知らないと損!たった10分でスマホ料金を安くする方法!

おしながき

知らないと損!たった10分でスマホ料金を安くする方法!

 

スマホ代が高い原因ってなんだろう?

 

 

 

 

毎月のスマホ代って結構高いですよね?

 

毎月一万円前後の支払いで、年間12万円と考えたら、もうちょっと安くなる方法ないの?と思いませんか?

 

このページでは、スマホの月額料金を安くする方法についてご案内します。

 

ぜひ、ご覧くださいね!

 

 

大手キャリアはなぜ基本請求金額が一万円近くになるの?

 

大手キャリアの月額料金はなぜ高い?
大手キャリアは電波にかかわる設備費用を分担してるから高い

大手キャリアは人件費がかかるから高い

大手キャリアは店舗経費がかかるから高い

 

 

大手キャリアは電波にかかわる設備費用を分担してるから高い

 

 

 

 

大手キャリアが大手キャリアである理由は、その電波設備を持っているかどうかになります。

 

ドコモ、au、ソフトバンクに代表される大手キャリアは自社回線を持っています。その通信網は、電話基地局や電波塔などの設備のことをいいます。

 

この設備を運営するだけでも、莫大な費用がかかります。数億円のレベルではなく、何千億という費用がこの設備運営費にかかるのです。

 

この設備費用に対して、ユーザーのひとりひとりがその費用を負担しているから月額料金が高くなるのです。

 

大手キャリアは人件費がかかるから高い

 

 

 

 

電波塔などの設備費用のほかに、店舗での人件費も大きな問題です。

 

 

auショップで2,459店舗、ソフトバンクは2,397店舗、ドコモだと2,261店舗、全国の大手キャリアでは7,117店舗が日々経営を行っています。

 

 

常時3名が店舗にいるとして、午前と午後に分かれて運用しているので、少なくとも6名+店長の7名体制での運用となっています。

 

 

給与を安く見積もって20万円平均だとしても毎月140万円、12か月でボーナスなどを考慮すると、人件費だけでひと店舗あたり2,000万円以上が毎年吹っ飛ぶ計算になります。

 

 

全体で単純に1キャリアで4,200億円もの人件費が発生しているのです。

 

 

当然、この費用は皆さんの月額料金にのしかかってきます。

 

 

 

大手キャリアは店舗経費がかかるから高い

 

 

 

かかるのは人件費だけではありません、店舗を運用する土地代、店舗の建物費用、光熱費、郊外店舗であれば駐車場代もかかってきます。

 

ざっくりとした計算になりますが、月間で60万円掛かるとして、年間720万円ほどの費用が発生しているのです。

 

当然、この費用も月額料金にのしかかってきます。

 

 

大手キャリアは結局、月額料金に跳ね返ってくるから高い

 

これまでの説明で気づいたと思われますが、大手キャリアは電波設備、人件費、店舗費用、すべてが月額料金にのしかかってきますので、高くて当然なんですね。

 

毎月1万円ちかくの費用が発生するとしても妥当性のある金額なんですよね。

 

でも、高いものは高いのです。

 

スマホ代を安くする方法

 

 

スマホ代を安くする方法
料金プランを見直すと安くなる?

激安端末で端末代を安く済ませる?

そもそも通話しない、ネット使わない?

格安スマホを選択肢の中にくわえる

 

 

料金プランを見直すと安くなる?

 

 

現在では、毎月請求明細をインターネットで見れるようになってきていますが、請求されている内訳を確認してみましょう。

 

案外、何のことかわからない請求金額が計上されていることが多いです。

 

不要なオプションや、不要なサービスは削れるだけ削ってみましょう。

 

店舗でうまいことを言われて加入したサービスや、不要なオプションがあるはずです。

 

トータルで1,000円~2,000円程度安くなることが多いです。

 

とはいえ、最大限費用を絞っても月額料金が7,000円を切ることはほとんどないと思います。

 

つまり、抜本的な対策ではないということです。

 

 

激安端末で端末代を安く済ませる?

 

スマホの月額料金でもうひとつ頭が痛い問題が端末費用です。

 

 

最近では高性能な端末が多く、一台あたり10万円を超える端末も多いです。

 

 

月額費用に分割で計算されて、10万円で24回払いだと、4,500円ほどになります。

 

 

でも、こんな広告がよく並んでいますよね。


 

 

それに、もともと高く設定された月額料金を若干安くするという特別単価設定で端末代金を安く見せるという方法があるので、ほとんどのかたはその安く見せられた料金にサインしてしまうのです。

 

 

これは、店舗販売での常套手段です。500円のオプションに加入したら毎月1,500円引きとかで端末が安く買える!というあの怪しげなトークです。

 

 

冷静になって考えると、安くもなんともないのです。

 

 

とはいえ、そのトークにだまされないようにするために低性能で使えないスマホを持つと、本当に機能が少なすぎて全然使えないなんてことも

 

バランスを考えてスマホは購入したいですね。

 

 

そもそも通話しない、ネット使わない?

 

 

スマホ料金が高いから、ネットは使わない、通話もしないよう心掛けています。

 

なんて考えているかたもいらっしゃるかもしれません。

 

案外、こういう思考の方多いです。

 

この時代に、情報を得ないというのはもったいないです。

 

写真が撮れて、動画が取れて、多くの人とラインでコミュニケーションが取れて、ナビ代わりになって、家電量販店よりも安く商品が購入できて、飛行機代が格安で使えて、化粧品が通常よりも安く買える。それに最新のニュースを確認出来る。

 

ちょっと並べただけでも使うことで相当なメリットが得られるスマホは費用以上に価値があることも伝えておきたいです。

 

月額料金が高いから使うのをためらってしまう。

 

そんなスマホの使い方ならよっぽど安価なガラケーのほうがいいです。

 

そんなあなたのために、最高の選択肢があるのです。

 

「格安スマホ」という選択肢です。

 

 

格安スマホを選択肢の中にくわえる

 

 

 

 

あなたも、「格安スマホ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

格安スマホだったら、月額料金が安くなるのでは?

 

でも、格安スマホって安いからには何かデメリットがあるんじゃない?

 

そう思っていらっしゃる方が多くいます。

 

まずは、どのくらい格安スマホが浸透しているかについてご案内します。

 

女性の3人に1人は格安スマホを使っている。

 

 

格安スマホを使うメリット

 

 

 

格安スマホは「格安」なだけに、大手キャリアの約3分の1以下の費用で使える、非常に有効な手段です。

 

先ほどの調査で確認出来ているように、女性の3人に1人は格安スマホを使っているということがわかっています。

 

家計を握る女性は、無駄な出費には厳しいですし、当然の結果かもしれませんね。

 

格安スマホが大手キャリアより安い理由

 

ここからは、格安スマホが大手キャリアより安い理由について掘り下げていきます。

 

格安スマホは電波を借りているから安い

 

大手キャリアは電波設備に莫大な費用を掛けているから高いですが、格安ブランドのスマホは大手キャリアの電波を借りて使っているので、毎月数千億円の費用負担をしないのです。

 

だから、大手とは比較にならないぐらい安いのです。

 

格安スマホは店舗を置かないから人件費がかからない

 

格安スマホの店舗って見たことないなぁ、って思う方も多いと思います。

 

それもそのはず、店舗を置くことで人件費や店舗運営費用がかからないようにしているのです。

 

だから、月額料金に反映されない。

 

だから安いのです。

 

 

格安スマホを選ぶポイント

 

格安スマホはやはり大手キャリアと比較して注意しておくべきポイントがいくつかあります。

 

重要なものにポイントを絞ってご案内していきますので、読み飛ばさずにしっかりとご確認ください。

 

あなたのために役に立ちたい、そんな気持ちでこのページを作成しています。

 

 

格安スマホを選ぶポイント
格安スマホは月額料金が安いものを選択しましょう

格安スマホは訴求金額ではなく、実請求金額が安いものを選択しましょう

通話料金が定額なものを選びましょう

困ったときにサポートしてくれる格安スマホを選択しましょう

電波が強い格安スマホを選択しましょう

キャリアメールがちゃんと使える格安スマホを選択しましょう

 

 

格安スマホは月額料金が安いものを選択しましょう

 

 

 

 

そもそもの月額料金が安く、負担が少なくなるから貯金に繋がりますし、旅行や趣味のために使うことが出来るようになります。

 

月額1,980円の格安スマホのプランを使ったとして、大手キャリアの月額料金の平均が7,980程度ですので、毎月6,000円の差額が発生します。

 

年間72,000円の差額、3年で216,000円の差額、5年で360,000円の差額になってきます。

 

これが、家族4人だとしたら、5年で1,800,000円もの差額になってきます。

 

とてもじゃないですが、この事実を知って大手キャリアを使い続ける人はどうかしています。

 

 

格安スマホは訴求金額ではなく、実請求金額が安いものを選択しましょう

 

 

格安スマホの中には、ワンコインとか980円とか、異常に安い料金設定になっているものがあります。

 

訴求金額で釣っているので、安いだけで飛びつくのはやめてください。

 

一番大切なのは、「実請求金額が安い」業者を選びましょう。

 

機種代金が別請求、インターネット代金が別請求、通話料金が別請求など、実際に請求金額を確認したら大手キャリアと変わらない。

 

そんな格安ブランドもありますので注意が必要です。

 

 

通話料金が定額なものを選びましょう

 

 

大手キャリアには、通話料金コミのプランが数多く存在しますが、格安スマホの場合は料金が安い分、通話料金が別になっているプランが多くあります。

 

月額料金が安くなったとしても、通話料金がかさんでくると大きな金額になってしまいます。

 

例えば、一日10分通話したとして、通話料金が30秒毎に20円かかるとしたら1日¥400円、月間で12,000になってしまいます。

 

通話料金はあなどれません。通話料金を定額で提供している格安ブランドを確実に選びましょう。

 

 

困ったときにサポートしてくれる格安スマホを選択しましょう

 

 

安かろう、悪かろうのサービス体制の格安スマホは使っちゃダメです。

 

格安スマホブランドには店舗が一切ない、格安スマホ会社があります。

 

いくら安くても、サポート体制がないスマホ会社と契約すると、何か起きたときにとんでもないことになります。

 

スマホが壊れた、操作方法がわからない、画面が割れてしまって使えない、紛失した。

 

このような場合に即座に対応出来る格安スマホ会社でないと、何か起きたときに一週間以上スマホが使えないなんてハメになってしまいます。

 

 

電波が強い格安スマホを選択しましょう

 

 

格安だから、電波が通じません。なんてスマホ会社とは契約してはいけません。

 

格安スマホ会社の中には契約したのはいいけど、電波が弱くてPHSなみ、なんて会社もあります。

 

事前に電波状況程度は確認しておくべきです。

 

 

キャリアメールがちゃんと使える格安スマホを選択しましょう

 

 

格安スマホになって気付くポイントとしてSMSが使えない格安スマホ会社は多いです。

 

キャリアメールとは、「・・・@docomo.ne.jp」「・・・@softbank.ne.jp」といったスマホキャリアが提供するメールサービスのことです。

 

このアドレスが使えない格安スマホだと、相手にメールが届かないなんてことになってしまう可能性が高いです。

 

そうなると、WEBメールを使うしかありませんが、WEBメールになるとキャリアメールとは大きな違いがあります。

 

WEBメールは、Gmail、ヤフーメール、アウトルックメールなどがありますが、違いは以下になります。

 

 

 

ちゃんと使える、キャリアメールを備えたスマホ会社を選択しましょう。

 

スマホに無駄なお金を費やすより、確認すべきポイントをおさえて、未来のあなたの為に格安スマホを使うべき

 

 

格安スマホの見逃せないポイントを格安スマホ会社別に比較してみました。

 

ひとめでどのスマホ会社がベストなのかがわかりますよね。

 

 

 

見てわかるとおり、スマホの必須ポイントを網羅している格安スマホはワイモバイルだけとなります。

 

また、ワイモバイルはおサイフケータイにも対応していますので、おサイフケータイが必須という方はワイモバイルを押さえておきたいですね。

 

12万人が選んだ格安スマホ№1はワイモバイル

 

 

この、サービス産業生産生協議会JCSIとは、この調査は、統計的な手法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種・業態(以下業種)横断での比較・分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングをチェックされています。

 

つまり、大手キャリアを含んで、顧客満足度№1ということです。

 

 

12万人が選んだ格安スマホ№1はワイモバイル
料金プランもデータ容量で選べる3プランだけ

こまった時にサポートしてくれる店舗も全国1,000店舗体制

電波が強いから、あんしんして使える

 

 

料金プランもデータ容量で選べる3プランだけ

 

 

 

こまった時にサポートしてくれる店舗も全国1,000店舗体制

 

 

 

 

ワイモバイルは大手の店舗数にはかないませんが、全国に1,000を超える店舗があります。

 

さすがに、大手キャリアのように2,000店舗以上はありませんが、必要最低限の店舗数に抑えておくことで月額料金を安くすると考えれば、今の店舗数で充分だと思いますし、格安ブランドのほとんどが、店舗での修理対応を受付していません。

 

つまり、アフターサービスがない、ということなのです。

 

そんなアフター対応が出来ないスマホなら、契約しないほうが安全です。

 

 

電波が強いから、あんしんして使える

 

赤色の部分は、ワイモバイルが使えるエリアです。山間部の一部をのぞき、ほとんどのエリアでお使いいただけます。

 

格安スマホは月額料金が安くてあんしん
格安スマホは訴求金額ではなく、実請求金額が安くあんしん
通話料金が定額であんしん
困ったときにサポートしてくれるからあんしん
電波が強いから、あんしんして使える
キャリアメールがちゃんと使えるからあんしん

 

 

あんしんして使えて、料金も格安。

 

 

ワイモバイルがあなたのスマホ料金を格安にします。

もし、家族4人なら5年で180万円の貯金が出来るプラチナチケットスマホはワイモバイル以外にありません。

12万人が選択した顧客満足度№1はダテじゃないです。

 

申し込みは10分程度で即完了!

 

>>>ワイモバイルの公式ホームページを確認してみる<<<

 

プッシュ通知を