭載されています。

 

HDRとは、写真の「ダイナミックレンジ」を広げるための技術です。

 

ダイナミックレンジとは、写真で表現できる明暗の差のこと。

 

より肉眼に近い写真が撮影できます。 露出の異なる3枚の写真を撮影し、編集ソフトなどで合成すればHDR写真になり、

 

 

P20 liteのHDRモードは、この作業を自動で行っています。

 

暗いところも明るいところも明暗を切り分けて美しく撮れる、それがP20 liteの強みですね。

 

 

 

 

P20 liteはポートレートモード撮影に自信アリ!ビューティーモードでさらに貴方を美しく!

 

 

このポートレートモードは特におススメです。

 

自撮りするとき、化粧のノリが悪かったりすると映りたくないですけど、友達と一緒に撮るって時に拒否するわけにもいかない、そんなときがあるかもしれません。

 

このP20 liteのポートレート機能を使うと、肌が美しく撮れるので、自撮りするときに恐怖を感じる必要がなくなります。

 

操作は超かんたん、撮影したあとにビューティーレベル調整を自分自身の感覚で調整してあげるだけです。

 

色黒な方でも、肌色が美しく、シミなども一掃できるポートレート機能なので、使わない手はありません。

 

 

 

P20 liteはフードモード搭載だから、インスタやfacebookなどSNSにも強い

 

友達とシェアするためのおいしい料理の写真を撮ってみても、あれ?美味しそうに見えない。

そんなことはありませんか?

P20 liteにはフードモードが搭載されているので、料理のおいしそうな雰囲気もキッチリつたえることが出来ます。

 

自分自身でお店をされている方や、ケーキ屋をされている。なんて方は、P20 liteで写真を撮って、そのままホームページにアップする。

なんてことも出来ます。またダブルレンズで画像をぼかすことが出来るので、どこにフォーカスを当てるのかで、見え方、魅せ方も変わってきます。

 

もちろん、構図も思いのままに撮れます。

 

 

上記は一般的なグリッドでの撮影方法になりますが、縦横に交わる点を焦点にして撮影するだけで、プロが撮ったような構図に出来ます。

 

景色だけでなく、食材や友達の撮影の際にもちょっと意識して撮ってみると、腕があがったようなプロ級の写真が撮れるようになります。

 

 

 

上記はフィボナッチスパイラルといって、1170年に生まれたイタリアの数学者、レオナルドフィボナッチの名前にちなんで呼ばれているものになります。

 

自然の中にある法則から黄金のスパイラルを見つけ出し、フィボナッチスパイラルを導き出しました。

 

 

 

P20 liteにはそのフィボナッチスパイラルの構図が選択できるようになっています。

外枠の長さを測ると、黄金長方形と言われる調和のとれた1:1.6の黄金比を導き出しました。

 

 

黄金比で有名なものといえば、パルテノン神殿があげられますし、他にも様々なものにこの黄金比が使われています。

名刺、たばこの箱、書籍のサイズなど、均整がとれていると感じる形にはこの比率が関係しているのです。

 

 

このフィボナッチスパイラルを使って撮影をするときは、かんたんです。

らせんの中心に焦点を合わせて撮るだけで写真が自然な流れに沿っているように見えます。

 

 

P20 liteは暗闇の写真に強いフラッシュが搭載されているので夜間でも強い

 

 

 

P20 liteは広角の1,600万画素インカメラ搭載だから美しく自撮りが撮れる

 

 

 

 

P20 liteにはプロモード搭載だから、思いのままにカメラを操れる

 

 

 

一眼レフに触れたことがある方なら、この機能の名目はご存知だと思いますが、この調整力は一眼レフカメラの調整項目そのものです。

 

長時間露光で夜の景色を明るく映すこともできますし、シャッター速度を早くしたり、遅くしたりすることで躍動感のある写真も撮れます。

 

曇り空の時にはISO調整で晴天のような色合いで撮ることもできますし、ホワイトバランスを調整することで明暗のバランスをとることもできます。

 

 

スマホなのに、一眼レフなみの機能を搭載しているスマホはこのP20 liteだけだと言っても過言ではないです。

 

 

 

 

シャッター速度を遅くして長時間露光で撮影した画像です。

 

 

 

シャッター速度を遅くするか、ISO調整を行うことで上記の写真が撮れるようになります。

 

 

P20 liteにはライトグラフィティモードで長時間露光が出来るから一眼レフのような絵が撮れる

 

 

前述で記載している通り、プロモードで調整して撮影すれば、確かにプロのような写真が撮れますが、旅行先などでもっと簡単にすごい写真を撮りたい。

 

 

そんな方にはライトグラフィティモードを選択すると、細かな調整はP20 liteが調整してくれるので、私たちはスマホのシャッターボタンを押すだけで美しい写真を収めることが出来るようになります。

 

 

下の写真がライトグラフィティモードで撮影した写真です。

 

 

下の女性の写真なんかは、ライトで文字を繋いでfacebookなどで投稿すると、友達にウケることまちがいないですね。

 

 

 

 

 

P20 liteの性能はKirin659+4GBメモリー搭載!だから操作がサクサク

 

P20 liteにはkirin659のCPUと4GBのメモリーが搭載されています。

このCPUには、2.36GHzがCPUが4つ、1.7GhzのCPUが4つ、合計で8つの計算頭脳が搭載されています。

 

 

負荷がかかるものに関しては、2.36GhzのCPU、インターネットサーフィン程度なら1.7GhzのCPUを使い、消費電力を抑え効率的な操作環境を実現しています。

 

2.36GHzがCPUが4つ、1.7GhzのCPUが4つ、合計で8つの計算頭脳が搭載されていますので、

 

合計で16.24Ghzもの処理能力を持っていることになります。現在ワイモバイルで取り扱っているハイエンド機を含めてもほぼトップと言っても過言ではない能力になっています。

 

また、その高効率なCPUを支えるメモリー容量に関しても現在一般的と言われている3GBを凌駕する4GBのメモリーを搭載しています。

この4GBのメモリーが搭載されていることにより、飛躍的に操作速度を向上させています。

 

一般的な使用条件では不満を感じることのないレベルであることは間違いありません。

 

 

 

 

P20 liteのスクリーンショットの撮り方は超かんたん

 

 

インターネットを使っているときに、お買い得品や、気になる記事などが見つかったときに、その画面を保存したいと思う場面はありませんか?

 

P20 liteならスクリーンショットを撮る際には面倒な操作は不要です。

 

指三本で画面をなぞるだけで画面を保存できるようになっています。

 

これで、せっかく気に入った商品や記事がどこに行ってしまったかを探す手間も省けます。

 

 

 

 

ワイモバイル版P20 liteのスペック

 

ワイモバイルのP20 lite発売日はいつ?

 

2018年6月15日の発売で、定価は31,980円となっています。

前モデルのP10 liteは2017年6月9日の発売でした。

 

 

P20 liteの本体カラーはサクラピンク、ミッドナイトブラック、クラインブルーの3タイプで美しいバリエーション

 

 

とても美しい色合いのサクラピンクがダントツの人気ですが、落ち着いたミッドナイトブラック、クラインブルーも魅力的です。

 

個人的にはブルーの色の作りこみ方はP10liteから続いている色彩になるので、このクラインブルーのほうが馴染んでいる感覚があります。

 

 

P20 liteの驚くべき性能一覧表

 

 

P20 liteは縦長の画面になっているので、多くの情報を一瞬で見れるようになってます。また画面上部のカメラ周辺にステータスバーを表示させることが出来るため、

 

画面そのものを効率的に使うことが出来るようにもなっています。

 

また、ぱっと見た目では、iPhoneと区別がつかないぐらいデザインも洗練されており、デザイントレンドもしっかり最先端のものとなっています。

 

基本スペック
サイズ 約W71×H149×D7.4mm
重さ 約145g
連続通話時間 [3G] 約1,020分
[LTE] 約960分
[GSM] 約1,020分
連続待受時間 [3G] 約454時間
[LTE] 約433時間
[AXGP] 約433時間
[GSM] 約471時間
バッテリー容量 3,000mAh
充電時間 約100分(同梱ACアダプタ)
約142分(USB Type-Cアダプタ)
プラットフォーム Android™ 8.0
CPU Kirin659 (オクタコア) 2.36GHz + 1.7GHz
ROM / RAM容量 32GB / 4GB
対応外部メモリ / 対応最大容量 microSDXC™/ 最大256GB
通信
データ通信方式 LTE / AXGP / 3G
最大通信速度(「4G」の場合) 下り最大187.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
対応周波数 機種の対応周波数はPDFをご覧ください(40KB)
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) - / ● / ●
Massive MIMO対応
ディスプレイ
サイズ 5.8インチ
表示方式 TFT
解像度 2,280×1,080(FHD+)
カメラ
有効画素数 [メイン]約1,600万画素/200万画素(デュアルカメラ)
[サブ]約1,600万画素
記録サイズ(静止画) 4,608×3,456ドット
記録サイズ(動画) 1,920x1,080ドット
フォトライト
オートフォーカス
手ブレ補正(静止画/動画) - / -
手ブレ軽減
テザリング
Wi-Fiテザリング機能(最大接続台数) ●(8台)
メール
Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)
MMS ●(@ymobile.ne.jp)
※Android™ アプリで利用可能
SMS(ショートメッセージサービス)
便利機能
おサイフケータイ®
NFC
防水 / 防塵 - / -
テレビ
無線LAN a/b/g/n/ac
Bluetooth® ●(Ver.4.2)
赤外線通信
GPS
緊急速報メール
国際ローミング
生体認証 指紋、顔

 

 

P20 liteはワイモバイル版もSIMフリーだから長く使える

 

P20 liteはSIMフリー端末だから、二年後の更新の際に他社に変更したくなった際に強い味方になります。

 

現在、ワイモバイルとUQモバイルの交互利用をされている方が非常に多いです。

 

UQモバイルも、ワイモバイルも二年後にはデータ容量が基本容量に戻るというデメリットがあるため、(それでも他社比較しても充分なんですけどね。)

 

二年毎にMNPして、おトクに使うということも可能です。

 

その際にこのP20 liteは効果を発揮します。

 

SIMフリーモデルとなっているため、ワイモバイルのSIMを差し込んで使うこともできますし、UQモバイルのSIMを差し込んで使うこともできます。

 

P20 liteのSimサイズはnano simだからあんしんして使えます

 

P20 liteのSIMサイズは現在一般的ともいえるnano simとなっているため、SIMフリー端末なのに、simサイズが合わないなんてこともありません。

 

 

P20 liteのギガ数は32GBの大容量

 

P20 liteの保存可能ギガ数は32GBの大容量となっています。

システム容量を加味しても、写真なら、4,200枚ほど保存が可能ですし、音楽なら7,300曲以上が保存できます。

 

それに、P20 liteならiPhoneには出来ないSDHCメモリーカードにも対応しているため、最大で256GBもの保存も可能です。

 

合計すると写真であれば37,800枚、音楽であれば66,350曲もの保存が可能です。

 

ちょっと使い切れない量になりそうですね。

 

 

P20 liteのOSはAndroid™ 8.0新しいOSだから問題なく使えます

 

 

P20 liteにはアンドロイド8.0のoreoOSを搭載しています。

 

画面上で使っていないアプリを数分後に停止したり、現在位置の取得情報回数を減らし、必要な時だけ取得情報を取得することで消費電力を改善したり、

起動時間の短縮をすることでサクサク動くパフォーマンスを向上させています。

 

アンドロイドならではの画面の中で二画面分割で使えたり、ピクチャーインピクチャー機能で操作性の向上によりより使いやすくなっています。

 

ピクチャー・イン・ピクチャー

 

アイコンに関しても、丸形や四角型などが混在しており、非常にバラバラな印象でしたが、アイコンの統一化をはかることで、統一感を出しています。

アダプティブアイコン

他にも様々な機能や操作性が向上していますので、ぜひ体感して頂きたいですね。

 

P20 liteには防水、防塵機能がない

 

P20 liteには防水、防塵機能がありません。

 

出来れば防水機能があるとあんしんだったと考えますが、この金額で高いパフォーマンスを発揮しており、熱処理を考えると防水機能までは持ち込めなかったのでしょう。

 

とはいえ、スマホカバーを付ける方も多いでしょうから、防塵機能はあまり問題ではありません。

 

水気のあるところでのご使用はご注意ください。

 

 

P20 liteは超急速充電+3,000mAhの大容量バッテリーだから、バッテリー持ちが強くてあんしん

 

 

P20 liteは超急速充電対応です。

 

さらに3,000mAhの大容量になっています。

 

朝、忙しいときに充電し忘れた!なんてときに急速充電機能は非常に有難いですね。

 

10分の充電で約24時間の連続待ち受けを可能にしていますので安心ですね。

 

さらに、P20 liteの急速充電機能はただの急速充電ではないのです。

 

急速充電を行うことでバッテリーに対する負荷がかかり、バッテリーの劣化を早めてしまうというリスクがあります。

 

そこで、P20 liteの急速充電機能は三段階に分かれており、初動の充電に関しては急速充電で対応し、80%以上になるとゆっくり充電してバッテリーに負荷をかけないよう配慮された設計になっています。

 

また、本体の温度が30℃以上の場合もバッテリーに負荷をかけないよう急速充電機能をセーブするような仕組みになっており、よく考えられた設計だなと感心させられます。

 

 

P20 liteはイヤホンジャック搭載だから、今あるイヤホンがそのまま使える

 

 

iPhone 7以降、Apple製品にはイヤホンジャックはなくなりました。やはり、Bluetooth接続になると音声も劣化しますし、少しでもいい音質で聞きたいという方はこれまでのイヤホンジャックで聞きたいと思っている方は多いでしょうし、自分が気にいったヘッドフォンが使えないというのは結構、痛いですね。

 

また、Bluetooth接続のヘッドフォンの場合はヘッドフォンそもののの充電もしないといけないので不都合が多いです。

 

P20 liteならヘッドフォンを接続するイヤホンジャックが搭載されていますので、自分の好きなヘッドフォンで聞くことが出来ます。

 

 

P20 liteは2つのBluetoothを同時接続出来るから、いろんがことが出来る

 

 

P20 liteにはBluetoothが二台接続できる、「デュアルBluetooth機能」が搭載されています。

まだ、搭載されているスマートフォンは少ないですが、Bluetoothを利用されている方にはとっても便利な機能になっていますので、ぜひこの機能は押さえておいていただきたいpointになります。

ここで、アレ?今使っているスマホも二台のBluetoothを使ってるけど?と思われる方もいらしゃるかもしれません。

ここで、「一般のBluetooth機能」と「デュアルBluetooth機能」の違いについて説明させていただきます。

 

一般Bluetooth機能では複数台のBluetoothを使うことはできますが、同時に使うことは出来ないのですが、別々にマウス、キーボード、ワイヤレスイヤホン程度であれば使うことが出来ますが、動作が遅くなってしまったり、頻繁に接続が切れてしまったりしてしまいます。

 

これは同時接続ができないため、切り替えを常に行っているためです。

 

「デュアルBluetooth機能」とは、二台同時に接続ができることがポイントになります。

 

つまり、

 

デュアルBluetooth機能ではこんなことが出来る

ワイヤレススピーカーで音楽を流しながら、ワイヤレスヘッドホンで通話ができる。
スマートウォッチを使いながら、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴く。
Bluetoothのカーナビにせつぞくしたまま、スマートウォッチを使う。

 

こんなことが、途切れたり、動作が遅くなることなく使っていただけるのです。

 

デュアルBluetooth機能搭載だから、カーナビをBluetoothで接続することが多い方、スマートバンドや、スマートウォッチを使おうとしていらっしゃる方にはとっても便利な機能です。

 

P20 liteが人気の秘密はこういった細かな配慮にも対応できる懐の深さも一因ですね。

 

 

P20 liteのUSB端子は最新のType-Cだからあんしん

 

P20 liteを接続したり、充電したりするUSBポートは最新のType-Cになっています。

これまでのUSBポートとの違いを説明しておきますね。

USB Type-Cのメリット

・転送速度がUSB 3.0の約2倍だからデータ転送が早い
・上下の区別がないから、わざわざ差し込む時に上下を確認する必要がない
・過去のUSBポートにも互換性があるから困らない

転送速度がUSB 3.0の約2倍だからデータ転送が早い

 

スマホに保存しているデータをパソコンに取り組む際に転送速度が遅くてイライラしたことはありませんか?

 

P20 liteなら転送速度がUSB3.0の約二倍といわれています。現在存在しているUSB端子の中では最速を誇ります。

 

P20 liteとパソコンを繋いでデータを送るときにはサクサク動きますのでストレスを感じることなくデータの転送ができるので、嬉しい機能の一つです。

 

 

上下の区別がないから、わざわざ差し込む時に上下を確認する必要がない

 

スマホを充電する際にこれまでのスマホの場合は上がどっちで下がどっちだろう?なんていちいち確認して差し込んでいましたが、このType-Cなら、上下の区別がありませんから、サッと差し込めます。

 

毎日使うスマホだから、便利に、そして快適に使えるType-Cはとっても使いやすい端子です。

 

過去のUSBポートにも互換性があるから困らない

 

 

USB Type-Cは新規格でありながら、既に現在発売されているスマートフォンの端子としては一般的な接続端子となっています。

 

そのため、学校や職場で急な電池切れや、充電しておきたい。なんてことがあるときは、友人のType-C端子の充電機器を接続して充電することができるので、非常に重宝します。

 

また、Type-Cは新規格でありながら、これまでのUSB端子と互換性があります。

 

使用するためには変換アダプターを準備する必要はあるものの、一本であらゆるUSBケーブルに対応出来るというのはとても大きなメリットですね。

 

さらに、Type-Cには「オルタネートモード」という機能があるため、なんと、HDMIやThunderboltなどのディスプレイ端子としても利用ができるのです。

 

充電をすることはもちろん、映像端子も兼ねているType-Cはすっごいメリットになりますね。

 

 

4Kを選択しない聡明な判断とは?

 

 

P20 liteのビデオカメラには、最新の4Kには敢えて対応していません。

 

現在一般的なフルHDでの動画撮影になります。

 

なぜ、P20 liteは4Kに対応していないのか、それは撮影後のデータ容量に課題があるためです。

 

4K=フルHDの4倍のデータ量

 

となっていますので、必然的にデータ量が4倍以上に膨れ上がってしまうのです。

 

外付けのHDDを持ち歩きながら動画撮影、なんてことをしていたらせっかくのスマートフォンの利便性が損なわれてしまいます。

 

とはいえ、現在P20 liteに搭載されているカメラは充分な性能と機能を持ち合わせているため、実際に使用しても全く不満は感じない、高画質のカメラになっています。

 

サクサク使えるビデオカメラでとっておきの思い出を取り巻くっちゃいましょう。

 

また、P20 liteにはSDHCメモリー増設が可能なため、256GBまでのメモリーカードを差し込むことが出来るようになっていますので、動画の量が増えても全く問題ありません。

 

 

P20 liteの付属品・同梱品

 

 

P20 liteの充分過ぎる付属品一覧

 

 

P20 liteには充分過ぎる付属品が添付されています。

 

まず、筆頭に挙げておきたいのは専用のクリアケースです。

 

これまでのP10 liteにもクリアケースが付属しており、評判が高かったのですが、今回のP20 liteには柔らかい樹脂製のクリアケースが標準で搭載されています。

 

そのため、P20 liteを購入したあとに別途ケースを準備する必要がないですし、ケースを別途購入するにしても、ケースを購入するまでの間、キズや落下の心配をする必要がないのです。

 

こういった配慮が出来ているスマホはHuawei社の優しさですね。

 

国内メーカーにもこのような配慮はぜひ参考にして頂きたいなと個人的に思っています。

 

私自身もこのP20 liteを使用していますが、購入した際についていたクリアケースをずっと使っていますが、背面の指紋認証ボタンの部分にちゃんと穴が開いていますし、

 

USB端子の箇所にもちゃんと接続穴が開いているので、そのまま使っています。

 

 

ACアダプタ・ケーブルが初めから付属しているからあんしん

 

 

ACアダプターや、USBケーブルが初めからちゃんと付属しているから、別途ACアダプタを購入する必要がありません。

 

さらに、USBケーブルと充電器が別々に接続できるようになっていますので、パソコンなどの機器に接続する場合に困らないよう別々になっていることも非常に嬉しいポイントですね。

 

一般的なスマホの場合は付いていたとしてもUSBケーブルだけなんてことが多いので、別途充電器を購入しなければなりません。

 

別途充電器を準備するとなると、メーカー純正品で3,000円程度するので、こういった配慮が出来ていることもやはり人気のひとつですね。

 

本体を保護する純正ケース・イヤホン付属が無料で付いてるって良心的

 

これまでに、純正のクリアケースが標準で添付されていること、USBケーブルと充電器も添付されていることを説明してきました。

 

実はさらにもう一つ、大きなポイントがあります。

 

それはヘッドフォンまで同梱されていることです。

スマートフォンを購入したら、ヘッドフォンも準備しなきゃ。

と思っている方にはとっても嬉しいですよね。

 

ここまで付属品がちゃんと準備されているP20 liteを製造しているHuaweiは使うユーザー目線で商品をつくっているんだな。

と感心させられます。

 

P20 liteに搭載された便利機能を公開します

 

 

P20 liteは指紋認証・顔認証対応

 

 

P20 liteには背面に指紋認証機能、そして、前面には顔認証機能が搭載されています。

 

なぜ、ふたつの認証機能が必要なのか、それは夜間では顔が映らない、手袋をしていたら指紋認証が出来ない。

 

このふたつの課題があるため、ふたつの認証機能を有しているのです。

 

この点もP20 liteがユーザーよりの目線で商品を作っていることが伺えますね。

 

これまでの多くのスマートフォンでは前面に指紋認証機能が搭載されているスマートフォンが多かったのですが、P20 liteでは背面に指紋認証機能が搭載されています。

 

これは、前面のディスプレイ機能を損なわないために背面に搭載されているのです。

 

スマートフォンを手に持った際、左手でも右手でもスマートフォンの背面の中心に人差し指がいくと思います。

その場所に指紋認証ボタンが搭載されています。

 

自然に手に持った際に自動で指紋認証されるスマートフォンは本当にスマートですね。

 

また、P20 liteには顔認証機能も搭載されているため、スマートフォンを見るだけで画面が開くようになっています。

 

また、この顔認証機能では、眠ってまぶたを閉じているあなたの顔では開かないようになっていますので、セキュリティも万全です。

 

 

 

実際の顔認証の速度について検証した4秒の動画がありますので、ぜひご覧ください。

この速度と精度で認証が出来るのであれば、ストレスを感じずに使えるのが一目瞭然ですね。

 

P20 liteは防水・防塵非対応

 

 

P20 liteには防水、防塵機能がありません。

 

出来れば防水機能があるとあんしんだったと考えますが、この金額で高いパフォーマンスを発揮しており、熱処理を考えると防水機能までは持ち込めなかったのでしょう。

 

とはいえ、スマホカバーを付ける方も多いでしょうから、防塵機能はあまり問題ではありません。

 

水気のあるところでのご使用はご注意ください。

 

P20 liteはおサイフケータイ/ワンセグ非対応

 

 

P20 liteは残念ながらおサイフケータイ、ワンセグには対応していません。

 

理由はP20 liteは世界の各国で販売しているモデルであるため、日本国内独自のおサイフ機能は搭載されていないのです。ワンセグも同じ理由になります。

 

とはいえ、YouTubeなどの動画サイトにはちゃんと対応していますし、ワンセグをスマホで見るという方は年々減ってきていますので、あまり重要ではなのかもしれません。

 

P20 liteのanntutuベンチマークスコア

 

P20 liteの性能は平均的なスマホと比較しても27%上位の能力を持っています。

つまり、長期的な使用でも全く問題がないことを証明しています。

 

一般的なゲーム程度であれば、これから先も長く使えるのです。

 

一般的に最低限のスペックとして60,000点以上のスコアが必要となりますが、P20 liteの場合は87150と、必要充分以上のスペックになっていますね。

 

 

P20 liteの対応バンド・周波数

基本的にどの回線でも使用できます。

 

ドコモ、au、そしてソフトバンク、すべての回線で使用が出来るようになっていますので、安心して使えます。

 

もちろん、国内のみならず、全世界の電波にも基本対応していますので海外旅行に行った際にも不安なく使える仕様になっていますので安心して使えます。

 

これは、P20 liteという端末の特性がワールドワイド端末といって、全世界で販売を行っていることも背景にあります。

 

 

P20 liteはVolte対応だから音声が聞き取りやすい

 

あまり、ご存じないかたも多くいらっしゃるVolte機能について説明します。

 

Volte機能とは高音質で通話が出来る機能になっています。

 

特にワイモバイルの場合は、10分間の無料通話がついていますので、通話をされることも多くあると思います。

 

通話の際に相手の声が聞き取りにくい、ってことはありませんか?

 

P20 liteならVolte機能が搭載されているので、ストレスを感じることなく高品質な音声で会話が出来るようになっていることがポイントになります。

 

また、P20 liteに関しては、発売当初、auのVolte機能には対応していませんでしたが、2019年3月12日から利用が可能となりました。

 

せっかくですので、Volte音声の品質がどれぐらい凄いのかを体験出来る動画がありますので、ぜひご確認ください。

 

とっても聞き取りがしやすいことは会話が弾むことにもつながりますし、「え?もう一回?」と聞き直す必要がなくなりますので、ストレスを感じることなく会話に集中出来るようになります。

 

 

 

 

P20 liteを購入するなら、ワイモバイルが一番お得!

 

ワイモバイル版P20 liteの実質負担額は?価格・料金も確認!

 

 

現在、ワイモバイルではP20 liteが二年契約という条件は付いていますが、なんと108円(税込)で購入することが出来るようになりました。

 

ほとんど無料といっても過言ではないですね。

 

これだけの機能と品質、信頼性を持ったスマホが108円という価格で実現しているのはワイモバイルだけです。

 

端末数にも限りがありますので、ぜひ早めにお申込みされるほうが良いかと考えます。

 

また、月額料金に関してはS/M/Lの3プランだけ。

 

通信量に応じて以下の基本料金が発生します。

 

Sプラン=3GBで1,980円

Mプラン=9GBで2,980円

Lプラン=21GBで4,980円というシンプルな料金体系で全プランを通して10分間の無料通話がついています。

 

また、通話料金無制限を選択出来るのは大手キャリアを含めても、ワイモバイルだけです。

 

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

 

P20 lite購入時の月々の支払額はお得な108円(税込)だけ!

 

上述で説明している通り、期間限定で108円(税込)となっていますので、端末代金は超がつく激安価格となっています。

 

新規申し込みや、現在のドコモ、au、ソフトバンクからの乗り換えに関しては契約事務手数料として、3,000+消費税で3,240の費用、そして上述の基本料金が発生します。

 

また、契約初月は当然ですが、月額基本料金は日割りでの計算になりますのでこのあたりも不安なく申し込みが出来ることも付け加えておきます。

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

 

ワイモバイルオンラインストアではP20 liteのお得なキャンペーン実施中!

 

ワイモバイルオンラインストアで適用になるP20 liteのキャンペーン情報

・データ増量無料キャンペーン
・ワンキュッパ割
・一括販売特典

 

P20 liteをワイモバイルのオンラインで申し込みを行うとお得なキャンペーンが適用になります。

 

条件は以下となります。

 

適用になるキャンペーン
データ増量無料キャンペーン データ増量オプション月額料が最大25ヵ月間無料!※ご契約時にオプション加入が必要です。
ワンキュッパ割 「ワンキュッパ割引」はご契約翌月より12ヵ月間基本使用料から最大1,080円(税抜1,000円)が割引されます。
一括販売特典 本特典にて指定機種をご購入後、24ヵ月以内(ご請求月単位)にご契約回線を解約された場合、スマホプランの契約解除料(10,260円)とは別に経過期間に応じた最大19,999円の解除料が発生します。

 

オンラインではお得なワイモバ学割実施中

 

 

こちらも、期間限定にはなりますが、現在ワイモバイルのオンラインストアでは9GBも使えて、月額料金が一年間1,000円割引となります。

 

対象になる方は学生さんだけではなく、ご家族の方も適用になるところが凄いのです。

 

つまり、学生さんがいる「家族の方」も学割の適用範囲ということです。

 

さらに、二台目以降は家族割が適用になるため、さらに500円引きとなります。

 

つまり、9GBが使えるMプランの2,980円のプランから、学割で1,000円引き、二台目以降はさらに500円値引きになるため、月額料金が1,480円という破格の金額でご使用いただける夢のようなプランになっているのです。

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

 

知っておくと、おとくなワイモバイル料金の節約技

 

おうち割で最大月額1,000円割引になるワイモバイル

 

ワイモバイルでは二台目以降500円が毎月割引になる家族割というサービスが展開されていますが、デメリットとしては「二台目以降」という制限がかかっていることです。

一台目から割引にする方法はないの?と思っているあなたに朗報です。

 

ワイモバイルではご自宅のインターネット回線をソフトバンクに変更するだけで、月額基本料金からさらに割引となります。

一番申し込みの多い、スマホプランMならひとりあたり700円を家族全員から値引きするため家族4人だと毎月2,800円の割引となります。

この値引きは年間計算だと、36,288円(税込)の割引となる画期的なサービスになります。

また、考え方によってはご自宅のインターネット回線がマンションタイプだと実質無料になってしまうぐらいの破壊力がありますので、ぜひ検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

以下のリンクから申し込みできますので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

光回線契約でキャッシュバック

 

さらに、ご自宅の回線をソフトバンク回線にするのに、費用がいくらぐらいかかるんだろうって心配は不要です。

回線を変更することによって、さらにキャッシュバックを手にすることが出来ます。

 

 

P20 lite購入はYmobile公式サイトが一番お得!

 

 

これまで、P20 liteの魅力についてお伝えしてきました。

 

充分過ぎる性能は当然ですが、付属品もそうですが、様々な機能の強化や、使い勝手をユーザー目線で作りこんでいるP20 liteがずっとスマートフォン№1である理由が私自身も記事を作成してて、気づきました。

 

現在ではワイモバイルが108円という究極の価格で提供していますが、やはり販売台数の凄さや人気の高さから大きく値引き出来ているということは言うまでもない結果だと思います。

 

とはいえ、人気商品ですので在庫切れとなることも予想されるP20 liteです。

お早目に申し込みをされることをお勧めします。

 

ワイモバイルの人気プランであるMプランの申し込みであれば、月額料金は2,980円、現在大手キャリアを利用されている方の平均月額料金が8,700円前後であることを考えると、月額料金の差額は約5,000円、年間で60,000円もの差額となってきます。

 

乗り換えの際に発生する解除料金はキャリア統一で9,500円となっていますので、二か月もあれば充分モトが取れる計算です。

 

契約更新時期まで待ってから乗り換えようとか、いつ乗り換えるか悩んでそのままにしてしまっている方は正直言って、損です。

 

私の経験では、今乗り換えが出来ない方はずっと乗り換えが出来ません。

 

損だとわかっていても乗り換えしない方は、自分自身が変化することに消極的な方です。

 

決して否定しているつもりはありません。人には変化することを恐れる本能が司っているといわれています。

 

変化しないことは安定と繋がっていると本能でそう感じているためです。

 

ただ、今回ご紹介しているワイモバイルは、ソフトバンク回線をそのまま使っているキャリアで回線も強いですし、アフターサービス対応などについても全国に1,000店舗を有しているサブブランドキャリアですので、品質は問題ありません。

 

通話品質や、電波の品質についても大手との違いは感じられません。

 

ぜひ、この機会にP20 liteを使っていただきたいと思っています。

 

ワイモバイルのP20 liteの申し込みはコチラから↓

>>>ワイモバイルのP20 liteが今なら大幅値下げで108円!、レビュー、口コミ全網羅!<<<

プッシュ通知を
ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!
LINE始めました
友だち追加←ぜひ活用してください(^^)

ワイモバイルのことなら、どんどん聞いてください(^^)

仕事の都合上、すぐ返信できないことがあるかもしれませんが、わたしでお手伝いできることがあればどんどん言ってください。

ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。

 

ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

 

 

スマホには、大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、

実は、3パターンあります。

「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。

 

ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。

 

 

サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。

 

 

店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、

 

双方にメリット、デメリットがあります。

 

目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。

 

そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

店員さんがいるから直接説明が聞ける
スマホを実際に触れることが出来る

店員さんがいるから直接説明が聞ける

 

 

やっぱり、対面での接客はその場で回答をもらえることもありますし、悩みや相談に乗ってくれるので有難い存在ですね。

 

そのまま購入まで順序立てて説明してくれるので、嬉しいですよね。

 

スマホを実際に触れることが出来る

 

 

スマホの本体の重さや、感触などを実際に触れることが出来るのは、店舗の最大のメリットだと言えます。

 

 

質感や重さなどの感覚を重要視されているかたは、店舗での確認をおすすめします。

 

 

また、格安ブランドに関しては、ほとんど店舗を置いていないので商品確認は出来ないです。

ワイモバイル店舗受付のデメリット

 

ワイモバイル店舗受付のデメリット

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる
Mプラン以上の料金プラン必須
待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い
いつ対応してもらえるか分からない
店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある
在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる

 

 

 

 

店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。

もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。

 

これはワイモバイルに限ったことではありません。大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。

 

例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。

 

必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。

個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。

 

何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。

 

最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。

 

 

Mプラン以上の料金プラン必須

 

 

 

 

こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。

Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。

 

 

背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。

もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。

 

 

待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い

 

 

これも、店舗ならではのあるあるです。

 

やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。

 

アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。

 

やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。

 

また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。

 

つまり、1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。

 

特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。

 

人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。

 

店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。

 

いつ対応してもらえるか分からない

 

 

 

上記のような状況となりますので、いつ対応してもらえるのかは、神のみぞ知るというレベルです。

 

新規のお客様であれば登録手配を進めることと、オプション加入をすすめるだけですので、一時間ほどで完了しますが、番号そのままで使えるようにするMNP手続きに関しては、これまでつかっているスマホ会社からMNP番号を取得する必要があるため、一時間で終えることは至難の業です。

 

自分自身の順番の前に新規登録や、MNP受付が発生している場合は一度店舗を出て、他の用事を済ませてから再入店するほうが効率的かもしれません。

 

店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある

 

 

店舗のメリットとして掲げている、スマホ本体の実機確認が出来ないことも多いです。
私が住んでいる近くのワイモバイルショップでは、動いている実機はなく、全てモックアップ(模型)の展示だけでした。
確かに、重量や質感は感覚としてわかりますが、やはり、動かない実機に触れても意味がないと思います。
そのような店舗もありますので、あまり期待値を高くしていくとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

 

 

 

 

月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。

 

基本的に2~3名体制のお店がほとんどなので、休憩時間を考慮すると、8時間-休憩1時間なので、7時間体制×3名=最大21件の申し込みということになります。

 

ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか?

 

やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。

 

店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

店員さんから直接説明は聞けない
自己責任での申し込み
実際に手に取って触れることが出来ない

店員さんから直接説明は聞けない

 

 

オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。

 

とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。

 

 

また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。

 

そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。

 

 

自己責任での申し込み

 

 

これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。

 

ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。

 

とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。

 

それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。

 

それは、キャンセルです。

 

商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。

 

キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。

 

※ワイモバイルのキャンセルの定義※

 

 

実際に手に取って触れることが出来ない

 

 

 

 

オンラインならではのデメリットになりますが、やはり実機の確認はできません。

 

でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。

 

商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。

 

通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。

 

私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。

 

中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。

ワイモバイルオンライン受付のメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のメリット

オンライン限定割引があることが最大の強み
圧倒的に手軽
最短当日発送
交通費がかからないし、送料無料
不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る
待たされない24時間好きなタイミングで購入できる
わからないことはチャットで問い合わせできる
キャンペーン適用漏れがない
夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく
子供が寝静まった深夜に契約内容・オプションをじっくり考えながら手続きする
店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

オンライン限定割引があることが最大の強み

 

ワイモバイルではオンライン申し込みに力を入れています。

 

これは、店舗での業務ひっ迫を軽減することにも繋がりますし、人件費が発生しないオンラインに注力するのは当然のことだと思います。

 

オンライン限定でスタートしたiPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーン

 

>>>>>iPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーンはこちら<<<<<

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

 

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

ほかにもたくさんのキャンペーン・おすすめ情報があるので、ぜひご覧ください。
とてもじゃないですが、このページの中ではご紹介しきれませんので、ぜひ下にあるリンクからご確認ください。

>>>>>キャンペーン・おすすめ情報はこちら<<<<<

ワイモバイルは圧倒的に手軽

 

 

 

オンラインでの申し込みは、自宅にいながら申し込みが出来ますし、必要な書類はそもそも自宅にあるので圧倒的に手軽です。

待たされることもありませんし、自分のペースで進めれるから急かされることもありません。

 

自分自身が納得できるペースで進めることが出来るので安心して進めることが出来ます。

 

長い方で一週間ほど申し込みに時間をかけてゆっくり申し込みされているかたもいらっしゃるようです。

 

早いかたであれば、10分程度で申し込みをされている方もいらっしゃいます。

 

どちらにしても、手軽にじぶんペースで進めることが出来るのは手軽で良いですね。

 

最短当日発送

 

申し込みが終わったら、今度は一日も早く商品を受け取りたいですよね?

 

ワイモバイルなら最短当日発送なので、地域によっては最短翌日には到着します。

 

店舗だと、在庫がなければ一週間程度待たされる場合もありますが、オンラインなら在庫は豊富です。

 

対応している件数が店舗とは桁が違いますので、やはり対応速度は最速だと思います。

 

 

交通費がかからないし、送料無料

 

店舗にいくには、交通費がかかりますし、移動時間も必要です。

 

必要書類が無ければ、最悪の場合自宅に取りに帰る必要がありますし、店舗に戻ってきても即対応してもらえるとは限りません。

 

それに、自宅に戻るなんてケースの場合は交通費と時間が倍かかってしまいます。

 

オンラインなら、交通費や移動時間はゼロ、不要な出費を抑えたいワイモバイルなので、送料ももちろん無料です。

 

あんしんして申し込みが可能です。

 

不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る

 

オンラインの最大の強みと言える部分になります。

 

店舗の半強制オプションに加入する必要がないので、本気で最安値で申し込みが可能です。

 

せっかく、月額料金が安くて維持費が魅力的なワイモバイルなのに、不要なオプションに加入させられまくって高額なスマホになってしまっては元も子もありません。

 

ワイモバイルの価値を最大限引き出すためにも、オンラインでの申し込みを強くお勧めします。

 

待たされない24時間好きなタイミングで購入できる

 

お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。

 

お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。

 

でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。

 

ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。

 

お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。

 

ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。

 

わからないことはチャットで問い合わせできる

 

 

ワイモバイルにはチャットサービスがあります。パソコンはもちろん、スマホでの申し込みでもチャットサービスが使えます。

基本的に24時間対応出来ますが、オペレーターでの対応を希望される場合は9時~18時までの時間となりますのでご注意ください。

もちろん、チャットサービスでの対応は無料になっていますので、気になることはしっかり確認してください。

 

チャットサービスの良いところは、料金面など対面では聞きにくい部分がチャットだと遠慮なく聞けることです。

 

どんどん活用していきましょう。

 

キャンペーン適用漏れがない

 

ワイモバイルなら、店舗とは違って専用のフォームでの申し込みとなりますので、キャンペーンの適用漏れはありません。

 

店舗の場合はずっと続くお客様の対応で、やはり適用漏れや案内漏れなどの発生の可能性がありますが、オンラインでは適用漏れは皆無です。

あんしんして申し込みが出来るところもオンライン申し込みの良さですね。

 

夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく

夜21時以降に始まる「タイムセール」などは、毎日少しずつラインナップが変わっていきます。

 

 

 

店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

 

 

オンラインで申し込みをしたら、店舗では対応してくれないのではないか?という不安をお持ちのあなた!

 

オンラインで申し込みを行っても、店舗で申し込みを行ってもワイモバイルのお客様であることに変わりはありませんので、故障や破損、電池の交換など、何か困ったことがあれば店舗でも受け付けは可能です。

 

また、店舗でメリットがあるとしたら、修理対応であったり、操作方法がわからない場合はちゃんと対応をしてくれるところです。

 

店舗とオンライン、双方にデメリットもありますし、メリットもあります。

 

ちゃんと切り分けてお付き合いするのが賢いやり方です。

 

そもそもワイモバイルへ申し込みを行うメリット

 

ヤフープレミアム会員費無料
格安SIMで圧倒的な通信速度
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
ヤフープレミアム会員費無料
キャリア決済が使える
全国に1,000店舗以上ある
料金プランがシンプル
基本料金プランが安い
2018年9月にデータ容量が増量
10分以内の国内通話無料
完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額
60歳以上の方はかけ放題
無料でプラン変更可能
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
キャリアメールが使える
家族割で料金割引
光回線のおうち割で月1000円割引
Android Oneの新機種続々
SIMフリー端末も続々発売
iPhone7がついに発売!
iPhone6S・iPhoneSEが買える
LINEも使えてID検索もOK
機種変更で2年間データ増量延長
紹介しきれないぐらいに、オンラインのメリットは盛りだくさんです。
ぜひ、活用してみてください♪