iPhone 6sのバッテリー交換は必要?端末代金500円のワイモバイルは大丈夫?スッキリ回答します!

おしながき

iPhone 6sのバッテリー交換は必要?端末代金500円のワイモバイルは大丈夫?スッキリ回答します!

 

iPhone 6sを端末代金500円でワイモバイルが販売を始めました。

これまでの価格設定からすると、タダ同然みたいな金額ですが、2015年発売ということで、さすがに2015年製造のものはすでに販売完了しているとは思いますが、現在2019年ということを考えると、製造から日が経過しているのではないかと心配する声も上がってきそうな気がします。

そこで、ワイモバイルに直接、そのへんの心配な部分を聞いてみることにしました。

 

iPhone 6sのバッテリーは大丈夫?経年劣化してませんか?ワイモバイルに直接聞いてみた。

 

ワイモバイルカスタマーセンター

お問い合わせありがとうございます。

どちらの契約についてご検討中でしょうか?

①他社からのりかえ(MNP)
②新規契約
③機種変更
④ソフトバンクからのりかえ(番号移行)

わいもば ゆーじ
iphone 6sについての質問です。

ワイモバイルカスタマーセンター
お問い合わせありがとうございます。お伺いいたします。

わいもば ゆーじ
iphone 6sの電池は、数年前に製造されたものですか?
それとも、現在作っているものになりますか?
もし、過去のものであれば、電池がダメになってるのではないかと思って心配しています。

ワイモバイルカスタマーセンター
恐れ入りますが
電池の製造時期についてはApple様の公表がないため、
確認できる情報がございませんでした。

わいもば ゆーじ
iphone 6sでの故障安心パックプラスは補償対象内ですか、それともメーカー補償(一年)とかになりますか?

ワイモバイルカスタマーセンター

恐れ入りますが故障安心パックプラスでは
内蔵型バッテリー交換修理割引サービスが対象外です。

また、Apple製品はもともと1年間のメーカー補償がついているかと存じますが、
バッテリーについて対象なのかについては
確認致しますので、少々お待ちください。

ワイモバイルカスタマーセンター

お待たせいたしました

Phone本体、バッテリーの製品保証は
1年以内はメーカー補償にてサポート可能です。

わいもば ゆーじ
iphone 6sを購入しようかどうか、心配していましたが、的確であいまいにしない対応で安心して購入できます。有難うございました。

 

上記の流れでの回答でした。

つまり、

①まずは使ってみてください。

②使ってみて、バッテリーが弱いようでしたが、一年以内ならメーカ補償で対応します。

上記の回答となります。

メーカー補償できちんと対応して頂けるということなので、まずは一安心といったところです。

さすがに、ワイモバイルさん側でも、いつ製造したのかまでは個別に確認してみないとわからないということでしょうね。

 

ワイモバイルさんからしたら、めんどくさいこと聞いてくる客だなーと思われてしまったかもしれませんが、このサイトをご覧いただけるあなたの疑問を払拭したいと考え、思い切って聞いてみました。(おおげさw)

 

 iPhone 6sは現在でも使えるスペックですか?

 

次に気になるのは、iPhone 6sは当時のスマホとしては最高スペックでしたが、2019年の現在では使えるスペックなのか?という疑問です。

このあたりもしっかりと確認してみました。

まずは、OSについてですが、最新のバージョンで使えますので、iPhone Xと同じ画面で操作が出来るので、古いから、古い画面での操作になるのではないかという不安はありません。

最新バージョンでの画面操作が可能です。

また、スペックに関しては、私のほうで、スペック調査を行ってみましたが、まったく問題はありません。

スマホがサクサク動くかを測る指標としてベンチマークスコアというものがあります。

これは、元々パソコンの処理能力を図る指標として存在していたものですが、現在ではスマホの処理能力、つまりサクサク動かせるかというものを図る指標になります。

私なりに、一生懸命洗い出しを行ってみましたので、ぜひご覧ください。

 

iPhone 6sのベンチマークスコア発表+ワイモバイルで販売されている商品との比較

 

ワイモバイルで取り扱っている商品を軸に確認してみました。

私が驚いたのはiPhone 6sとiPhone 6では恐ろしくスペックが違うということです。

iPhone 6では一般的なスマホと変わらないレベルですが、iPhone 6sでは、現在の最新モデルでないとたちうち出来ない性能を誇っていることがわかりました。

当時もそうでしたが、iPhone 6sは本当に飛ぶように売れていて、誰もがiPhone 6sに乗り換えていたことを考えると、今更ですが、納得するしかないですね。

また、iPhone系と、Android系のソフトの違いもありますが、どちらかというと、iPhone系のソフトのほうがはるかに軽く動作するので、p20やAndroid One X5などは確かにハイスペックですが、実際に使ってみると、iPhone 6sと動作に関してはほとんど変わらないので、ホント何も心配する必要はないです。

家電量販店でパソコンを主軸に販売している自負とプライドにかけて、ここは安心してiPhone 6sはお勧めできます。

 

 

iPhone のバッテリーサービス料金

 

併せて、保証期間を過ぎたiPhone 6sのバッテリー交換についても説明しておきますね。

iPhone のバッテリー交換
お使いの iPhone の不具合が、Apple 製品限定保証、AppleCare+、または消費者法の対象である場合は、その iPhone のバッテリーを無償で交換いたします。AppleCare+ に加入しているかどうかわからない場合は、こちらのページにお使いの iPhone のシリアル番号をご入力いただくとご確認いただけます。

iPhone の各モデルのバッテリー交換料金については以下の料金表をご覧ください。

iPhone のモデル Apple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象 保証対象外
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 0 円 7,800 円
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、および、その他すべての対象モデル 0 円 5,400 円

過失や事故による損傷は Apple 製品限定保証の対象外です。上記は Apple で修理した場合の料金になります。

 

ここからは、iPhone 6sそのものの価値、ワイモバイルのiPhone 6s緊急値下げの概要について説明していきますので、ぜひご覧ください。

 

 

iPhone 6sが緊急値下げ!ワイモバ学割併用可!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB、最高すぎる!

 

人気端末、4Kビデオが撮れる「iPhone6s」の32GBと128GBの端末価格が特別価格で販売開始しました!
機種代を一括購入で500円(税抜)から購入することが出来ます。
※新規・MNP(docomo/au/SB網を利用したMVNOからの転入)・PHSからの契約変更の場合。

ワイモバイルiPhone 6sの緊急値下げ企画の概要について

iPhone 6sの緊急値下げ開始期間
2019年1月18日(金)~

iPhone 6sの緊急値下げ料金内容

・料金内容
iPhone6s
32GB  機種代一括価格9,800円→500円(税抜)
128GB 機種代一括価格19,800円→9,800円(税抜)新規契約・機種変更・MNP
iPhone 6s(32GB)
契約事務手数料:3,240円
機種代金一括:540円■スマホプランM:4,298円
■データ増量オプション:無料
■ワンキュッパ割:-1,080円×12回
■家族割引:-540円
■ワイモバ学割:-1,080円×13回初月:2,678円の日割
2~13ヶ月目:合計1,598円/月
14~25ヶ月目:合計3,758円/月
26ヶ月目以降:合計3,758円/月とんでもない金額でiPhone6sが使えるチャンスです。

ワイモバイルならiphone6sの緊急値下げ企画特典について

 

なお、学割を適用される場合にはM/Lプランへの加入が対象となっていますので、Mプランのほうが絶対おトクです。なんと!Sプランと同価格でMプランがご使用いただけるようになります。

 

iPhone 6sの特典付与タイミング

※10分以内回数無制限の無料通話付
※データ増量オプションは
3年目以降も適用の場合+540円▼割引開始タイミング
・学割:契約初月~
・家族割引:契約初月~
・ワンキュッパ割:2ヶ月目~☆分割購入でも月々の実質負担金が32GBは0円(税抜)、128GBは500円(税抜)でお求めやすくなっています!
※新規・MNP(docomo/auからの転入)・PHSからの契約変更の場合、頭金500円(税抜)がかかります。
※実質負担金は、ワンキュッパ割(自動適用・12ヵ月間)を含めず計算しています。

 

 

iPhone7、iPhone6s、iPhone6の比較一覧

 

 

せっかくなので、今回500円で手にはいってしまうiPhone6sの性能を確認していきたいと思います。

前後のモデルで比較してみます。

 

iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7の外観はほとんど同じ、背面のラインの違いだけ

 

外見上、iPhone6、6s、7共にほぼ同じになっています。ほとんどの方がスマホケースを利用されていることを考えると、外見では判断が付きません。

 

それだけ、iPhone 6sの完成度は高いということになります。

 

また、外装材に関しては、iPhone7とiPhone6sではアルミニウム7000シリーズが採用されているため、

 

iPhone6と比較して、iPhone6sには2倍以上の強度があると言われています。

 

iPhone6の発売当初、スマホ本体があまりにも薄すぎたため、折れたり曲がったりするというユーザーからの声が上がっていました。

 

発売当時はそれほど画期的なサイズと薄さだったんです。

 

安心してユーザーに使っていただくために、外装材を上記で記載しているアルミニウムの7000番台を使うことによって、二倍以上の強度に向上しています。

 

 

 

アルミニウム7000番台は「超々ジュラルミン」の名称で知られている「A7075」やスキー用具をはじめとするスポーツ用品などに利用される「A7178」がこの7000番台にあたります。

 

7000番台のアルミニウムはアルミ合金の中でも特に強いと言われており、航空機や宇宙産業などの最先端技術にも使われているアルミニウムになっています。

 

そのために厚さが0.2mm、重量が20g増加していますが、フロントガラスにはイオン強化ガラスを採用しており、iPhone6と比較するとほとんど外見は変わらないですが、大幅に強度を増しています。

 

>>>ワイモバ学割でiPhone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7のカメラはiPhone 6sで大幅進化しています

 

 

 

 

 

画面の大きさもiPhone7とiPhone6s、iPhone6全て同じ大きさとなっており、画素数に関しては、iPhone6は800万画素ですが、iPhone6sからはiPhone7と同じ1200万画素となっており、大幅に進化しています。

 

現在の最新モデルであるiPhoneXも1200万画素になっており、このiPhone 6sでほぼ完成形に向上させたモデルだと言っても過言ではないと思います。

 

インカメラに関しては、徐々に向上していますが、200万画素の違いであれば、画質での違いを見分けるのは難しいレベルですので、iPhone6sで充分でしょう。

 

iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7では、iPhone 6sから4K動画対応、大切な動画を残すならiPhone 6sです

 

 

また、30fpsで4K動画の撮影が出来るのも、このiPhone6sからとなっており、購入する価値は充分にあります。

iPhone6sとiPhone7の一番の違いは耐水性能になっています。

しかしながら、基本、水没させなければ問題ないと考えます。

 

公式ではありませんが、iPhone6sには簡易防水機能が搭載されています。

その証拠動画をお見せしますね。

 

 

 

 

レベル的には防水を宣言するレベルではないのかもしれませんが、不意の水没程度に関しては回避できるのかもしれません。

 

 

>>>ワイモバ学割でiPhone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

 

iPhone6sの性能を徹底分析します

 

 

iPhone 6sならどれを選択しても美しい、カラーバリエーションは豊富な4色から選べます

 

 

 

 

カラーバリエーションは4色となっており、左からローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレーの4色になっています。

ローズゴールドやゴールドは女性専用色かと思いきや、その美しさから男性にも結構人気ですし、

シルバーやスペースグレーはスタイリッシュだから持つ人を選びませんね。

 

 

個人的には、下にあるホームボタンがボディ色と同色になっているところもコダワリのポイントだと思います。

また、あまり、他サイトのレビューでは触れられていませんが、ホームボタンは耐指紋性撥油コーティングされているので、いつでも清潔に使えるのも◎ポイントです。

 

 

iPhone 6sなら、容量は32GBと128GBから選択できるので、用途に合わせて使いきれます

 

 

今回、ワイモバイルで選択できるのは32GBと128GBの保存容量になっています。

基本的に32GBでも充分な容量になっていますが、動画もたくさん撮りたいという方には128GBをおすすめします。

 

 

なぜなら、このiPhone6sは、4K動画の撮影が可能だからです。普通のフルHD画質の4倍の解像度になっているので、保存容量も4倍必要だから、4K動画を撮るには128GBの余力があるほうがいいためです。

 

 

とはいえ、パソコンと連動出来るので、必要に応じてパソコンに保存すれば済む話ですけどね。

どちらにしても選択できる悩みは尽きませんが、個人的には32GBで充分かな?と思います。

しっかり悩んで、楽しんでください。

 

iPhone 6sは適度なサイズ感と価値を感じる重量、だから軽すぎない、重すぎない143g

 

 

 

現在のアイフォン6S、7、8、10とほぼ同じ大きさと重量でラインナップされているアイフォンは実質6Sで方向性が決まったと言っても過言ではないモデルです。

不要に大きさを増減することなく、わずかな違いだけでマイナーチェンジを重ねるiPhone6sの大きさは男性にも女性にも美しくフィットします。

 

 

今では、iPhone6sよりも大きなスマホはたくさんありますが、大きすぎると無骨に見えますし、小さすぎてもアンバランスです。

何より、手に収まるので片手で操作が出来ること、このポイントを考えるとiPhone 6sは最高の選択肢だと考えます。

 

iPhone6sを持つ人が引き立つサイズ感と操作性は不変ですよね。

また、必要であればスマホケースのラインナップも数千種類準備されているので、購入した後にも楽しめる。そんな魅力がiPhone6sにはありますよね。

 

 

iPhone 6sは3D Touch搭載Retina 4.7インチHDディスプレイだから、美しいものをさらに美しく

 

 

 

 

 

iPhone6s以降のモデル使っている友達の画面を見たとき、「キレイ!」と思わずうなってしまう、ディスプレイですよね。

明るすぎず、暗すぎず、自動で明るさも調整してくれるRetinaディスプレイは、まるで写真を動かしているような画質の良さだから、目も疲れませんし長く使えるディスプレイです。

 

 

ディスプレイに関しては、iPhone7にも搭載されている3Dタッチという新操作機能が追加されています。

これはディスプレイのバックライトに組み込まれている「センサー」が指の圧力を検出して操作にバリエーションをもたらしています。

 

 

この押し込んだ「圧力」を感知してバイブレーションが反応するとともに、二段階の動作が追加されています。

メールでは、軽く押すとプレビュー表示、深く押し込むと全文表示といった具合になっていて、直感的に操作できる仕様になっていることもこのiPhone6sの良いところです。

 

 

 

 

インターネット上で住所を軽く押すと、地図のプレビューが表示され、さらに深く押し込むとマップアプリが起動するようになっています。

 

 

iPhone6sのA9プロセッサは飛躍的にiPhoneの価値を高めたモデルです。

 

 

 

 

 

iPhone6sに搭載されているA9プロセッサは、iPhone 6より処理速度が70%速く、グラフィックにいたっては90%も処理速度が向上しています。

この劇的に向上したプロセッサからiPhone6sのばく進劇が始まりました。

iPhone6シリーズは全体で2億4,800万台が販売され、現在でも多くの方に親しまれていますし、継続して販売されています。

 

 

この破壊的な記録は破られることはないと言われています。

世界で2億4800万人が選択したiPhone6sの世界をあなたもぜひ、手にしてみてください。

 

 

iPhone 6sに搭載されている12MPカメラは手振れ補正付き、f/2.2の明るくて4k動画も撮れる5枚構成レンズにサァイアクリスタルレンズで言うことなし

 

 

 

 

 

現在では1,200万画素のカメラを搭載したスマホは増えてきましたが、その1,200万画素の価値を最大限に引き出しているカメラはそう多くはありません。

f/2.2の明るさを緻密にコントロールし、手振れ補正コントロールを兼ね備え、5倍のデジタルズームを使いきれるスマホはそう多くはありません。

 

 

iPhoneを使った方が、次もiPhoneを使っているという根拠が裏付けています。

iPhone6sはiPhone6からすると、400万画素も画質を向上させてきました。

でも、iPhone7ではそれ以上の画素数への変更はされていません。

 

 

つまり、この画素数と他の手振れ補正やデジタルズームのバランスを考え、このバランスがベストと判断したと考えます。

4Kもの高画質ビデオを撮影中に8MPの静止画を撮影出来る機能も特出しています。

パノラマ撮影やオートフォーカス、True Toneフラッシュ、自動HDR、露出コントロール、顔検出など必要な機能は全て付いていますが、全てベストな調整で撮影が出来るよう、チューニングされています。

 

 

撮影するときは、ワンクリックだけ。

 

 

世界の覇者となったiPhone6sの素晴らしさをあなたもぜひ体感してみてください。

 

 

 

>>>ワイモバ学割でiPhone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

iPhone6sのレビュー、比較内容を大放出!

 

iPhone6sのプレビューをかき集めてきましたので、ご紹介いたします。

この手のプレビューにありがちな「良いところだけ」を紹介するサイトが多い中、良くも悪くもありのままに紹介させて頂きます。

では、こころしてご確認ください。

 

>>>ワイモバ学割でiPhone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

初めてのiphoneとSIMフリー

【デザイン】
外観はiphone6と殆ど変わらずですが、厚みが増えた分、曲がらないという安心感があります。【携帯性】
持った感じでは、普通に指が届いて操作できますね。これが6sPlusだったら、指が届き難く使い辛いかもしれません。
仕事中は制服のズボンのポケットに入れていますが、ポケットに入れているから歩き辛い・車の運転の邪魔になるという事は無いですね。
プライベートでは、財布等をポケットに入れているので、ベルトに付けるケースに入れるています。【ボタン操作】
ボタンをスライドさせるという事が初めてで、一発で切り替えられないので、慣れる迄に時間が掛かりました。現在は、簡単にボタンをスライドさせる事ができる様になりました。
電源と音量ボタンですが、素体のままだと誤作動が発生するかもしれないので、エレコムのzero shockを装着しています。これを装着したおかげでボタンが固くなったので、誤作動を防ぐ事が出来ました。【文字変換】
基本的にはアンドロイドと同じ入力方法なので、使い辛い事はありません。【レスポンス】
普通にサクサクと動きます。【メニュー】
無評価とさせて頂きます。【画面表示】
画面の明るさが原因なのか、鮮やかに見えます。目が疲れないです。【通話音質】
別に問題無く話せます。【呼出音・音楽】
音質ですが、アンドロイドと比べて凄く綺麗に聞こえました。
但し注意して欲しい事は、音量を50%位に調整して下さい。アンドロイドみたいに8割音量を上げてしまうと凄く五月蠅いです。【バッテリー】
7時~16時45分迄仕事をして使用していますが、残量を見てみると95%前後は残っています。
前回持っていたスマホ(エクスペリアSO-04E)だと80%前後なので、 かなりバッテリーの持ちが良いみたいです。【総評】
全体的な評価は、凄く良いです。アンドロイドと比べているからですが、動作安定を比較するとiphoneの方が上です。【その他】
僕の場合、ドコモ旧料金プランで機種変更での月々サポートを受ける事はできません。キャリアから恩恵を受けられないのならば、同じiphoneでもSIMフリーにしようかと考えて、SIMフリー版を選択しました。もしSIMフリー版を早く欲しい人は、アップルストアで予約キャンセル待ちの受付をしている時がありますので、行ってみてはいかがでしょうか。但し、ローズゴールドはキャンセルが少ないみたいで、予約しないと入手出来ないそうです。

 

>>>ワイモバ学割でiphone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

ドコモからの脱却

ドコモ初音ミクのSO-04Eを使っていましたが、度重なるドコモアプリによる動作不良が多く、我慢が出来なかった為にSIMフリー版を買いました。

大きさですが、ミクのSO-04Eとほぼ同じだったので、そんなに抵抗は無かったです。

左右のボタンは、ちょっと固いのですが、ポケット挿入による誤作動が無いのが良かったです。

動作ですが、別に遅くもなく、サクサク動きます。

音量についてアンドロイドの場合は、通話着信音・ゲーム音・アラーム音と3種類在って、各種別々に音量調整が出来たのです。
しかし、アイフォンは纏めての一種類しか無いので、微調整が出来ないのが難点です。
更にヘッドホン使用に関する事で、ゲームをする時等は本体のスピーカーから音は出ません。しかし電話の着信音に関しては、ヘッドホンを挿したとしても本体スピーカーからも発するので、繋いでいる意味がありません。
もしも、其々別々にして音量調整をしたい場合でしたら、アイフォンはお勧めできません。

通話ですが、問題無く話せます。

バッテリー持ちですが、エクスペリアAとあまり感じませんでした。

最後になりましたが、現在契約しているキャリアにウンザリしてキャリアをチェンジするのでしたら、SIMフリーをお勧めします。

 

6 Plusから機種変更。細かい所をレビュー。

ドコモ版iPhone6 Plus 64GB を使用しておりましたが、MVNO(IIJ)を利用につきキャリアにこだわる理由もなくなり、今後を見据えて買取に出す際値下がりの低いSIMフリー版を購入しました。
外観は6と同じですので、気づいた点のレビューを。【良い点】
・Touch IDが爆速。
ホームボタンを電源ボタン代わりにしていますが、本当にワンクリックで
解除できる!5s~6までは右親指の指紋を複数個記録して精度を上げ
ていましたが、もう必要が無い程。
・ネットブラウジングがサクサク!
Sleipnirブラウザでの複数タブでもしっかり動作。Plusではサイト更新or
そもそも繋がらないことが多く、イライラ。同じMVNOでもここまで違う
のか?!快適です。・バイブレーションの改良?
Plusのバイブレーションより間隔が若干短くなり、ヴーという甲高い音が
軽減されている。好印象。・4Kが綺麗
動画が綺麗です。中途半端なデジカメより勝る印象。【悪い点】
・明らかに重量が増えた。
気にしませんがやはり重くなりました。・バッテリーの持ちが悪くなった印象。
5c→5s→6→6P と機種変更してきましたが、明らかに減りが早い。
私の使い方で2日は持つ筈なのですが、持たない。。。
処理速度が良過ぎて、使用頻度が多くなったと信じたい。。。。【注意点】
画面にガラスフィルムを貼って分かったのですが、6よりエッジがキツイ。
ほぼ確実に従来の6用ガラスフィルムでは浮きます。【まとめ】
明らかな性能の向上が見られます。個人的にインターネットなど処理速度の改善が大きい。無印の6がもう使い物にならない位。ケース・保護フィルムも既存の物が使えるし、安心。若干重くなった印象がありますが、気にならない。カメラ性能などまた後日確認したいです。2015年10月14日再レビュー
明らかにバッテリーの減りが早い。疑心から確信になりました。
サムスン製A9チップでした。サムスンでの製造は仕方が無いと
思いますが、13万もして性能の悪い方を買う羽目になるとは
思いませんでした。当面はAPPLE製品の初期ロットは避けます。2015年11月16日まとめレビュー
3D touchが案外便利。キーボードの改善とiBooksのチラ見が良い!
無印のiPhone6を買うよりは良い。

ローズゴールド(^ ^)

心斎橋のアップルストアで昨日購入しました
購入したのは、新色のローズゴールドです
発売日の前日に予約し発売日にアップルストア受け取りで購入することが出来ました
アップルストアが近くにある方は一番早く購入することが出来るのでおすすめです(^O^)
思っていた以上に派手過ぎない良い色でした(^ ^)
5sを使っていたので携帯性の面では大きく感じますが、徐々に慣れると思います
3DTouchですが、今の所使う機会がないので、対応したアプリに期待したいと思います
スピーカーに関しては、5sと比べると出力や、音質の面でかなり向上しているように感じます
最後にsimフリーなのでsimに関してですが、ソフトバンクを11月の更新月まで使用し、iijmioにMNPしようと考えています

心地よくて使い易いiOSと適切なサイズ

【デザイン】
先行して発売された、iPodの5世代目とほぼ同じデザインなので見慣れた感あり。
デザインはiPhone4がガラスを多用した材質感も含めて頂点だと思う。【携帯性】
画面表示や見易さの点では、サイズの大きいiPhone6 PiusやiPadなどの方が便利だが、携帯性を考えると自分の条件として、シャツの胸ポケットに入る事が前提なので、サイズ的にベスト。【ボタン操作】
電源のメインボタンが、右サイドになった時は、戸惑ったが、すぐ馴れた。【文字変換】
AndroidOSに比べると若干弱い。そろそろ劇的な改善を求む。【レスポンス】
iPhone6 128GB SIMフリーを使用していたが、レスポンスがイマイチだったので、思い切って買い換える。レスポンスも良くなり大正解だった。【メニュー】
iOS7あたりから細かい使い勝手が向上している。【画面表示】
iPhone4の頃から解像度や発色に関しては、満足だが個人的には、バックライトなしでの明るい環境光で見られる液晶を搭載して欲しい。目の疲れ軽減にもなるので。【通話音質】
スピーカーを使用した通話も含め良好。【呼出音・音楽】
iPhone3Gの頃から自分でカスタマイズした音源を使用しているので問題なし。(カスタマイズ方法は、ネットで検索してください)【バッテリー】
iPhone5よりも3割以上長持ちの印象。念のために携帯バッテリーがあれば尚安心。【総評】
iPhone6を使用していたが、レスポンスに不満があり6sの発売日にAppleストアの通販で購入。長時間使用するとiPhone6より増えた重さを感じるが、レスポンスとカメラなどの進化を考えると非常に満足しており、iPhone7s発売まで使用するつもりで、Appleケアにも加入した。AndroidOS搭載機と2年ほど併用して比べた結論は、iOSの方が個人的に使い易くて、iPhoneのハードときちんと融合していて、安定性と完成度が高いと思う。価格に関してはiPhone本体の定価が2万円ぐらい安くなって欲しいところ。iPhone3Gからソフトバンクの契約で使用しているが、近年はauやドコモなどの他キャリアとプランや金額で、殆ど差が無くなり横並び感が強いので、今年の年末に月月割引が無くなるタイミングで格安SIMに移行する予定。iPhoneのレビューとは関係ないが、最近感じた不満として、ソフトバンクを含む日本の3大キャリアは、広告代理店の口車に乗って、童話やアニメなどを、元ネタにした幼稚で面白くも何ともないひどいCMを、垂れ流して談合みたいな横並び事業をするのではなくて、国民の公共インフラとしての責任と自覚を持って、使用者の利便性を追求する方向にシフトしてほしい。本当に。【2017年 3月追加レビュー】1月1日より、ソフトバンクからLINEモバイルのSIMに変更して運用しています。契約内容
コミュニケーションフリープラン 5GB / 音声通話SIM \2,220円3ヶ月近く使用した感想としては、ドコモ回線なのでとても安定していてアンテナ表示も正直だと感じます。通信速度に関しては、アプリなどで測定をしていませんが、ソフトバンクのLTE(調子が良い時)よりもダウンロードが、若干遅い感じですが、安定していて問題なし。LINEモバイルの大きな特徴としてTwitterなどのソーシャルサービスが、データ容量や速度のカウントフリー対象になっているので、Twitterなどの使用に毎月3ギガ以上消費していた点がなくなって、月のデータ繰越が常に発生していて、容量的にも余裕を感じています。ちなみにソフトバンクのデータ容量は7ギガタイプの契約でした。LINEモバイルの利用状況をパソコン画面ですが参考画像として投稿します。【不具合について】
特に使用していて問題なかったのだが、『iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム』の適用対象ロットだったので、最寄りのApple 正規サービスプロバイダに当日予約をして修理しました。3月19日の日曜日に当日予約をして来店。手続きやバッテリー交換も含めて30分ほどで終わり、素早い対応に満足でした。バッテリーも新しくなり、特に不満もないので、iPhone 6sを、当分の間使う予定です。防水性に拘らずにイヤホン端子が必要な人は、iPhone 7より安いiPhone 6sや更にリーズナブルで128GB版も追加されたSEなども検討されても良いと思います。(自分も気になりますコンパクトで大容量のiPhone SE)

 

>>>ワイモバ学割でiphone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

iPhone6s無双

発売と同時に購入しましたが、派手な色を選択した結果、プライベート専用で使用中。

レスポンスなど、Androidの最新機種より速く、指紋認証速度も大幅に向上しています。

気になる点はホームボタンを押した時、アイコンが
大きくなってしまう時があります。

海外で売却する場合、シリアル番号から検索し
製造一年以内なら高値で売れる様です。

対応バンドの守備範囲は広く、困った事がありません。

性能、リセールバリューでみると購入価格が
高くても、他の機種よりお買い得と言えます。

なぜ、iphoneが人気なのかわかりました。

使い続けてきて気がついたのは、通話品質の高さです。
これの前はファーウェイのフラッグシップ機でしたが、特にファッツアップでの通話品質は劇的に良くなりました。
機種間でこれほど差があるのはびっくりです。
また、わたしはワイモバイルのSIMのみ契約ですが、相手がソフトバンクでもVoLTEで通話可能。やっぱりVoLTEは別格ですね。
頼んでもないのに無料でソフトバンクのWi-Fiスポットにも繋がるし、良いことづくめデス。
追記ここまで遅ればせながらiphoneデビューです。(笑)
食わず嫌いもあったでしょう。
みんなが使うから人と違うものを・・・そんな偏屈な理由も正直ありました。
だけど、逆に、「なんでそんなにみんなに人気なのか・・・?」
これを知るためにはやっぱり使ってみないとわからないな。と思ったわけです。
そして、使ってみた結果は・・・・
1、タスク管理の楽さ(androidの様にバックグラウンドアプリを小まめに終了しなくていい)
2、液晶の大きさと端末の大きさがちょうどいい(前機種が6インチ弱だったのでとても小さいのですが
手の中にすっぽりと入り、片手操作ができる感覚は逆に新鮮でしっくりきました。
私にはこの4.7インチというサイズが絶妙です)
3、頻繁にアップデートがあって操作感がどんどん良くなっている(androidでは味わえない魅力ですね)
4、着信者名を音声で知らせてくれる機能がとっても便利(個人的に一番のヒット機能です)
5、電池もちが良い(位置情報の設定を変えるまでは劇的に減っていましたが(笑)変更し劇的によくなりました!)みんなが使う理由、わかりました。早く買っておけばよかった!・・・
と思うのですが、2年前は12万弱だったのが今現在67000円弱。この値段だからようやく手が出たというのが本音ですね(笑)
↑現在では500円で手にはいるiphone6s( ̄^ ̄)

2年以上使ってから今更レビュー

Phone5s→iPhone6sに機種変更

【デザイン】
iPhone4~iPhone5sまでの角ばったデザインが好きな人には不満かもしれませんが、iPhone3G~3GSの頃の丸みが好きな自分としては歓迎ですね。
ただ、上下のラインは野暮ったいと思います。
クリアケースを付けているので尚更です。
(iPhone5sの上下が違う素材というのも正直好きではありませんでしたが)
iPhone7・8のようにスッキリしていれば良かったのに…と思います。

【携帯性】
iPhone5sより大きくなったので、小さいポケットだと収まらないことがありますが、昨今の大型化している機種と比べたら充分コンパクトな方ですね。

【ボタン操作】
相変わらず物理ボタンはスリープ・音量・ホームボタンのみですが、これまでと特に変わりません。
iPhone5sと比べるとホームボタンが “ゆるく” なった印象はあります。
“陥没”すると厄介なので、極力「Assistive Touch」を使っています。

【文字変換】
iOSの進化とともに向上している印象ですが、やはりユーザー辞書を活用した方が良いと思います。
社外キーボードアプリを使ったこともありますが、変換結果が良好でもフィーリングがしっくりこないので標準キーボードを使用中。

【レスポンス】
購入当初は文句なしにサクサク、iOS11以降は若干鈍くなったものの充分実用的です。
iPhoneXと同時に処理させても大きく離されることは無いです。

【メニュー】
iOSのメジャーアップデートで設定アプリの内容がちょいちょい変わるので都度覚えることもありますが、意味を理解していれば特に分かりにくいこともないです。むしろ整理されて歓迎です。

【画面表示】
特に不満なく快適です。
iPhone5sより広々しているなと思うくらいで、それ以上のものは感じません。

【通話音質】
これまで通り特に不満はありません。

【呼出音・音楽】
呼出音については、サイレントモードで使うので無評価。
音楽については、iPhoneで聴くことが無いので無評価。
バイブレーションはiPhone5sより弱くなったと思います。

【バッテリー】
「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」の対象で交換してもらいました。
https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/
交換後すこぶる調子良いです。
駆動時間については、これまで使ってきたiPhoneシリーズと同じような(満足でも不満でもない)印象です。

【総評】
型遅れとはいえ、2018.1月現在、docomo, Y!mobile, UQ mobileでも新品が販売されています。
個人的にこれから買っても大きな不満は無いと思います。
耐水性や電子マネー対応が絶対欲しいという訳でなければ“買い”だと思います。
現在はiPhoneXにしていますが、iPhone6sは気に入っているのでサブで残しています。
SIMフリーなので、海外旅行・出張の時にも活躍してもらいます。

文句なく良いです

【デザイン】
これは代々すばらしいですね。APPLEならではです。
【携帯性】
5Sより一回り大きくなりましたが、最初は戸惑ったけど、慣れたらこっちの方が良いと思います。
【ボタン操作】
問題なし【文字変換】
普通に速いです。【レスポンス】
これもiphoneならでは、すばらしく良いです。【メニュー】
見やすいです。【画面表示】
retinaでとても綺麗です。【通話音質】
普通に良いです。【呼出音・音楽】
音楽から呼び出し音も作成できて良いです。【バッテリー】
代々そうで仕方ないとは思いますが、もっと伸びたら言う事なしです。【総評】
4Sから3台目ですが、もうiphoneからは離れられないですね。
simフリーiphoneと格安simで、最強だと思います。
何でみんな気づかないのかな・・・

iPhoneの完成版と言っても過言ではない

使ってちょうど2年くらいになります。
毎日長時間使用しておりますが、故障は1つも起きておりません。
以前5sを使用しておりましたが、そのときはいきなりショートして壊れてしまいました。
(二度と電源がつくことは無かったです。。)6sでもネットや動画視聴、撮影やSNS、ゲームアプリなど、基盤に不可がかかることは毎日のようにしておりますが、
反応がおそくなったり、故障したりということは一切でておりません。非常に良い使いごこちです。唯一悪い点があるとすれば、
バッテリーの減りが早いこと、
また、濡れた手での指紋認証の精度が低いこと
この2点です。ただ、この2点についてはどんなスマホでもしょうがないことだと思いますので、
そこまで6sの評価を下げる要因にはなっておりません。

4年ぶりにiPhone更新してみて

これまで使用していたiPhone4s(iOS5.1.1) simフリーと比較。

・デザイン  側面が丸みを帯びてしまっていて、自分は4sの側面デザインが
好きだった。画面のパネルはガラスでしょうか?4隅以外全体的
に淵が丸くカットされていた。印象としてはプラスチックが乗せて
あるようで安っぽいがそのうち慣れると思う。とりあえず背面だけ
カバーしたが、デザインは美しいと思う。

携帯性   4sから大きくはなっているが大きくなった感じはしない。ちょうど
よい大きさに感じる。この大きさまでが携帯をする機器として限界
かなと感じる大きさ。重さもちょうどいい。

ボタン操作 電源ボタンが側面に移動していたので慣れるまでは不便。
音量、消音は可もなく不可もなく。
touch idデビューだがこれは便利だと思う。スリープ状態でホーム
ボタンを押して画面を起動させると同時に指紋認証も済んでいる。

レスポンス この機種に最適化されたOSだけあって軽快な動き。
4sとほぼ大差なく感じる。

画面表示  4sもRetinaだった為か特に「凄い綺麗!」という感動はない。
4sと違うのがアプリを1画面に置いておける数が大幅に増えている。

呼出音・音楽・バッテリー   iPhone4sとそんなに変化を感じない。

満足度   これまでがその機種に合った安定したOSバージョンで使っていた為、
これまたiPhone6s用に合ったOSで、その違いはあまり感じられない。
4sでは見なかった表示「LTE」が画面に表示がありちょっとうれしい。
現状、悪い点は感じられない。
3D touchやカメラ性能が上がった写真はこれから試します。
4K動画は1分375MBと記載。容量は128GBでよかったと思う。
「4Kを映すテレビが無いから要らない」とは思わない。
過去の想いでは戻って撮れないので。

>>>ワイモバ学割でiphone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

 

バランスは未だにいい

【デザイン】 非常にバランスの良いデザイン

【携帯性】 昔のiPhoneと比べるとやはり大きくなったが大画面でこの携帯性はいい

【レスポンス】 少しふるさを感じるようにはなったがそこはiphoneでストレスは感じない

【画面表示】 有機EL画面に慣れると少し遅れを感じるが詳細感もあり必要十分以上

【バッテリー】 この機種唯一の懸念点

【カメラ】 さすがにスペック的には古くなったものの必要十分以上

【総評】 同時期発売のアンドロイド機はさすがになんらかしらの不満もおおきくなっているがこれはそれが非常に少ない。

6からの乗り換え

【デザイン】
6と一緒なので真新しさはない。高級感は感じる。
サイズもほとんど一緒なのでケース等再利用できることが多く6から乗り換えても余計な出費は抑えられる。
【携帯性】
多少重くなったのを実感。
アルミ合金7000番台を使用しているそうなのでポケットに入れても心配する必要はなさそう。
【ボタン操作】
まだ3Dタッチを活かしきれない。メール見るときくらいか。慣れないとアプリ消しちゃいそう。慣れるまでは機能制限でアプリ削除の機能制限したほうがいいかも。
【文字変換】
ATOK使用なので無評価【レスポンス】
基本ヌルヌルサクサク。
たまに固まるがハードではなくソフトの問題っぽい。
iOSやアプリのアプデが落ち着くまでは仕方ない。【メニュー】
良くも悪くも変化なし。【画面表示】
フルHD液晶にして欲しかったかな。
4K搭載スマホが出てくるこの時期にフルHDでもないのは少し残念。
とは言えフルHDでなくても特に困らないんだけどね。【通話音質】
普通で困らないレベル【呼出音・音楽】
呼び出し音はカスタムしなきゃ周りと間違う。
ミュージックはiPhoneに入れた分とApple musicが一色単になって管理が面倒。分けて欲しい。
【バッテリー】
6よりもってるようなもってないような…
違いはまだ実感できず。【総評】
6でも不満はなかったので、変えた感はほとんどない。
操作感に新鮮さはないけどそこがiPhoneの良いところなのかも。
touchIDが驚くほど速くなった。そこが一番の実感点かな。

速い。。

引っかかる感じもなくサクサク速いです。

けど、小生にはちょっとデカいです。
5の大きさで中身これやったら言うことないのに・・・

カメラもよくなったと何かで読んだが!しかし!!
よくわからない!!!(違いの判らない小生w)

カバーはしません。あくまで主観ですが裸が一番カッコイイ。
服着るのは人間だけでいい。

などなど、全然参考にならないレビューでごめんなさいm(__)m

良いですね~

【デザイン】アップルらしい、シンプルで上品なデザインです。

【携帯性】SEと比較すると、大きいです。Gパンのポケットに入りはしますが、張ってしまいます。ポケットに入れるにはまぁギリギリのサイズですね~

【ボタン操作】わたしは手が大きいので問題無しですが、手が小さい方には、ちょっとしにくいかもしれないです。

【文字変換】ユーザー辞書を使っているので問題無しです。

【レスポンス】全然問題ありません。サクサクです。

【メニュー】分かりやすいと思いますが、アンドロイドに慣れている方は、使いにくいと言われます。

【画面表示】綺麗です。

【通話音質】通話はしないので、無評価です。

【呼出音・音楽】音質はあまりこだわらないので、十分満足です。

【バッテリー】中古を購入後、80%くらいだったので、持ちが悪かったですが、バッテリーの交換対象だったので、交換していただいて、全く問題なくなりました。

【総評】未だに現役の物だと思います。

7ヶ月目でのレビューです。

【デザイン】 カッコいいです。

【携帯性】 ポケットにすっきりと入ります。

【ボタン操作】 使いやすいです。

【文字変換】 多少弱いかなぁ。。。

【レスポンス】 反応性は良いですね。モンストやパズドラをしていますが特に問題は無いです。

【メニュー】 使いやすいです

【画面表示】 綺麗、カメラも使いやすいです。

【通話音質】 聞こえやすいです。

【呼出音・音楽】 バイブのみなので無評価です。

【バッテリー】 元々の容量が少ないですが、電池モチがいいです。

【総評】
6SPlus128GBからサイズダンです。
フリーの端末でauを使っています。
色はローズゴールドでケースはSpigenを使っています。
男でもローズゴールドはイケます。
手が小さいのでPlusはデカすぎたので合わなかったのですが4.7はベストな端末です。
気に入ってる端末なので不具合が出るまで使い続けます。
Plusはデカすぎる、seでは小さすぎた、ベストな端末が欲しいていう方には4.7をお勧めします。

 

 

>>>ワイモバ学割でiphone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

安定のiPhone

安定のiPhoneを選択。やはり安心感があり、使い勝手はいいと思います。価格が下がれば尚良し!

使ってよかった

初めて使ってみましたが、性能が素晴らしい!良かったと思います。

三大キャリアをやめたのをきっかけに

Phone6からの買い換えです。
格安SIMにしたかったのですが、ソフトバンクの6ではワイモバイル以外はできないとのことで、アップルストアにて6を下取りに購入しました。6とほぼ変わらないので評価としては、これで充分です。
としか書けません。
すみません。
カメラが良くなりましたね。

コスパ良すぎる

【デザイン】
三年前?だけど、昨年の8や2年前の7シリーズとほぼ変わらず。もちろん、四年前の6とも。
【携帯性】
SEに比べたら悪いし、画面は割れやすい。がプラスと比べたら許容範囲。
【レスポンス】
8と体感で変わらない。
【画面表示】
8と体感で変わらず。
【バッテリー】
8より減りが明らかに速い。が、充電される速度はこちらのほうが速い速度でパーセントが上がる。
【カメラ】
間違いなく8や最新のiPhoneのほうが強い。具体的には、ブレや暗闇での撮影時。が、そこまで大きな差ではない。X以降のカメラと比較したら、別物。と言えるくらい。
【総評】
コスパ良すぎる。
ワイモバイルの料金設定はわかりやすいし、新品のiPhoneがついてきて、この維持費は破格。最近は、安く通信費をみせかけて、縛りを強くしたり、機種代金のっかるパターン。
最新の機種にこだわりがない、もしくはサブ機で使う場合、ガラケー代わりに、ならばベストな選択だと思う。

iPhone6からの乗り換えです。

iPhone6 au機からMVNO対応とするためAppleストアでsimフリーを買いました。

mineo運用していますが、将来docomo系やsoftbank系のMVNOに乗り換える可能性があることと、16GBが手狭に
なってきたので32GB以上が欲しかったというのがきっかけで購入を決めました。

iPhone6より大きく進化したというほどではありませんが、動作が機敏になりました。画面の展開が速いです。
6sを選んだ理由としてはホームボタンが従来の慣れ親しんだ押し込む方式だったこと、イヤフォンジャックがあること、の2点です。simフリーが61800円税抜、ちょっと高かったんですけど、中古や新古品iphone6sを見ていて、仮に買えてもsimロック解除は端末購入時の契約者でないとできないみたいで、かつ値段も6万近い~、どうせなら新品でsimフリーにしようということになりました。

androidのsimフリーなら3万円も出せば結構良い品が出てきますが、どうもandroidが好きになれない・・・
私と同じようにMVNOを検討されておられる方があれば、中古iPhoneも全然アリですが、MVNOを将来乗り換えていくことも考えれば、simフリーのiPhoneというのは一考の価値があると思います。

気になったのはバッテリーの減り具合のスピードです。6より少し早いかなという感じです。そんなに大きく変わるということではありませんが、処理速度の分だけ消耗するのかな、という感じです。

plusにするか6sでいくか、大きさはかなり迷いました。ですが毎日仕事でも使うので胸ポケットに入れたい&ランニングのときになるべく邪魔にならないようにと6sを選びましたが、plusが今でも気になります。

 

>>>ワイモバ学割でiphone6sが緊急値下げ!端末代一括500円!月額1598円!毎月9GB!購入はコチラ<<<

気に入りました

親族用に購入。

とてもサクサク。
スクロールもスムーズに動きます。
アップルすごいですね~。

アンドロイドのスマホ
は表示まで時間がかかり
クルクルなってる時間が
長かったですが
やっぱりアップルは早いですねー。
見直しました。

アンドロイドは
安物買いの銭失いになる
ということを学びました。

MVNOの
OCN モバイルワンで
使用中。
構成プロファイルを
サイトからダウンロードして
使用してます。
シムフリーでも
構成プロファイルは
必要でした。
以前必要ないと
いうことを聞き
書き込みましたが
間違っていました。
シムフリーでも
構成プロファイルは
要りました。

大変、失礼致しました
m(_ _)m

色はローズできれいな色です。

容量は32GBあるので
ある程度ゆとりをもって
使うことができます。

6万いくらだったころは
買う気がしませんでしたが
五万円台になって
買う気になりました。

以上、ありがとうございました。m(__)m

5c→6s

【デザイン】

デザインは賛否両論ですね…5sからガラッと変わった6のデザインをそのまま継承していますが、少し出っ張ったカメラやアンテナのためのDラインなど、好き嫌いが分かれる要素が多い気がします…7ではこれらの点がより目立たないように変更されているので、6系のこのデザインはある意味、失敗とも取れるような感じがします…

ビルドクオリティはAppleらしく、パーツ間の隙間の狭さや、ボタンやスピーカーの穴の一つ一つにもこだわった設計は、iPhoneのiPhoneらしさの所以となっています。(他のスマホではあり得ないですが、イヤホンジャックのパーツを本体色に合わせていたり…)

【携帯性】

これも6で変わった点ですが、4.7インチの画面と本体のサイズは、成人男性であればほぼピッタリしっくりなサイズ感だと思います。

厚みに関しては、カメラが出っ張っているのは少し残念ですが、本体は薄く作られているので、ポケットに入れても違和感は感じないと思いますが、本体重量に関しては、本体サイズの割にはちょっと重たい感じがします。

【ボタン操作】

5系のデザインと違い、電源ボタンが本体の横に移動したので、普通に握った時に握り方を変えずに押せるようになっています。

Androidのスマホと違い、マナーモードにするスイッチが物理キーで用意されているのもいいと思います。(Androidのスマホでもある機種はありますが…)

【文字変換】

変換はこまめに行えば大丈夫ですが、少し文が長かったり、文体を崩したりすると、思った通りの変換ができないことがあります。

【レスポンス】

十分…というよりオーバースペックですね…まぁ、数年使うのであれば、これくらいの性能があった方が安心できるかもしれないです。

スクロールの感じは指に吸い付くようですし、何より、アプリ起動とホームボタンのレスポンスが素晴らしいです。この6sより少し性能がいいAndroid(某中華メーカーのSnapDragon 821搭載スマホ)のスマホも待っていますが、実使用での快適さは6sの方が上です。

【メニュー】

統一感があって使いやすいです…が、Google系のアプリはマテリアルデザインによっているので、少し混乱するかもしれないです。

【画面表示】

HD(1280*720)より少し細かい程度ですが、ppiは326なので、普通に使うぶんには十分の細かさです。

色もニュートラルで、色温度も適切だと思います。

【通話音質】

あんまり良くないかもしれないですね…音量もそんなに稼げないですが、普通に使うぶんには問題ないです。

【呼出音・音楽】

スピーカーの音は5cよりさらに良くなっていると思います。

【バッテリー】

バッテリーの容量はスペックシート上では大きくないですが、持ちは抜群だと思います。

【操作性】

6sで追加された要素としては、3D touchとTaptic Engineがありますが、どちらもiPhoneでの体験をより特別なものにしています。

【総評】

5cがiOS 11にアップデートできないのと、パソコンをMacにした事もあり、メインのスマホをiPhoneにしてみました。

Apple Storeでの購入でしたが、残念な事に画面にゴミ?が混入しているのを見つけてしまい、交換してもらうことになりました。幸いなことに、電話はすぐに繋がりましたし、サポートの方の対応も良かったです。

~追記~

交換品が届きました。Appleの言う修理や交換は整備済み品との交換が普通らしいですが、不良報告が早かったからか新品(リテールの梱包、シリアルナンバーも新品のもの)と交換していただけました。もちろん、ドット欠け一つなく不良箇所は一切ありませんでした。

iPhone6とは別物、すごい進化がある

初めてのローズゴールドは、あたる照明や太陽光によって様々な表情を表す品のある色合いです。
男性にもお奨めです。電池の容量が減って、使用時間を心配しましたが大丈夫でした。仕事用のiPhone6とより若干長めです。設定の低電力設定にすれば更に長持ちします。iPhone6 とほぼ筐体や内部の部品配置は同じですが、アンテナや送受信Chipが改善されていて受信感度はかなり良くなっております。テストモード表示での受信レベルも数dBm高くなってます。圏外ぎりぎりだった場所でも余裕で待ち受け出来てます。カメラの改善は大きいです。釣りで良く釣れたシロギスをクーラーに乗せて写真を撮りますが、大人しく乗っておらず直ぐにバタバタと動くのですが、今回のカメラは立ち上がりやピント合わせの時間が短く非常に楽です。
釣り場風景など奥行き感や細かな表現がかなり改善されており、朝焼けや夕焼けのオレンジ色なども上手に写しだしてます。3DTouchは慣れると非常に便利です、例えばメールのチョイ見削除が一回の操作で出来ます。
普段使っているアプリケーションが早く対応してくれることを望みます。
一度3DTouchに慣れて恩恵を受けると戻れませんね。文字入力でカーソールをポインター間隔で動かせるのもブログ記事入力ではとても重宝します。処理速度の変化は極めて僅かな感覚でしか体験できませんが、アプリケーションを小まめに切り替える場合はとてもスムースです。内部メモリが2倍になったお陰で切り替え先のアプリが再立ち上げ状態になる事が無くなりました。
ブラウザーなどでは切り替え時に再読み込みが行われないので、データー通信量が減って電池の減りが少なくなります。
指紋認証も早くなり、手にして直ぐに使えるのは有り難いですね。
まだまだ、改善されたポイントは多く、iPhone6とは別物と思いました

 

 

6から6sへ

6でも、特に不満なく、満足して使用しておりましたが、訳あって6sに。

6からの差はほとんど感じられませんね。
しかし、確実に新しい機能も搭載されており
4k動画が記録できるなど、、、。

5SEと最後まで悩みましたが、このサイズのiPhoneも、慣れてくると、悪くないかと。
Xperiaとも悩みましたが過去にXperiaはz2から4まで使用しており、iPhoneと比較すると
カタログ値だけでは判断できない使用感などで、iPhoneに軍配が上がりました。

良いか悪いか、は別としてiPhoneを一度使い
仲間や家族もiPhoneを使い共有などのアップルサービスをフル活用すると、なかなかAndroidへの移行は難しくなってきます。

スマートフォンって、そもそもなんだろ?
そう考えた時に、やはり一番iPhoneがスマートフォンらしいスマートフォンになるかもしれません。主観にはなりますが、メニュー画面など、Androidよりもシンプルで見易く、使いやすい。

未だに、この定価値段なのにフルHDすら6sにはのってませんが、画面はとても綺麗であり、電池持ちにも貢献をしており、総合的にとてもバランスのとれた機種だと改めて思いました。

防水、お財布、ワンセグ?なども相変わらずありませんが、代わりに発熱や再起動、モッサリすることやカクカクすることもほとんどありません。

速度は何にも代え難い

ちょうど2年使い続けた5s。正直惰性で買い替えました。今さらAndroidにメインを移すのも面倒ですし。

【デザイン】
正直5系、4系の角張ったフォルムの方が好みです。大きさと持ちやすさを両立させるにはラウンドフォルムは致し方ないとは思いますが。

【携帯性】
5sから一回り大きくなりましたが、携帯性として問題はないでしょう。

【ボタン操作】
3DTouchは面白いですね!使いどころが分からないなんて無粋な文句はやめましょうよ。今まで無かった体験にお金を払ってると考えれば僕はアリだと思いますよ。サードパーティーのアプリが対応してくるとまた変わってくると思います。

TouchIDの認識速度が凄まじく速くなっています。ロック画面の通知を確認しようとホームキーを押して画面を点灯させただけでロック解除まで行われてしまい、ある意味勝手は悪いかも。
ほとんど一瞬タップしただけで認証。

【文字変換】
キーボードを押し込んでカーソル移動が出来るようになりました。Androidのカーソルキーによる操作より使い勝手は良いです。
普段はATOKを使っていますが、変換精度は十分かと。

【レスポンス】
速い。
4sから5sに替えた時も速さに驚きましたが、それ以上。動作速度としてはそこまで変化はありませんが、RAMが2GBになったことにより、バックグラウンドからのアプリの復帰が速くなったり、Webページのリロードが行われることが減ったりと、体感速度としてはかなり速くなっています。

6の時におとなしくRAM2GBにすればよかったものを。

【画面】
手が小さい自分には6sの大画面は辛いか、とも思いましたが、いざ使ってみると一時間もすると慣れていました。一目で見れる情報量が増えるのはいいですね。

同じRetinaでありながら5sより綺麗に見えます。

【バッテリー】
一日使うのには十分。特筆してスタミナがあるわけではないので一部のAndroidには勝てないですね。

【総評】
いつものiPhoneです。
デザインが正直好きではない以外は。
劇的に変わったことはありません。ただ、いつもと同じことをよりストレスフリーに、高速で行えることにやはり価値を見出すべきではないでしょうか。スマートフォンが新しい体験を与える段階はもう終わり、ここからはユーザー本位で使っていく段階です。

iPad Air2を超える処理能力はすべてを確実に速めています。「唯一変わったのは、そのすべて。」ってそういうことを言いたかったんじゃないでしょうか。

5sから乗り換え

題名通り、iphone5sから乗り換えました
特に違いを感じたことを書きます・携帯性
当たり前のことですが、5sより大きくて重いです。
ディプレイでいうと0.7ほど、幅でいうと1cmほど大きくなりましたが思ったより持ちづらいです。
まぁこういうのって、慣れの問題もあると思いますが。。。・レスポンス
段違いです。特にゲーム(例えば、白猫プロジェクト)は快適にできます。
5cの3倍くらいのスペックです。・その他
今回の売りである3Dtouchやカメラは、良さが分かりませんでした。
特に3Dtouchは使いどころが分からないです。まだ、純正のアプリくらいしか使えないからですかね。
指紋認証は5sより精度は上がっていると思います。とてもスムーズにロックを外せます。・全体の感想
コアな人(3Dゲームなど処理能力が必要な人、新しいものが好きな人)にはいいかもしれません。
普通の携帯としては、今ならiphone6のほうが安く手に入ると思うで、そっちのほうがいいかもしれません。個人的には、満足しています。

Androidからの乗り換え(HTC22)

2016年4月にAndroidから乗り換え。

【デザイン】
丸っこいのが持ちにくい。スピーカーの穴が目立つ。ガラスが割れやすい配置にある。それ以外はまあまあ。色は良いので+1点。
【携帯性】
かさばるケースではなく、ぴったりしたケースなので、悪くない。もう少し小さくてもいいかなぁ。
【ボタン操作】
押しやすくはない。音量の大小を時々間違える。指紋認証はスゴく良い。
【文字変換】
やりづらい。IMEに限らずゲーム以外のアプリ面ではAndroidより数段劣る。
【レスポンス】
今はバグもほぼ解消され最高に良い。
【メニュー】
わけわからないものがプリインストールされているのはメーカー品なのでしょうがない。
設定画面とかもわかりにくいが慣れるはず。そもそも気にしてない。カレンダーに祝日や祭日の表記がないのが残念。
【画面表示】
画面明るさの自動調整は優秀。
【通話音質】
問題なし。Androidより数段良い。
【呼出音・音楽】
バイブが弱すぎて気付かないことと、スピーカーの位置が最悪。
iPhoneで音楽は聞かない(主にゲーム用なので)
【バッテリー】
Androidとは比べるべくもなく良い。充電も超早い。何より熱くなりにくい。
【総評】
ゲーム専用機としてみたら最高です。それ以外の文字入力やアプリの完成度などの使い勝手は悪いので、
「ゲームやらない」「音楽聞かない」という人はこれを買う意味は皆無。

機種として、とても素晴らしい!

【デザイン】
6のときはゴールドだったので
今回は前面がブラックのスペースグレイをチョイス。
シュッとしててよいです^_^
背面ケースで裏のデザインは隠れてます。デザイン的には5あたりのが好みではあります。
ただこの薄さには惚れぼれしています。
丸っこくなったデザインも、
この薄さで一気にスタイリッシュになりますね。
【携帯性】
カバンの中に入れてしまうので気になりません。
かなり薄いので嵩張りにくい点が気に入ってます。
前回6のときは皮の手帳型を使ってましたが
今回は出来る限り薄さを邪魔させたくなくて
パンチング仕様のステンレス製背面ケースを使用。
うっすらリンゴマークが透けて見えて気に入ってます。6より重くなりましたね。
6sに変えた初日、指を痛めました(笑)
すでに慣れたのでもう問題ないですが、
できたら6の重さに保ってほしかったです。【ボタン操作】
6にするまではずーっとAndroidでした。
はじめは下側にホームボタンのみというのに慣れませんでした。
アプリから直接メニュー開いたり、
戻るボタンが出来なかったので。
今となってはiPhoneのシンプルさに感服。Safariなら画面を両端からそれぞれサッとなぞれば
戻る、進むが簡単に出来ますし、
新たに追加された画面左上に表示される
前のアプリに戻れる表示は大変便利!
Androidのときは、アプリからの設定だったり設定画面からの設定だったりで
一本化されてない感じで迷うともありましたが
iPhoneなら、とにかく設定画面へ行けばよい!
迷ったら設定画面へ。
osとソフトのシームレス感がgoodです^_^
アプリ開いてるときに、そのまま設定画面へいける機能なんかがあればさらに嬉しいんですが。
3Dtouchあたりで対応してくれないかな。【文字変換】
標準アプリはダメダメですね、、
ヤフーの入力アプリを利用してます。
他のアプリとの連携などはAndroidに全く及びません。
このあたりもうちょい頑張って、、【レスポンス】
6を初めて使ったときも感動しましたが、
6sはさらにすごいです。
Safari開いてると「いつ読み込んだんだ!?」くらいに速いときが多々あります。
オフラインで見てるのかと思うくらい。
指紋認証は爆速です!認証されてる感がゼロです(笑)
指の動きと画面の動きに違和感がないので
長い時間使ってても疲れにくいんですよね。【メニュー】
上にも書いたように、シンプルさに感服!
バックアップや復元も素晴らしいです。
アプリのデータごと丸々移せるなんて。
煩わしい設定や下準備など必要なくて、
バックアップして→復元するという非常にシンプル。
なのに、復元力が半端ない。
iPhoneてどんなもんなんかなー?程度に、前回の6を買った自分でしたが
この機能だけで、「もうずっとiPhoneがいい」と思いました(笑)Androidでのカスタマイズ大好き人間でしたが、
iPhoneのシンプルさ使いやすさに慣れると、
もう離れられないーと感じてます。
iPhoneに変えてすぐ思った訳ではなく、
じわっじわっっと感じてきましたね。【画面表示】
綺麗です^_^
しかしAndroid機種もとても綺麗。
大型テレビでもあるまいし、このサイズですし、
ここまで技術が進んでいると素人にはもう
いまでテッペンなんじゃないかと思うほど綺麗です。【通話音質】
とくに問題を感じません。【呼出音・音楽】
音質については詳しくないので。
とても綺麗に聴こえてきます。
アップルミュージックが便利で活用してます。【バッテリー】
Androidよりかなり少ないはずなのに、
すごい持ちますね。
夜寝る前に100%になってたので充電はずして、
朝起きて、しばらくしてから画面つけてみると
スリープ八時間経ってたのに100%だったのには驚きました(笑)夫のiPhone6も、
朝仕事に行く前に充電から外し、職場では充電せず、
ラインを少し、ネットをほんのちょっと。
12時間後家に帰ってきて見てみたら、まだ97%!画面つけて操作してるとちょびちょび無くなりますが
待機中の消費のなさは凄すぎますね。ゲームをしていると、すごい勢いで減っていきす!【総評】
夫のスマホを変えることになり、
SIMロック解除できるようになるし、わたしもiPhoneだしということで、
6sを買おう!ということになりました。
結局夫はわたしの6でいい、ということで
思いがけず自分が、6sに変更となりました。6でも十分にサクサクです。
3Dtouchもいまのところほとんど使ってません。
こまかーーなところで処理のアップを感じますが、
無理してまでも6から変更を!とまでの大幅な変更はないですね。ただ、機種としてのiPhone6sは大変素晴らしいです!

安心のアップルブランド

【デザイン】シンプルでとても美しいです。iPhoneはやっぱり良いですね。

【携帯性】ケースを使用しているので無評価です。ですがサイズは大きくて使いづらいと思ったことはないです。

【ボタン操作】シンプルでとても使いやすいです。

【文字変換】Androidには敵わないですね…ですが使いづらいということはないので星4です。

【レスポンス】途中でカクつくこともなくとてもスムーズです。AQUOSphone SERIEからの移動だったので尚のことそのスムーズさに驚きました。

【メニュー】分かりやすい!の一言ですね。
Androidの方は慣れるまで時間がかかりましたがこちらはすぐ慣れました。

【画面表示】見やすくて良いです。

【通話音質】音質の違いはよくわかりませんが切れることもなく普通に良いと思います。

【呼出音・音楽】デフォルトのままですが可愛い効果音で良いと思います。

【バッテリー】1日持つのでとても助かります。

【総評】iPhoneはやっぱり裏切らないですね。
今後の乗り換えでもiPhoneにしたい。と思わせるような安心感です。

プッシュ通知を
ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!
LINE始めました
友だち追加←ぜひ活用してください(^^)

ワイモバイルのことなら、どんどん聞いてください(^^)

仕事の都合上、すぐ返信できないことがあるかもしれませんが、わたしでお手伝いできることがあればどんどん言ってください。

ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。

 

ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

 

 

スマホには、大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、

実は、3パターンあります。

「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。

 

ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。

 

 

サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。

 

 

店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、

 

双方にメリット、デメリットがあります。

 

目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。

 

そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

店員さんがいるから直接説明が聞ける
スマホを実際に触れることが出来る

店員さんがいるから直接説明が聞ける

 

 

やっぱり、対面での接客はその場で回答をもらえることもありますし、悩みや相談に乗ってくれるので有難い存在ですね。

 

そのまま購入まで順序立てて説明してくれるので、嬉しいですよね。

 

スマホを実際に触れることが出来る

 

 

スマホの本体の重さや、感触などを実際に触れることが出来るのは、店舗の最大のメリットだと言えます。

 

 

質感や重さなどの感覚を重要視されているかたは、店舗での確認をおすすめします。

 

 

また、格安ブランドに関しては、ほとんど店舗を置いていないので商品確認は出来ないです。

ワイモバイル店舗受付のデメリット

 

ワイモバイル店舗受付のデメリット

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる
Mプラン以上の料金プラン必須
待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い
いつ対応してもらえるか分からない
店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある
在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる

 

 

 

 

店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。

もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。

 

これはワイモバイルに限ったことではありません。大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。

 

例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。

 

必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。

個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。

 

何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。

 

最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。

 

 

Mプラン以上の料金プラン必須

 

 

 

 

こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。

Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。

 

 

背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。

もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。

 

 

待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い

 

 

これも、店舗ならではのあるあるです。

 

やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。

 

アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。

 

やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。

 

また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。

 

つまり、1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。

 

特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。

 

人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。

 

店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。

 

いつ対応してもらえるか分からない

 

 

 

上記のような状況となりますので、いつ対応してもらえるのかは、神のみぞ知るというレベルです。

 

新規のお客様であれば登録手配を進めることと、オプション加入をすすめるだけですので、一時間ほどで完了しますが、番号そのままで使えるようにするMNP手続きに関しては、これまでつかっているスマホ会社からMNP番号を取得する必要があるため、一時間で終えることは至難の業です。

 

自分自身の順番の前に新規登録や、MNP受付が発生している場合は一度店舗を出て、他の用事を済ませてから再入店するほうが効率的かもしれません。

 

店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある

 

 

店舗のメリットとして掲げている、スマホ本体の実機確認が出来ないことも多いです。
私が住んでいる近くのワイモバイルショップでは、動いている実機はなく、全てモックアップ(模型)の展示だけでした。
確かに、重量や質感は感覚としてわかりますが、やはり、動かない実機に触れても意味がないと思います。
そのような店舗もありますので、あまり期待値を高くしていくとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

 

 

 

 

月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。

 

基本的に2~3名体制のお店がほとんどなので、休憩時間を考慮すると、8時間-休憩1時間なので、7時間体制×3名=最大21件の申し込みということになります。

 

ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか?

 

やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。

 

店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

店員さんから直接説明は聞けない
自己責任での申し込み
実際に手に取って触れることが出来ない

店員さんから直接説明は聞けない

 

 

オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。

 

とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。

 

 

また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。

 

そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。

 

 

自己責任での申し込み

 

 

これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。

 

ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。

 

とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。

 

それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。

 

それは、キャンセルです。

 

商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。

 

キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。

 

※ワイモバイルのキャンセルの定義※

 

 

実際に手に取って触れることが出来ない

 

 

 

 

オンラインならではのデメリットになりますが、やはり実機の確認はできません。

 

でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。

 

商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。

 

通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。

 

私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。

 

中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。

ワイモバイルオンライン受付のメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のメリット

オンライン限定割引があることが最大の強み
圧倒的に手軽
最短当日発送
交通費がかからないし、送料無料
不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る
待たされない24時間好きなタイミングで購入できる
わからないことはチャットで問い合わせできる
キャンペーン適用漏れがない
夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく
子供が寝静まった深夜に契約内容・オプションをじっくり考えながら手続きする
店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

オンライン限定割引があることが最大の強み

 

ワイモバイルではオンライン申し込みに力を入れています。

 

これは、店舗での業務ひっ迫を軽減することにも繋がりますし、人件費が発生しないオンラインに注力するのは当然のことだと思います。

 

オンライン限定でスタートしたiPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーン

 

>>>>>iPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーンはこちら<<<<<

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

 

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

ほかにもたくさんのキャンペーン・おすすめ情報があるので、ぜひご覧ください。
とてもじゃないですが、このページの中ではご紹介しきれませんので、ぜひ下にあるリンクからご確認ください。

>>>>>キャンペーン・おすすめ情報はこちら<<<<<

ワイモバイルは圧倒的に手軽

 

 

 

オンラインでの申し込みは、自宅にいながら申し込みが出来ますし、必要な書類はそもそも自宅にあるので圧倒的に手軽です。

待たされることもありませんし、自分のペースで進めれるから急かされることもありません。

 

自分自身が納得できるペースで進めることが出来るので安心して進めることが出来ます。

 

長い方で一週間ほど申し込みに時間をかけてゆっくり申し込みされているかたもいらっしゃるようです。

 

早いかたであれば、10分程度で申し込みをされている方もいらっしゃいます。

 

どちらにしても、手軽にじぶんペースで進めることが出来るのは手軽で良いですね。

 

最短当日発送

 

申し込みが終わったら、今度は一日も早く商品を受け取りたいですよね?

 

ワイモバイルなら最短当日発送なので、地域によっては最短翌日には到着します。

 

店舗だと、在庫がなければ一週間程度待たされる場合もありますが、オンラインなら在庫は豊富です。

 

対応している件数が店舗とは桁が違いますので、やはり対応速度は最速だと思います。

 

 

交通費がかからないし、送料無料

 

店舗にいくには、交通費がかかりますし、移動時間も必要です。

 

必要書類が無ければ、最悪の場合自宅に取りに帰る必要がありますし、店舗に戻ってきても即対応してもらえるとは限りません。

 

それに、自宅に戻るなんてケースの場合は交通費と時間が倍かかってしまいます。

 

オンラインなら、交通費や移動時間はゼロ、不要な出費を抑えたいワイモバイルなので、送料ももちろん無料です。

 

あんしんして申し込みが可能です。

 

不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る

 

オンラインの最大の強みと言える部分になります。

 

店舗の半強制オプションに加入する必要がないので、本気で最安値で申し込みが可能です。

 

せっかく、月額料金が安くて維持費が魅力的なワイモバイルなのに、不要なオプションに加入させられまくって高額なスマホになってしまっては元も子もありません。

 

ワイモバイルの価値を最大限引き出すためにも、オンラインでの申し込みを強くお勧めします。

 

待たされない24時間好きなタイミングで購入できる

 

お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。

 

お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。

 

でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。

 

ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。

 

お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。

 

ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。

 

わからないことはチャットで問い合わせできる

 

 

ワイモバイルにはチャットサービスがあります。パソコンはもちろん、スマホでの申し込みでもチャットサービスが使えます。

基本的に24時間対応出来ますが、オペレーターでの対応を希望される場合は9時~18時までの時間となりますのでご注意ください。

もちろん、チャットサービスでの対応は無料になっていますので、気になることはしっかり確認してください。

 

チャットサービスの良いところは、料金面など対面では聞きにくい部分がチャットだと遠慮なく聞けることです。

 

どんどん活用していきましょう。

 

キャンペーン適用漏れがない

 

ワイモバイルなら、店舗とは違って専用のフォームでの申し込みとなりますので、キャンペーンの適用漏れはありません。

 

店舗の場合はずっと続くお客様の対応で、やはり適用漏れや案内漏れなどの発生の可能性がありますが、オンラインでは適用漏れは皆無です。

あんしんして申し込みが出来るところもオンライン申し込みの良さですね。

 

夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく

夜21時以降に始まる「タイムセール」などは、毎日少しずつラインナップが変わっていきます。

 

 

 

店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

 

 

オンラインで申し込みをしたら、店舗では対応してくれないのではないか?という不安をお持ちのあなた!

 

オンラインで申し込みを行っても、店舗で申し込みを行ってもワイモバイルのお客様であることに変わりはありませんので、故障や破損、電池の交換など、何か困ったことがあれば店舗でも受け付けは可能です。

 

また、店舗でメリットがあるとしたら、修理対応であったり、操作方法がわからない場合はちゃんと対応をしてくれるところです。

 

店舗とオンライン、双方にデメリットもありますし、メリットもあります。

 

ちゃんと切り分けてお付き合いするのが賢いやり方です。

 

そもそもワイモバイルへ申し込みを行うメリット

 

ヤフープレミアム会員費無料
格安SIMで圧倒的な通信速度
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
ヤフープレミアム会員費無料
キャリア決済が使える
全国に1,000店舗以上ある
料金プランがシンプル
基本料金プランが安い
2018年9月にデータ容量が増量
10分以内の国内通話無料
完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額
60歳以上の方はかけ放題
無料でプラン変更可能
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
キャリアメールが使える
家族割で料金割引
光回線のおうち割で月1000円割引
Android Oneの新機種続々
SIMフリー端末も続々発売
iPhone7がついに発売!
iPhone6S・iPhoneSEが買える
LINEも使えてID検索もOK
機種変更で2年間データ増量延長
紹介しきれないぐらいに、オンラインのメリットは盛りだくさんです。
ぜひ、活用してみてください♪