格安スマホで通信費を一気に下げる乗り換えタイミングは?解約金や機種代金の確認方法!【保存版】

格安スマホで通信費を一気に下げる乗り換えタイミングは?解約金や機種代金の確認方法!【保存版】

 

 

格安スマホへMNPもしくは新規で乗り換えを検討されている方が、二の足を踏んでしまうのが、今契約しているスマホや携帯電話の解約金です。

 

二年以内にスマホを買い替えたって方は、機種代金も払っているので、なおさらMNPや新規でワイモバイルへ移行しようとするのに躊躇(ちゅうちょ)してしまうのではないでしょうか?

 

実はソコにワナがあるのです。

 

今、契約しているのは「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のいずれかに加入している方がほとんどだと思います。

 

まず、上記キャリアであれば、機種代金は一括で払っていなければ、月々払いになっているはずです。

 

今のスマホや携帯電話を解約するとき、解約と同時に何万円もの費用を払うことになると考えると、ゾッとしますよね。

 

でも、実は皆さんご存知のようで、案外知らないのが、この機種代金なのです。

 

機種代金は、割賦(かっぷ)審査を通してスマホを購入していることがほとんどです。

 

つまり、気が付かないうちに、ローン契約しているのです。

 

つまり、今持っているスマホを解約したとしても、ローンが残るのです。

 

つまり、機種代金が一括請求されることはないのです。

 

もし、10万円のスマホを割賦審査を通して購入していたとすると、10万円÷24ヶ月なので、毎月4,166円が機種代として支払われているはずです。

 

とはいえ、満額ではなく購入する際になにがしかのキャンペーンで割引されているはずなので、月額の機種代金は2,500円程度になっていることがほとんどです。

 

もうひとつ、気になるのが二年縛りの解約金です。

 

この解約金は「ドコモ」「au」「ソフトバンク」で各社共通税抜9,500円となっています。

 

引き落としは、これまで使っている銀行口座やカードからのお支払となっていますので、MNP手続きの翌月に税込10,260円請求されます。

 

この、10,260円を払うのをケチり、今までのスマホ会社を解約することをためらっている方がホントに多いのです。

 

【キャリア側でかかる費用】
・違約金:9,500円(税抜)
・MNP転出手数料:2,000~3,000円程度

【格安スマホ側でかかる費用】
・初期費用:3,000円程度

 

など、合計1万5,000円ほどかかります。

 

この費用を払いたくないから解約しないと考えているあなた。

 

でもその考え方って本当に得策ですか?

 

 

「ドコモ」「au」「ソフトバンク」を使っている方は機種代金と月額料金を合わせて、10,000円を超えている方がほとんどだと思います。

もし、これを格安スマホのワイモバイルに乗り換えたとしたら、月額料金は最安値プランで1480円と通信費用を一気に下げることに繋がっていきます。

もし、ワイモバイルに乗り換えたら、月額8,500円の差額が発生します。

 

何カ月で元が取れるかを計算してみると、キャリアの2年縛り中に解約してワイモバイルに乗り換えても、約3カ月で充分回収が可能です。

 

その後の月額料金はキャリアのときよりも安く使っていくことができるので、言うまでもなく節約へとつながります。

 

ココの考え方が理解出来ている賢い方は、即乗り換えを判断されています。

 

継続して機種代金の支払が発生する場合は、これまで使っているスマホをそのまま活用すれば良いですし、新しいスマホが良いと考える方であれば、ほとんどタダ同然のSIMフリースマホも準備されています。

 

まずは、現在使っている携帯会社で自分自身の契約内容を確認してみてください。

 

【ドコモの場合】
・契約中のスマホから「My docomo」にアクセス&ログインし、「お客様サポート」→「契約内容確認などオンライン手続き」→「ドコモオンライン手続き」→「ご契約内容確認・変更」から確認
・電話での確認…スマホ・携帯電話から:151または、その他の電話から:0120-800-000

 

【auの場合】
・契約中のスマホから「My au」アプリにログインし、右上のメニュー(三本線アイコン)から「契約・オプション管理」をタップして確認
・電話での確認…スマホ・携帯電話から:157またはその他の電話から:0077-7-111

 

【ソフトバンクの場合】
・契約中のスマホから「My SoftBank」にアクセス・ログインし、右上のメニュー(三本線アイコン)から「契約・オプション管理」をタップして確認
・電話での確認…スマホ・携帯電話から:157またはその他の電話から:0800-919-0157

 

ココで、乗り換えの際に気を付けて頂きたいポイントをお伝えしておきます。

 

その① ドコモ、au、ソフトバンクに契約内容を確認しても、その場で契約を解除しないこと。

⇒解約手続きをしてしまうと、電話番号の引き継ぎが出来なくなってしまいます。

実際には、解約手続きではなく、MNP番号という乗り換え用の番号が発行されますので、その番号を使って移行手続きとなるためです。

 

その② これまでに溜まっているポイントがあれば、さっさと使ってしまいましょう。

上記の二点だけです。

 

>>>12万人が選択しているワイモバイルの公式ホームページを確認してみる<<<

 

 

プッシュ通知を