スマホを安く買う方法決定版!各社比較2019年!重要ポイント5選

スマホを安く買う方法決定版!各社比較2019年!重要ポイント5選

 

 

大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクの平均月額支払い料金は7,876円といわれています。

 

 

最近、CMなどでよく見かける格安スマホのワイモバイルやUQモバイル、楽天モバイルなど、月額料金は1,480円で宣伝されていたりして、本当にそんなに安いの?と思われているかたも多いと思います。

 

 

やはり、安いからには何かデメリットがあるのではないか?そう考えるのも自然だと思います。

 

 

そこで、このページでは大手キャリアと格安ブランドの違い、メリットやデメリットなど独自の視点で確認していきたいと思います。

 

 

有益な情報盛りだくさんですので、大手キャリアと格安スマホの違いについてちゃんとわかる。そんな内容にしていきますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

スマホ会社は大きく分けて3パターンある

 

 

まずはこの概要について知っておく必要があります。

 

 

大手キャリアとサブブランド、格安スマホ会社です。

 

 

 

 

スマホ会社の特徴とは

大手キャリアの特徴:自社で回線網があるため回線速度は当然早く、最新モデルでサポート体制も抜群。しかし、設備投資に費用がかかるため月額料金は高い。
サブブランドの特徴:大手キャリアから派生したブランド、取り扱い端末は大手キャリアより一段下がるが大手キャリア回線そのままだから回線速度は早く値段もリーズナブル。
格安ブランドの特徴:大手キャリアの回線をレンタルしてるので回線は遅いが安さが売り、サポート体制は脆弱。
これが、国内のスマホ会社のざっくりとした特徴です。
最新のスマホで快適に使いたいという方なら、大手キャリアの一択になります。とはいえ、実際にスマホを維持していくことを考えると、大手キャリアの月額料金の平均は7,876円だといわれていますので、最低でも年間で94,512円通信費用が発生します。
お金に余裕がある方はそれでもいいと思います。
でも、これを家族で使うとなると大きな金額となって、家計に負荷がかかってきます。
4人家族であれば、単純に4倍の費用が掛かり、年間378,048円の負担となってきますので、家計を圧迫してしまう。そんな状況が問題になったことがあります。
この状況を重く見た、総務省が「安くスマホを提供しなさい」と号令をかけたのです。

わいもば ゆーじ
つまり、大手キャリアの独占状態でお前らだけ儲かってんじゃねーよ。国民に安いスマホを提供しなさい!と総務省が動いてくれたんだ。スマホのデータカードとなるSIMを変更することで、他社のスマホも使えるようにしたのもその一環です。
結果、回線を利用する権利をレンタルで貸し出す方法で運用する格安ブランドや、大手キャリアが牽引するサブブランドを立ち上げてこれまでの大手キャリアのレベルを下げて安く提供できる会社が出来ました。

回線速度の違いは3大勢力で切り分けるとどうなる?

 

 

三大勢力での回線速度の違い

大手キャリアとサブブランドではほとんど違いはない
格安ブランドは、回線をレンタルしてるので、接続優先順位が低くなり、遅くなる。

 

 

回線速度は、やはり自社回線を持っている大手キャリアは全く問題ありません。

 

 

ドコモ、au、ソフトバンクともに強い回線を自社で保有しているため、すでにどの回線がよく繋がるとかの比較は非常に難しく、回線速度に関しても全く問題はないと考えて問題ありせん。

 

同様にサブブランドである、ワイモバイルやUQモバイルも同様となっており、メイン回線をそのまま活用して使っているため回線に対して遅いとか繋がらないということはほとんどないです。

 

 

格安ブランドのスマホ回線に関しては、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリからのレンタル回線になりますので、ここで違いが出てきます。

 

 

優先順位としては

 

 

大手キャリアのお客様>格安ブランドのお客様

 

 

上記のような優先順位がありますので、市街地などではみんながスマホに触れるお昼時、学校や仕事が終わった後の18時以降では繋がりにくかったり、回線速度が遅くなったりしてしまいます。

 

 

実際の数値に関しては以下のような状況となります。

 

 

 

回線速度は大手キャリアとサブブランドではほとんど変わらないので体感でも違いがわからないレベル。格安ブランドは使いたい時間帯に遅くなるという決定的な弱さがあるね。

 

 

 

機種の違いは三大勢力で切り分けるとどうなる?

 

三大勢力での機種の違い

ハイエンド端末希望であれば、大手キャリアでの購入になる
普通に使えれば問題ないと考えている方はサブブランド、格安ブランドで充分

 

3大勢力での機種に関しては、やはり大手キャリアのスマホは最先端の技術を詰め込まれたスマホが投入されています。
最近であれば最新のiPhone Xシリーズが発売されていますし、andoid端末に関してもXperiaなどのハイエンド商品がラインナップされています。

とはいえ、金額が192,000円という破格商品もあり、すでにスマホというよりもパソコンが購入できる金額になっていますのでやはり高価です。

 

サブブランドであれば、大手キャリアより一歩遅れてiPhone 6sやiPhone 7などを紹介していますし、各社のカラーで企画を設けて商品の紹介をしています。またiPhoneの販売価格は非常に安く抑えられており、安価でiPhoneを楽しめることもサブブランドの魅力の一つになっています。

 

 

 

ワイモバイルのみ、Googleと連携しアンドロイドワンという専門ブランドを紹介しており、おサイフケータイや防水機能、耐衝撃機能など使いやすい機能を集約したラインナップを取っています。

 

また、高齢者向けに常に最新の情報でオレオレ詐欺や架空請求を撃退する独自規格のスマートフォンを開発しており、価格を抑えつつニーズを捉えた安心を提供しているのも魅力です。

 

 

 

また、SIMフリー端末という、どの会社のSIMカードを差し込んでも動くスマホを取り扱っており、SIMフリースマホでのハイスペック商品を掲載しています。

 

 

大手にはない魅力を持った商品を掲載していることもポイントになります。気になる価格帯もだいたい5万円以下ぐらいのモデルが中心となっています。

 

 

格安ブランドであれば、一部でiPhone SEなど、サブブランドよりもさらに古い機種を取り扱っていますが、その他のスマホのラインナップに関してはサブブランドで紹介しているスマホと大きな変わりはない状況です。

 

同じく価格帯としては5万円以下ぐらいのモデルが中心となっています。

 

 

つまり、最新モデルでないと我慢できないという方はやはり大手キャリアということなると思いますが、そこにコダワリがなく普通にスマホが使えればいいという方であれば、

サブブランド、もしくは格安スマホでもいいと思います。

 

普通にスマホが使えればいいという方が大半なので、充分サブブランドや格安ブランド商品でも問題ないですね。

 

月額料金の違いは三大勢力で切り分けるとどうなる?

 

三大勢力での月額料金の違い

大手キャリアは7,850円、サブブランドは1,980円、格安ブランドは1,692円、大手キャリアとの価格差は3倍!
大手キャリアへのコダワリがなければサブブランドか格安スマホがおすすめ。

 

 

月額料金について確認してみました。

大手キャリアの場合、平均月額料金は7,850円、サブブランドでは1,980円、格安ブランドでは1,692円平均となっています。

 

 

月額料金では、やはり格安ブランドが最強です。エキサイトモバイルというスマホ会社では月額900円というものもあります。

 

 

こうやって見てみると、大手キャリアの月額料金はサブブランドと比較しても約3倍という価格設定。これを安いと考えるのか、高いと考えるのかは皆さん次第というところですね。

 

 

正直、私には大手キャリアの価格は高くて払えません。

 

 

基本料金だけで、これだけの差があるとちょっとオプションに加入とかしたら大手キャリアの場合はすぐに一万円台に乗っちゃいますね。

 

 

 

通話料の違いを三大勢力で切り分けるとどうなる?

 

 

三大勢力で通話料比較

大手キャリアとワイモバイルだけが完全かけ放題プランを適用できる。
格安ブランドは通話料に関するメリットゼロ、通話するなら格安はやめといたほうがいい

 

 

この通話料に関しては、購入の際には結構見落としてしまう部分ですが、この通話料の累積が月額料金に大きくのしかかってきます。

 

 

下の表はひとつひとつ料金や対応範囲を確認したものになります。

 

 

例えば、一日10分の通話をしたら、一日あたり400円の計算になりますが、これを一か月で計算すると400円×30日=12,000円となります。

 

 

本当にチリも積もればということになりますが、多くの人と連絡を取り合うようであれば、サブブランドのワイモバイルやUQモバイル、格安ブランドのJ:comや楽天などがターゲットになってくると思いますが、各社5分までの通話は無料になっています。5分以上の無料通話となると、ワイモバイル一択になっており、10分以内の通話が回数無制限0円と脅威のサービスを展開しています。

 

 

大手キャリアに関しては5分のかけ放題に切り替えるためには1,700円~1980円の追加料金が発生します。

 

 

また、長電話をされる方であれば、完全かけ放題プランを選択するということになりますが、完全かけ放題に対応しているのは大手キャリアとワイモバイルだけです。

 

 

また大手キャリアの場合は完全かけ放題プランに変更するためには月額2,700円~2,980円の追加費用が必要なのに対して、ワイモバイルではたった1,000円でかけ放題に切り替えが可能です。

 

 

この差はスマホで通話される方には決定的な差となってきます。

 

 

5分通話かけ放題プランでは通話時間が足りないとなってしまったとき、ワイモバイルと大手キャリアしか完全かけ放題へ対応していないのです。

 

 

この通話料については今使っているスマホやガラケーの通話時間を確認しておく必要があります。

 

上記の表を一括でまとめると以下のようになります。

 

 

今回は大手キャリアの強みである、完全かけ放題プランについて明暗が分かれてしまう結果となりました。

 

 

唯一サブブランドと格安ブランドの中でワイモバイルのみ、完全かけ放題プランに対応していることがわかりました。

 

 

この違いは決定的だというしかないですね。

 

 

通話料金に関しては、ほとんどの会社が訴求に使わないのは、スマホ会社が電話代金でそうとう儲けていることを裏付けています。通話時間が長いと自覚している方は、ワイモバイルの1,000円でかけ放題プランに変更することを圧倒的にお勧めします。

 

 

サポート体制の違いを三大勢力で切り分けるとどうなる?

 

 

三大勢力でのサポート体制の違い

サポートに関しては格安ブランドは皆無なので自分で解決してください。
大手キャリアは万全の体制
サブブランドのワイモバイルだけが大手キャリアに準じたサポート体制。

 

ここからは、購入した後のサポート体制について説明していきます。

購入した時には安くて嬉しいサブブランド、格安スマホですが、購入後に故障したり、使い方がわからなくなってしまったりすることも出てくると思います。

その際に対応してくれる店舗があるかどうかは大きな違いとなってきます。

また、店舗があっても修理対応が可能かどうか、ということにポイントを絞ってみたいと思います。

この表ではサポート体制が完全に明らかになってしまいました。

 

 

大手キャリアが安心だといわれる理由がハッキリしてきましたね。

 

 

また、大手キャリア以外で修理対応が可能な店舗を準備しているのはサブブランドのワイモバイルだけということになりました。

 

 

スマホもガラケーにも言えることですが、スマホが故障したり、破損して使えない状況は最悪です。いざというときに頼りになる大手キャリアが強い理由です。また、サブブランド、格安ブランドを通してアフター対応を行っているのはワイモバイルだけとなります。

割引体制の違いを三大勢力で切り分けるとどうなる?

 

春先の学生向けとしては学割キャンペーンの存在がありますが、各社様々な学割キャンペーンを行っていますが、大きく値引きを行っているのは大手キャリアとサブブランドで進められています。

 

各社最大13か月間1,000円引きというラインが多く、実質一年間ほど割引になるというものが多いです。

 

ワイモバイルだけが、学割対象の家族が一人でもいれば全員割引対象として受付を行う、家族まるごと割引を行っていますので家族全員のスマホ代金を割り引く画期的なサービス展開を行っています。

 

また、ワイモバイのみ家族であればさらに月額料金から500円を割り引く家族割サービスを展開しており、こちらに関しては永年値引き対象となっています。

 

これまで、大手キャリア、サブブランド、格安ブランドの比較を行ってきましたが、サブブランドであるワイモバイルのサービス内容が他社を圧倒していることに気づきました。

 

表にすると以下の状況です。

ワイモバイルの圧倒的強さが見えてきました。

 

実際にワイモバイルの公式ホームページでも以下の内容が記載されており、大手キャリアを含めても顧客満足度が一番高い理由がよくわかります。

 

 

 

ワイモバイルの抜け目のない戦略と価格設定がスマホの「高い」という常識を覆して「安いが不安」と言われる不安材料を丁寧に対策を打っているのがわかりますね。ワイモバイルが大手キャリアを含めて顧客満足度ナンバーワンの座を連続で受賞している理由がわかりますね。

 

 

12万人が選んだ格安スマホ№1はワイモバイル

 

 

 

 

この、サービス産業生産生協議会JCSIとは、この調査は、統計的な手法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種・業態(以下業種)横断での比較・分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングをチェックされています。

つまり、大手キャリアを含んで、顧客満足度№1ということです。

 

>>>12万人が選択しているワイモバイルの公式ホームページを確認してみる<<<

 

 

 

プッシュ通知を
ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!
LINE始めました
友だち追加←ぜひ活用してください(^^)

ワイモバイルのことなら、どんどん聞いてください(^^)

仕事の都合上、すぐ返信できないことがあるかもしれませんが、わたしでお手伝いできることがあればどんどん言ってください。

ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。

 

ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

 

 

スマホには、大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、

実は、3パターンあります。

「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。

 

ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。

 

 

サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。

 

 

店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、

 

双方にメリット、デメリットがあります。

 

目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。

 

そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

店員さんがいるから直接説明が聞ける
スマホを実際に触れることが出来る

店員さんがいるから直接説明が聞ける

 

 

やっぱり、対面での接客はその場で回答をもらえることもありますし、悩みや相談に乗ってくれるので有難い存在ですね。

 

そのまま購入まで順序立てて説明してくれるので、嬉しいですよね。

 

スマホを実際に触れることが出来る

 

 

スマホの本体の重さや、感触などを実際に触れることが出来るのは、店舗の最大のメリットだと言えます。

 

 

質感や重さなどの感覚を重要視されているかたは、店舗での確認をおすすめします。

 

 

また、格安ブランドに関しては、ほとんど店舗を置いていないので商品確認は出来ないです。

ワイモバイル店舗受付のデメリット

 

ワイモバイル店舗受付のデメリット

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる
Mプラン以上の料金プラン必須
待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い
いつ対応してもらえるか分からない
店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある
在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる

 

 

 

 

店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。

もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。

 

これはワイモバイルに限ったことではありません。大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。

 

例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。

 

必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。

個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。

 

何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。

 

最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。

 

 

Mプラン以上の料金プラン必須

 

 

 

 

こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。

Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。

 

 

背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。

もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。

 

 

待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い

 

 

これも、店舗ならではのあるあるです。

 

やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。

 

アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。

 

やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。

 

また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。

 

つまり、1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。

 

特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。

 

人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。

 

店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。

 

いつ対応してもらえるか分からない

 

 

 

上記のような状況となりますので、いつ対応してもらえるのかは、神のみぞ知るというレベルです。

 

新規のお客様であれば登録手配を進めることと、オプション加入をすすめるだけですので、一時間ほどで完了しますが、番号そのままで使えるようにするMNP手続きに関しては、これまでつかっているスマホ会社からMNP番号を取得する必要があるため、一時間で終えることは至難の業です。

 

自分自身の順番の前に新規登録や、MNP受付が発生している場合は一度店舗を出て、他の用事を済ませてから再入店するほうが効率的かもしれません。

 

店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある

 

 

店舗のメリットとして掲げている、スマホ本体の実機確認が出来ないことも多いです。
私が住んでいる近くのワイモバイルショップでは、動いている実機はなく、全てモックアップ(模型)の展示だけでした。
確かに、重量や質感は感覚としてわかりますが、やはり、動かない実機に触れても意味がないと思います。
そのような店舗もありますので、あまり期待値を高くしていくとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

 

 

 

 

月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。

 

基本的に2~3名体制のお店がほとんどなので、休憩時間を考慮すると、8時間-休憩1時間なので、7時間体制×3名=最大21件の申し込みということになります。

 

ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか?

 

やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。

 

店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

店員さんから直接説明は聞けない
自己責任での申し込み
実際に手に取って触れることが出来ない

店員さんから直接説明は聞けない

 

 

オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。

 

とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。

 

 

また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。

 

そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。

 

 

自己責任での申し込み

 

 

これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。

 

ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。

 

とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。

 

それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。

 

それは、キャンセルです。

 

商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。

 

キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。

 

※ワイモバイルのキャンセルの定義※

 

 

実際に手に取って触れることが出来ない

 

 

 

 

オンラインならではのデメリットになりますが、やはり実機の確認はできません。

 

でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。

 

商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。

 

通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。

 

私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。

 

中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。

ワイモバイルオンライン受付のメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のメリット

オンライン限定割引があることが最大の強み
圧倒的に手軽
最短当日発送
交通費がかからないし、送料無料
不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る
待たされない24時間好きなタイミングで購入できる
わからないことはチャットで問い合わせできる
キャンペーン適用漏れがない
夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく
子供が寝静まった深夜に契約内容・オプションをじっくり考えながら手続きする
店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

オンライン限定割引があることが最大の強み

 

ワイモバイルではオンライン申し込みに力を入れています。

 

これは、店舗での業務ひっ迫を軽減することにも繋がりますし、人件費が発生しないオンラインに注力するのは当然のことだと思います。

 

オンライン限定でスタートしたiPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーン

 

>>>>>iPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーンはこちら<<<<<

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

 

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

ほかにもたくさんのキャンペーン・おすすめ情報があるので、ぜひご覧ください。
とてもじゃないですが、このページの中ではご紹介しきれませんので、ぜひ下にあるリンクからご確認ください。

>>>>>キャンペーン・おすすめ情報はこちら<<<<<

ワイモバイルは圧倒的に手軽

 

 

 

オンラインでの申し込みは、自宅にいながら申し込みが出来ますし、必要な書類はそもそも自宅にあるので圧倒的に手軽です。

待たされることもありませんし、自分のペースで進めれるから急かされることもありません。

 

自分自身が納得できるペースで進めることが出来るので安心して進めることが出来ます。

 

長い方で一週間ほど申し込みに時間をかけてゆっくり申し込みされているかたもいらっしゃるようです。

 

早いかたであれば、10分程度で申し込みをされている方もいらっしゃいます。

 

どちらにしても、手軽にじぶんペースで進めることが出来るのは手軽で良いですね。

 

最短当日発送

 

申し込みが終わったら、今度は一日も早く商品を受け取りたいですよね?

 

ワイモバイルなら最短当日発送なので、地域によっては最短翌日には到着します。

 

店舗だと、在庫がなければ一週間程度待たされる場合もありますが、オンラインなら在庫は豊富です。

 

対応している件数が店舗とは桁が違いますので、やはり対応速度は最速だと思います。

 

 

交通費がかからないし、送料無料

 

店舗にいくには、交通費がかかりますし、移動時間も必要です。

 

必要書類が無ければ、最悪の場合自宅に取りに帰る必要がありますし、店舗に戻ってきても即対応してもらえるとは限りません。

 

それに、自宅に戻るなんてケースの場合は交通費と時間が倍かかってしまいます。

 

オンラインなら、交通費や移動時間はゼロ、不要な出費を抑えたいワイモバイルなので、送料ももちろん無料です。

 

あんしんして申し込みが可能です。

 

不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る

 

オンラインの最大の強みと言える部分になります。

 

店舗の半強制オプションに加入する必要がないので、本気で最安値で申し込みが可能です。

 

せっかく、月額料金が安くて維持費が魅力的なワイモバイルなのに、不要なオプションに加入させられまくって高額なスマホになってしまっては元も子もありません。

 

ワイモバイルの価値を最大限引き出すためにも、オンラインでの申し込みを強くお勧めします。

 

待たされない24時間好きなタイミングで購入できる

 

お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。

 

お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。

 

でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。

 

ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。

 

お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。

 

ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。

 

わからないことはチャットで問い合わせできる

 

 

ワイモバイルにはチャットサービスがあります。パソコンはもちろん、スマホでの申し込みでもチャットサービスが使えます。

基本的に24時間対応出来ますが、オペレーターでの対応を希望される場合は9時~18時までの時間となりますのでご注意ください。

もちろん、チャットサービスでの対応は無料になっていますので、気になることはしっかり確認してください。

 

チャットサービスの良いところは、料金面など対面では聞きにくい部分がチャットだと遠慮なく聞けることです。

 

どんどん活用していきましょう。

 

キャンペーン適用漏れがない

 

ワイモバイルなら、店舗とは違って専用のフォームでの申し込みとなりますので、キャンペーンの適用漏れはありません。

 

店舗の場合はずっと続くお客様の対応で、やはり適用漏れや案内漏れなどの発生の可能性がありますが、オンラインでは適用漏れは皆無です。

あんしんして申し込みが出来るところもオンライン申し込みの良さですね。

 

夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく

夜21時以降に始まる「タイムセール」などは、毎日少しずつラインナップが変わっていきます。

 

 

 

店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

 

 

オンラインで申し込みをしたら、店舗では対応してくれないのではないか?という不安をお持ちのあなた!

 

オンラインで申し込みを行っても、店舗で申し込みを行ってもワイモバイルのお客様であることに変わりはありませんので、故障や破損、電池の交換など、何か困ったことがあれば店舗でも受け付けは可能です。

 

また、店舗でメリットがあるとしたら、修理対応であったり、操作方法がわからない場合はちゃんと対応をしてくれるところです。

 

店舗とオンライン、双方にデメリットもありますし、メリットもあります。

 

ちゃんと切り分けてお付き合いするのが賢いやり方です。

 

そもそもワイモバイルへ申し込みを行うメリット

 

ヤフープレミアム会員費無料
格安SIMで圧倒的な通信速度
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
ヤフープレミアム会員費無料
キャリア決済が使える
全国に1,000店舗以上ある
料金プランがシンプル
基本料金プランが安い
2018年9月にデータ容量が増量
10分以内の国内通話無料
完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額
60歳以上の方はかけ放題
無料でプラン変更可能
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
キャリアメールが使える
家族割で料金割引
光回線のおうち割で月1000円割引
Android Oneの新機種続々
SIMフリー端末も続々発売
iPhone7がついに発売!
iPhone6S・iPhoneSEが買える
LINEも使えてID検索もOK
機種変更で2年間データ増量延長
紹介しきれないぐらいに、オンラインのメリットは盛りだくさんです。
ぜひ、活用してみてください♪