初公開!ワイモバイルの料金請求画面!後悔しないためのスマホ選び!

初公開!ワイモバイルの料金請求画面!後悔しないためのスマホ選び!

 

初公開、私の請求画面をお見せします。

 

ワイモバイルからの6月分請求金額

 

 

6月分の請求内訳(料金プラン詳細)
料金プラン:スマホMプラン2,980円

通話料  :20円

オプション:故障安心パック690円

その他  :ユニバーサルサービス料2円

 

 

 

 

実際の請求金額ってシンプルでわかりやすいですよね?この月だけ安かったのではと思われると嫌なので、7月分も掲載します。

 

 

ワイモバイルからの7月分請求金額

 

 

6月分の請求内訳(料金プラン詳細)
料金プラン:スマホMプラン2,980円

通話料  :103円

オプション:故障安心パック690円

その他  :ユニバーサルサービス料2円

 

 

 

 

 

 

二か月分の請求画面をお見せしましたが、ワイモバイルの請求って訴求通りの請求金額だから安心です。

 

 

ここから家族割サービスに加入すれば、さらに毎月540円引きになりますので、是非ご家族の方と一緒に加入されるとさらにお得になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイモバイルを使ってみて素直な感想

 

 

 

私の場合は、あまり動画を見ないので、ほとんどパケット代を使いません。

 

 

使い道は検索がメインで、あとはナビ代わり、ニュースは結構読んでます、このサイトを運営しているのでサイト状況の確認やメールとかは毎日30通ぐらい来てます。

 

 

格安スマホブランドだから、通信は遅いかもって正直思っていましたが、よっぽどドコモのほうが遅かった。

 

 

これはドコモが遅いのではなくて、ワイモバイルの機種の処理が速いのとワイモバイルの回線が普通に早いだけだと思います。

 

 

何よりも今まで使っていたスマホの月額料金が半額以下になったことが一番嬉しいです

 

 

仕事の電話に関しては10分で充分余るので、無料通話の10分を結構使って活用しています。

 

 

とはいえ、仲のいい友達とかとは普通に毎日一時間程度話していますので、長時間通話に関してはライン通話を使って通話料がかからないようにしています。

 

 

車とブルートゥースでスマホを接続していますので、運転しながらの会話は結構多いですが、ワイモバイルは電話が切れるということは特にありません。

 

 

実際には私の料金プランはSサイズで充分です。

 

 

これだけ使ってるにも関わらず、あまりにもパケットが減らないので、余ってるぶん、月末にネット動画をまとめて観てたりしてますが、それでも上限にはいきません。

 

 

通信量の目安がよく分からない方も多いと思いますので、ちょっと掲載しておきます。

 

 

通信料の目安について

 

1GB毎に出来ることについてまとめた表になります。

 

スマホプランSの方は上記の3倍

スマホプランMの方は上記の9倍

スマホプランLの方は上記の21倍インターネットを楽しむことが出来ます。

 

ちなみに、ワンセグなどのテレビ放送はパケット代は掛かりませんのでご安心ください。

 

上の表に照らし合わせてみると、充分スマホプランSで使い切れるので、料金プランを来月からSにしようかなと考えているところです。

 

ここまでは序文となります。ここからは私なりのワイモバイルの賢い使い方についてご案内させていただきます。

 

 

機種代が毎月かかるようなスマホをワイモバイルでは買っちゃダメ

 

 

私は、通信費用は不要に支払うべきではないと思っています。

 

 

どんなに高級で最新のスマホを使っていたとして、何かあなたの手元に残りますか?

 

 

何も残らないと思います。

 

 

コレは交通費の考え方と同じです。毎日自転車で行ける距離なのにタクシーを使っているようなものです。

 

 

私なら、そのタクシー代を趣味に使ったり、友達と飲むことに使ったり浮いたお金はもっと有意義なことに使いたいと思っています。

 

 

人によってはその「タクシー代」を貯蓄にまわすという選択肢もありますよね?

 

 

私は、HUAWEI nova lite 2というSIMフリースマホから、ワイモバイルを使い始めました。

 

 

機種代金は¥108円でした。

 

 

オンラインストアだと、とんでもない金額で凄い商品が出ていることが多いです。

 

とんでもなく良いスマホです。高性能でダブルレンズでバッテリーも強い

 

このレベルのスマホが100円で購入できるワイモバイルのオンラインストアは凄すぎます。

 

 

折角なので、HUAWEI nova lite 2についても動画を載せておきますし、別記事で記載していますので、ぜひ確認してみてください。

 

 

 

 

オプションとして故障安心パックプラスで690円の支払いが発生するとは分かっていましたが、加入して使っていました。

 

 

理由は、アイフォンと同じで画面が割れる可能性があるためでした。

 

 

予感的中、故障安心パックを使う

 

 

HUAWEI nova lite 2の購入から半年を過ぎたころに、嫌な予感が的中、スマホをアスファルトの上に落として画面を割ってしまいました。

 

 

無茶苦茶気に入っていた機種だったのでとても残念でした。

 

 

気に入ってはいたものの、再度画面割れにはなりたくない、との思いからアンドロイドワンX3をショップに行き、10,000円で購入しました。

 

 

下記は故障安心パックのサービス内容の一部抜粋ですが、7,500円、10,000円、12,500円の機種の中から選択しました。

 

 

 

 

 

上記は公式ホームページの画像ですが、通常62,748円の機種を10,000円で買えました。

 

 

故障安心パックに入ってて良かったと感じています。

 

 

なので、今も私の請求額の欄には機種代金は¥0円のままです。

 

 

まとめ

 

 

今回の記事では、私の請求書をお見せしましたが、ワイモバイルの請求金額には、嘘が無くて安心して購入できることがわかったと思います。

 

 

また、ワイモバイルは電波、電話共に問題なく使えていることについてもお伝えしました。

 

 

ワイモバイルでスマホを使われるようであれば、機種代がかかるようなスマホは買っちゃダメです。今のスマホは一年落ちぐらいでは最新型のスマホと特に変わらないです。

 

 

また、機種代金にはお金は掛けない代わりに故障安心パックで最新モデルが10,000で買えました。

 

 

今なら、期間限定のMate10liteがおススメです。

 

 

⇒Huaweiの108円4レンズ搭載のMate10liteの料金シュミレーションはこちら

 

⇒Huaweiの108円nova lite 2の料金シュミレーションはこちら

プッシュ通知を