【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!

【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

オンライン限定で、とうとうX2が540円で手にはいるようになりました。

 

 

これまで、X2に手が出せなかった方には超絶お得な朗報です。

 

誰かにみせたくなる、全面ガラスデザインのリキッドサーフェスデザイン!

 

 

Android One X2の特徴
おサイフ対応

ハイレゾ対応

andoroidoneシリーズで唯一のエッジセンス

最新のandoroid 9.0verが使える

急速充電対応だから、ここぞという時に強い

あんしんの指紋認証

 

おサイフ対応だから「ぴ」で決済、だから快適!

 

毎日の通勤や通学、コンビニで使えるおサイフ機能は本当に便利です。

わざわざバックからサイフを出す必要はありませんし、必要なときに、持っているスマホを「ぴ」とかざすだけ。

一度使うと、離せなくなってしまう機能です。

 

 

 

ハイレゾ対応だから、毎日の通勤、通学が楽しくなる!

 

 

音声はハイレゾ音声だから、とってもクリアな音質で音楽が聞けます。

それだけではありません。このアンドロイドワンX2なら4K画質で映像が撮影できるので、とってもキレイな画質で残せますし、このアンドロイドワンX2のレンズは非常に明るく撮れる機能がついているので、夜間でも綺麗な画質で映像を残すことが出来るのです。

 

 

andoroidoneシリーズで唯一のエッジセンス搭載だから、スマートに使える

 

エッジセンス機能はアンドロイドワンシリーズで唯一X2にしか搭載されていない機能になっています。

画面にふれることなく「ぎゅ」「ぎゅ」と握るだけで、地図の拡大をしてくれたり、電話をかけてくれたりするとても使いやすい機能です。

「ぎゅ」に合わせて、自分好みにカスタマイズも可能ですので、よく使うアプリなどを設定しておいて、株価や為替などに連動させておいて、チェック機能として使うようなことも可能です。

 

最新のandoroid 9.0verが使えるから快適、あんしん!

 

今回、アンドロイドワンX2はこれまでにない価格での提供が出来ていることが大きなポイントになります。

確かに、2017年冬モデルになっているので、時間の経過は否めません。

でも、中身は最新OSが搭載されていますし、スペックに関しては、現在発売されているSシリーズはもちろん、やはりXシリーズスマホとして君臨している能力は健在です。

スタイリングもそうですが、唯一無二のスタイルですので安心してお使いください。

 

急速充電対応だから、ここぞという時に強い

 

スマホを選択する際に、案外忘れてしまっているのが、急速充電機能です。

朝、充電し忘れた!なんて時に、15分でも充電しておけば当日は問題なく使えます。

スマホを選択する際に、この急速充電に対応していないスマホはどんなに能力が高くても買うべきではありませんよね。

このアンドロイドワンX2は安心です。

 

あんしんの指紋認証だから、スマートログイン

 

いまどき、パスワードを入力しなければいけないスマホはちょっと使いづらいです。

アンドロイドワンX2は当然ですが、指紋認証対応です。

 

必要な時に指を載せるだけ。

 

快適なスマホライフを楽しんでみてくださいね。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

バランスはいい!
満足度 5
デザイン
4
携帯性
5
レスポンス
5
画面表示
5
バッテリー
5
カメラ
無評価
バランスはいい!
【デザイン】
ブルーは指紋がとにかく目立ちます。
アイスホワイトはそれほどでもないですし、うっすらブルーでオシャレです。
ただ前面のベゼルが真っ黒なので、操作時はカラーを感じられません。【携帯性】
z3 compactからの機種変更ですので大きく感じます。でも薄い。
スーツの内ポケットに入れても形は崩れません。
【ボタン操作】
反応はいいです。
不満なし。【文字変換】
xperiaしかスマホを使ったことがないので、Poboxに比べるとGoogle日本語入力は見劣りします。【レスポンス】
充分。スクロールがあまり滑らかではないくらい。
カメラアプリがシンプルすぎると思ったけど、プロモードでしっかり調整できるので心配なし。【メニュー】
素です。
自分でいじれる楽しさはありますが、メーカーアプリが当たり前と思っていると、最初は戸惑います。【画面表示】
きれいです。
こちらは文句なし。【通話音質】
違和感なく遅延もなし。【呼出音・音楽】
呼出音はスマートウォッチ使用のためわかりません。
音楽は付属イヤホンでも大満足。
xperia以外でノイズキャンセリングが使えるなんて嬉しい限り。
これに変えられたのもこのおかげ。【バッテリー】
公表待受時間は無視しましょう。
1日しっかり使えます。
本当ですよ。

【総評】
バランスがいいの一言。
ノイキャン、おサイフ、カメラ、ストレージとメモリ容量。

買って損はきっとしないと思います。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

RAM4GBは伊達じゃない

同キャリアの404SHからの乗り換えです。寝かしていたPHS回線を一端解約し、新規契約で購入しました。

プランM(1年間データ量2倍)で契約し、月額割、家族割、ワンキュッパ割、PHS乗り換え割等を併用して、月々の支払が2000円(3カ月後)で済んでいます。

10分間何度でも通話無料、6GB通信可能で月2000円、なんだか涙が…。

仕事上水場でも使用し、前機種がRAM3GBでカクカクだったので、防水とRAM4GBは最低条件でしたが、エッジセンスやハイレゾノイキャンまで付いていて、非常に満足しています。

【デザイン】
シンプル・イズ・ベストで割と好きです。これと言って特徴もないので、評価が難しいです。

【携帯性】
薄くて丸くて持ちやすい。縦には長いですが、横幅、厚みは丁度良いです。

【ボタン操作】
サイドキーはちょっと押しにくいですが、ホームボタン兼指紋認証センサーは誤認することもなく使いやすいです。ケースを付けているとエッジセンスが誤作動するのが残念。

【文字変換】
普通です。可もなく不可もなく。

【レスポンス】
最高です。ヌルサクとはこう言うことですね。3Dゲームでもほとんど処理落ちせず、非常に快適です。

【メニュー】
ちょっと分かりにくいですね。素のandroidはこんなものでしょうか。

【画面表示】
すごく綺麗です。LEDよりも自然で、IGZOよりも高コントラスト。赤の描画が本当に美しい。

【通話音質】
安定のVolteですね。十分すぎる音質です。

【呼出音・音楽】
スピーカーは普通です。ハイレゾとオーディオプロファイルの自動生成はすばらしい。でもBluetoothで音楽聞くからあんまり意味無いかも。

【バッテリー】
うーん、やっぱりあんまり持たない。ゲーム1時間で20%消費。日常使用なら問題ないと思います。

【総評】
RAM4GBは伊達じゃないですね。ヌルサク具合が半端じゃないです。しかも2画面表示可能で、攻略情報見ながらゲームしたり、お店調べながらマップを見たり。出来ることは少ないですが、ガラケー時代も使っていたお気に入りの機能なので、OS標準で付いてくれてありがたい。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

iPhone7→x1→x2

【デザイン】最近はどれも似たような物です。悪くはありません。ここは個人差の範囲ですね。

【携帯性】x1と比べてとても軽く感じます。携帯しやすく、手も疲れにくいです。バッテリー容量を犠牲にした恩恵でしょう。裸だと滑りやすいのでケース必須です。防水機能が欲しかったので、HuaweiやXiaomiも魅力的ですが候補から外れました。

【ボタン操作】いいと思います。特にx1と比べて指紋認証ボタンがホームボタンになっている所はとてもいいですね。x1はホームボタンにはできず、認証のみでしたので。

【文字変換】ここはアプリ次第ですが、プリインストールは特に使いやすい訳ではないです。

【レスポンス】いいです。RAM4GBの恩恵です。タスク多数でも今の所重くなっていません。また、指紋認証の精度も高く感じます。x1では失敗が多かったのですが、x2ではほぼ一発で認証スピードも早いです。精度に関してはiPhone7より高く感じます。ストレスなしです。

【メニュー】ADWを使用してます。無料でバッチ機能もあり、レスポンスもいい、オススメです。

【画面表示】並です。特に感動するような綺麗さはありませんが不満もありません。カメラに関してはスナップ程度なら十分満足のいく画質です。撮影時は細かく設定はありませんが、撮影後の編集機能が優秀です。アウトイン共に高画素でそこそこの写真は撮れます。オートフォーカス、シャッタースピードもストレスを感じません。x1以上、iPhone7以下です。

【通話音質】普通です。ただ、通話時にスピーカーで話すことが多いですが音量が大きく聞こえやすいです。x1のスピーカーは使い物にならない代物だったので。。

【呼出音・音楽】不満はありません。動画再生時も音量も大丈夫です。同梱のハイレゾイヤホン、初めてハイレゾを体感しましたがすごいですね。今まで使ってきたイヤホンとは音質が確かに違います。中低音の太さがしっかりしていて、わざわざイヤホンをして動画を見たりします。typeCケーブルの端子なのはイマイチですが。

【バッテリー】不評を見てから購入したため先入観があったのか、そこまで悪いとは思いません。長持ちとは思いませんが、割とヘビーですがバッテリーが切れて困るというようなレベルではないのでご安心を。車通勤で、職場でも充電環境が整ってますのでこれくらいあれば心配なしです。x1は長持ちが売りでしたので、さすがに勝負になりませんが。バッテリー容量やSocの違いを考慮すれば頑張っているのではないでしょうか。もちろん、不要アプリ無効化などの対策済での感想です。

【総評】x1を数ヶ月使用して、RAMの少なさによるアプリ落ちや、エントリーモデル並の少し非力なSocに少しストレスを感じていました。x3と迷いましたが、バッテリーを取るかRAM、ROMを優先するか…
バッテリーは環境やモバイルバッテリーなどで対策できますが、特にRAMに関してはお手上げになりますのでx2となりました。iPhoneとは比較対象にはなりませんが、Androidoneの中では優秀な機種だと思います。もう少し価格が安ければ文句なしですね。自分なりのカスタムを楽しみながら大事に使っていこうと思います。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

予想より良かったです。

Nexus 5Xからの機種変更です。

【デザイン】
デザインは可もなく不可もなくですが、もう少しベゼルを狭くしてほしかった。
あと、指紋は目立ちますね、ケースをつけているので気にならないですが。

【携帯性】
Nexus 5Xとあまり変わらないです、気持ち薄いかなと。

【ボタン操作】
指紋認証兼ホームボタンのレスポンスはとても良いです。

【文字変換】
ATOKを使用しているので無評価です。

【レスポンス】
特に遅いなどと思ったことはないです。
ただ、メモリがNexus5Xの倍あるため、複数アプリを起動しても快適です。

【メニュー】
Nexus5Xを使用していたので特に問題なし。

【画面表示】
キレイだと思います。

【通話音質】
Nexus5Xより、良いと思います。

【呼出音・音楽】
スピーカーの音はあまりよくありません。
Bluetoothで音楽を聴いていますが、LDAC、aptXHDに対応しているため、ワイヤレスでも楽しく音楽を聴けています。

【バッテリー】
時間が短いと聞いてきましたが、想定していたより全然持ちます。

【総評】
機種変更してよかったです。
Bluetoothのコーデックの対応も最新に対応しているのでプレーヤーとしての活躍しています。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

NEXUS6の後継として
約三年程使ってきたNEXUS6ですがバッテリーのヘタりやアップデートの終了を機にX2に機種変しました。
ワイモバがPixelを出してくれたら良かったのですが.....
【デザイン】
流石はHTCですね。素晴らしいと思います。
ただ色が二色しかないのはちょっと.....
個人的にはマッドブラックやレッドがあれば良かったかな。
【携帯性】
NEXUS6からの機種変ですので断然に良いですね。
2台持ちでハードな仕事をしている身としてはありがたいです。
【ボタン操作】
基本、片手で操作することはなく素のAndroidなので違和感なく使えてます。
エッジセンスも上手く設定すると使いやすいです。
【文字変換】
そのままGoogle日本語入力を使用してますので特に違和感なく使えてます。
私用で使ってるnova liteと同じサイズだけど打ち間違えが少ないのは気のせい.....
【レスポンス】
RAM4GBのおかげなのかsocがミドルスペックのSD630でも意外とサクサク動いてくれます。
【メニュー】
素のAndroidなので個人的には慣れてますがGoogle謹製ではない他機種のUIやキャリア独自UIからだと使い難いかも。
【画面表示】
視力はいい方なので特には.....
ただ長時間設定変更やベンチマーク取ったりして画面を見てましたが疲れにくいですね。
NEXUS6は外で太陽光の下だと見づらくなって不便でしたがX2はそんな事ないです。
【通話音質】
仕事用で正月休み中なのでまだ通話していませんので無評価。
【呼出音・音楽】
音は悪くはないですが昔使っていたHTL22の「迫力」にはかなわないですね。音にこだわっていたHTCらしくないのは残念です。
【バッテリー】
昔のHTCスマホはアメ車の如くバッテリーを消費していく感じでISW12HTに社外の大容量バッテリー装着した上でモバイルバッテリーを持ち歩いてました。X2はそんな事なく朝満充電した状態なら晩まで余裕で持ちます。いい意味でHTCらしくない。
また充電も3.4Aの充電器を使えるので50%代からだと100%まで一時間もかからない感じです。
【総評】
今回の機種変はGoogle謹製の「素のAndroid」スマホが絶対条件でしたのでX2で仕方無く妥協しましたがいい買い物だったと思います。
ただ、やはり6インチファブレットは欲しいですし、元々新興国向けのブランドがNEXUSシリーズの後継というのもなんとなく納得は.....。
ソフトバンクグループがもう少し力を入れてAndroid押してくれてれば出ていたのかなぁと思います。
使いやすいです。
【デザイン】
ブルーはホント奇麗ですね♪
ただ他の方も言ってるように指紋は付きやすいです。
当方は色付きケース使ってるので指紋は付きませんが、
奇麗なブルーも見えません。(^_^;)
クリアケースがお勧めです。
【携帯性】motoG4purasuより小さく軽いので、
女性の方には持ち運びは楽と思います。【ボタン操作】指紋認証は早くて正確です。
motoG4plusは認識ミスが多すぎて・・・
ただ指紋認証でスリープ機能は欲しいですね。
motoG4には付いていたので。【文字変換】Googleなのでそれなりかと。
今はsimejiにしてます。【レスポンス】当方のレベルでは早いとか遅いとか?
そう言うのはよく判りませんが・・・
かなり良いのは間違いないかと。【メニュー】

motoG4plusよりはアプリ入ってますが、
それでも他のキャリアよりは少なくて良いです。
デザインは嫌いではありません。

【画面表示】

とても奇麗だと思いますが、
照度の調整がautoだと少し暗いかなと。
この辺りは好みだと思います。

【通話音質】

めったに通話はしないので気になりません。
特に聞き取りにくいとか?
そう言うのは無いかと。

【呼出音・音楽】

インストールされてる種類が少なくて、
その辺りはちょっと不満です。
せめて普通のベル音とか?あっても良いのでは。

【バッテリー】

容量の割には持ちは良いと思います。
1日にネット閲覧1時間程度、
LINE等のやり取り1日20回くらい、
動画の閲覧20分程度。
このくらいの使用なら2日は余裕かと。

【総評】

HTC ISW12HTからHTC J ISW13HTと2台使って、
しばらく他の海外製を使って以来の回帰です。

今回の機種変以前はYmobileのsimでmoto G4 plusを使っていて、
不具合等があった訳では無いですが・・・
もう少しだけカメラ性能が良いのが欲しくなり、
ちょうどYmobileよりAndroid One X2の発売を知り期待を込めて機種変しました。

以前も思いましたが総じてhtcの製品は使いやすいかなと。
細かい機能やスペックを言えばキリがないですが・・・
当方の使い方ではこれ以上のスペックは宝の持ち腐れですね。

カメラの性能はmotoG4plusよりは良いですが、
標準アプリのautoだと夜の写真がいまいちかなと。
プロモードで細かい設定をすれば良さそうな?
そんなポテンシャル自体はありそうです。

普通にネット閲覧したり動画見たり、
インスタなどに写メ載せたりといった使い方なら?
十分満足できるのではって自分では思います。

 

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

 

 

アウトレットで540円は異常安

ワイモバイルでやっとミドルクラスの機種が出たと飛びついて早10ヶ月。いまさらながらにレビュー。

【デザイン】
どことなく8までのiPhoneチックなデザイン。液晶画面とは独立して指紋センサーを兼ねるホームボタンがあり、その横に戻るボタンとタスク切換えのボタンが配置されています。液晶画面に△◯□の表示がされない点が個人的には良かったです。背部のカラーもうっすら青みがかったホワイトがとてもきれいです。

【携帯性】
5.2インチの画面ですから胸ポケットには入れるのはおすすめしません。機能や大きさの割に重さは軽くポケットに入れてても気になりません。

【レスポンス】
LINEして通話してツムツムするぐらいならカクツキなんかすること無いです。PUBGもパフォーマンス画質ならそこそこ遊べます。ただ、アナザーエデンがストーリー魔獣王戦で止まって進めなくなってしまったのは残念でした。(iphoneSEやXperiaXPなら進めたので純粋に要求スペックの問題だと割り切ってます・・。)

【画面表示】
FHD画質なのできれいです。10ヶ月たった今では型落ち感は否めませんが・・・。

【バッテリー】
その容量から発売前にいろいろ言われてましたが、使ってみるとそこそこの持ちです。自分の使い方ならフル充電から15時間はもつくらいなので困っていません。スマホの充電頻度は使えば当然高くなるものです。

【カメラ】
綺麗です。Androidoneシリーズの中では随一の性能です。単純な画素数ならX1やX4の方がいいですが、HDRブーストの恩恵なのかわかりませんが実際に比較しても明らかにスマホで見る範囲ではX2の方がいいです。流石にXperiaにはかないませんが、よっぽどこだわらない限り満足行くと思います。

【総評】
当方新規でMプランで加入で実質540円で購入。価格相応だと満足しています。
防水でキャリアのサポートが受けることができて、そこそこスマホでゲームして、写真や動画も撮る人で2年間使うなら悪い選択肢ではないと思います。ワイモバイルで販売されているモデルと比較しても遜色ありません。ストレージもたっぷり64G、RAMも4Gあるのはこの端末くらいです。
ただ、あくまでミドルクラスの端末であると言うことを忘れてしまうと不満が出てくると思います。
あと、TypeCイヤホンは付いてるのでとりあえず音楽聞くのには困りませんが、有線式イヤホンは純正イヤホンしか認識してくれないので、音にこだわりたい人で純正イヤホン買いたくない!って人には別の選択肢にしたほうがいいと思います。X2は端末の性能はいいのにこういうところで損してる気がします。

 

>>>【超絶おトク】最新OSおサイフケータイ機能付きAndroid One X2が540円で手にはいる!21時のタイムセールが見逃せない!<<<

正直、高性能で驚いた
X1から訳あって、移行。X1との比較では、高速レスポンスだし、軽し、カメラ性能は段違いだし、ビックリです。
バッテリ容量は少ないですが、自分の使い方では一日十分もちますね。
会社支給のiPhone6よりは、はるかに良い製品ですね(ま、年式の違いで、当然と言えば当然だけど)。
5G時代まで、十分使い倒せる製品かと。
私的には、スマホが壊れてしまって、困っている方にも断然おすすめです。現在払っているスマホの機種代金を考えると、新たに機種代金を払うのは相当な負担になりますし、今回のアンドロイドワンX2はフラッグシップモデルにありながら、この脅威の価格設定になっています。
性能も充分過ぎるハイスペックモデルですし、防水、防塵機能もありますし、大手キャリアと同じおサイフ機能が格安ブランドで使えるのは唯一ワイモバイルだけです。
とはいえ、アウトレット品ですので、数には限りがあります。
実質、早いもの勝ちです。
購入は、交通費が無料なインターネット申し込みのみ、送料などももちろん無料ですので、不要なお支払は一切不要ですし、ワイモバイルの料金プランは一日あたり66円!
激安なのに、回数無制限で10分以内の通話料は0円、これ以上の条件を誇っている会社はワイモバイル以外にありません。
では、下のリンクからどうぞ^^
プッシュ通知を
ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!
LINE始めました
友だち追加←ぜひ活用してください(^^)

ワイモバイルのことなら、どんどん聞いてください(^^)

仕事の都合上、すぐ返信できないことがあるかもしれませんが、わたしでお手伝いできることがあればどんどん言ってください。

ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。

 

ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

 

 

スマホには、大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、

実は、3パターンあります。

「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。

 

ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。

 

 

サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。

 

 

店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、

 

双方にメリット、デメリットがあります。

 

目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。

 

そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

店員さんがいるから直接説明が聞ける
スマホを実際に触れることが出来る

店員さんがいるから直接説明が聞ける

 

 

やっぱり、対面での接客はその場で回答をもらえることもありますし、悩みや相談に乗ってくれるので有難い存在ですね。

 

そのまま購入まで順序立てて説明してくれるので、嬉しいですよね。

 

スマホを実際に触れることが出来る

 

 

スマホの本体の重さや、感触などを実際に触れることが出来るのは、店舗の最大のメリットだと言えます。

 

 

質感や重さなどの感覚を重要視されているかたは、店舗での確認をおすすめします。

 

 

また、格安ブランドに関しては、ほとんど店舗を置いていないので商品確認は出来ないです。

ワイモバイル店舗受付のデメリット

 

ワイモバイル店舗受付のデメリット

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる
Mプラン以上の料金プラン必須
待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い
いつ対応してもらえるか分からない
店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある
在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる

 

 

 

 

店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。

もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。

 

これはワイモバイルに限ったことではありません。大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。

 

例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。

 

必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。

個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。

 

何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。

 

最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。

 

 

Mプラン以上の料金プラン必須

 

 

 

 

こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。

Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。

 

 

背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。

もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。

 

 

待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い

 

 

これも、店舗ならではのあるあるです。

 

やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。

 

アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。

 

やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。

 

また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。

 

つまり、1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。

 

特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。

 

人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。

 

店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。

 

いつ対応してもらえるか分からない

 

 

 

上記のような状況となりますので、いつ対応してもらえるのかは、神のみぞ知るというレベルです。

 

新規のお客様であれば登録手配を進めることと、オプション加入をすすめるだけですので、一時間ほどで完了しますが、番号そのままで使えるようにするMNP手続きに関しては、これまでつかっているスマホ会社からMNP番号を取得する必要があるため、一時間で終えることは至難の業です。

 

自分自身の順番の前に新規登録や、MNP受付が発生している場合は一度店舗を出て、他の用事を済ませてから再入店するほうが効率的かもしれません。

 

店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある

 

 

店舗のメリットとして掲げている、スマホ本体の実機確認が出来ないことも多いです。
私が住んでいる近くのワイモバイルショップでは、動いている実機はなく、全てモックアップ(模型)の展示だけでした。
確かに、重量や質感は感覚としてわかりますが、やはり、動かない実機に触れても意味がないと思います。
そのような店舗もありますので、あまり期待値を高くしていくとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

 

 

 

 

月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。

 

基本的に2~3名体制のお店がほとんどなので、休憩時間を考慮すると、8時間-休憩1時間なので、7時間体制×3名=最大21件の申し込みということになります。

 

ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか?

 

やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。

 

店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

店員さんから直接説明は聞けない
自己責任での申し込み
実際に手に取って触れることが出来ない

店員さんから直接説明は聞けない

 

 

オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。

 

とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。

 

 

また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。

 

そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。

 

 

自己責任での申し込み

 

 

これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。

 

ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。

 

とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。

 

それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。

 

それは、キャンセルです。

 

商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。

 

キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。

 

※ワイモバイルのキャンセルの定義※

 

 

実際に手に取って触れることが出来ない

 

 

 

 

オンラインならではのデメリットになりますが、やはり実機の確認はできません。

 

でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。

 

商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。

 

通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。

 

私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。

 

中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。

ワイモバイルオンライン受付のメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のメリット

オンライン限定割引があることが最大の強み
圧倒的に手軽
最短当日発送
交通費がかからないし、送料無料
不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る
待たされない24時間好きなタイミングで購入できる
わからないことはチャットで問い合わせできる
キャンペーン適用漏れがない
夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく
子供が寝静まった深夜に契約内容・オプションをじっくり考えながら手続きする
店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

オンライン限定割引があることが最大の強み

 

ワイモバイルではオンライン申し込みに力を入れています。

 

これは、店舗での業務ひっ迫を軽減することにも繋がりますし、人件費が発生しないオンラインに注力するのは当然のことだと思います。

 

オンライン限定でスタートしたiPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーン

 

>>>>>iPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーンはこちら<<<<<

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

 

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

ほかにもたくさんのキャンペーン・おすすめ情報があるので、ぜひご覧ください。
とてもじゃないですが、このページの中ではご紹介しきれませんので、ぜひ下にあるリンクからご確認ください。

>>>>>キャンペーン・おすすめ情報はこちら<<<<<

ワイモバイルは圧倒的に手軽

 

 

 

オンラインでの申し込みは、自宅にいながら申し込みが出来ますし、必要な書類はそもそも自宅にあるので圧倒的に手軽です。

待たされることもありませんし、自分のペースで進めれるから急かされることもありません。

 

自分自身が納得できるペースで進めることが出来るので安心して進めることが出来ます。

 

長い方で一週間ほど申し込みに時間をかけてゆっくり申し込みされているかたもいらっしゃるようです。

 

早いかたであれば、10分程度で申し込みをされている方もいらっしゃいます。

 

どちらにしても、手軽にじぶんペースで進めることが出来るのは手軽で良いですね。

 

最短当日発送

 

申し込みが終わったら、今度は一日も早く商品を受け取りたいですよね?

 

ワイモバイルなら最短当日発送なので、地域によっては最短翌日には到着します。

 

店舗だと、在庫がなければ一週間程度待たされる場合もありますが、オンラインなら在庫は豊富です。

 

対応している件数が店舗とは桁が違いますので、やはり対応速度は最速だと思います。

 

 

交通費がかからないし、送料無料

 

店舗にいくには、交通費がかかりますし、移動時間も必要です。

 

必要書類が無ければ、最悪の場合自宅に取りに帰る必要がありますし、店舗に戻ってきても即対応してもらえるとは限りません。

 

それに、自宅に戻るなんてケースの場合は交通費と時間が倍かかってしまいます。

 

オンラインなら、交通費や移動時間はゼロ、不要な出費を抑えたいワイモバイルなので、送料ももちろん無料です。

 

あんしんして申し込みが可能です。

 

不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る

 

オンラインの最大の強みと言える部分になります。

 

店舗の半強制オプションに加入する必要がないので、本気で最安値で申し込みが可能です。

 

せっかく、月額料金が安くて維持費が魅力的なワイモバイルなのに、不要なオプションに加入させられまくって高額なスマホになってしまっては元も子もありません。

 

ワイモバイルの価値を最大限引き出すためにも、オンラインでの申し込みを強くお勧めします。

 

待たされない24時間好きなタイミングで購入できる

 

お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。

 

お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。

 

でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。

 

ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。

 

お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。

 

ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。

 

わからないことはチャットで問い合わせできる

 

 

ワイモバイルにはチャットサービスがあります。パソコンはもちろん、スマホでの申し込みでもチャットサービスが使えます。

基本的に24時間対応出来ますが、オペレーターでの対応を希望される場合は9時~18時までの時間となりますのでご注意ください。

もちろん、チャットサービスでの対応は無料になっていますので、気になることはしっかり確認してください。

 

チャットサービスの良いところは、料金面など対面では聞きにくい部分がチャットだと遠慮なく聞けることです。

 

どんどん活用していきましょう。

 

キャンペーン適用漏れがない

 

ワイモバイルなら、店舗とは違って専用のフォームでの申し込みとなりますので、キャンペーンの適用漏れはありません。

 

店舗の場合はずっと続くお客様の対応で、やはり適用漏れや案内漏れなどの発生の可能性がありますが、オンラインでは適用漏れは皆無です。

あんしんして申し込みが出来るところもオンライン申し込みの良さですね。

 

夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく

夜21時以降に始まる「タイムセール」などは、毎日少しずつラインナップが変わっていきます。

 

 

 

店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

 

 

オンラインで申し込みをしたら、店舗では対応してくれないのではないか?という不安をお持ちのあなた!

 

オンラインで申し込みを行っても、店舗で申し込みを行ってもワイモバイルのお客様であることに変わりはありませんので、故障や破損、電池の交換など、何か困ったことがあれば店舗でも受け付けは可能です。

 

また、店舗でメリットがあるとしたら、修理対応であったり、操作方法がわからない場合はちゃんと対応をしてくれるところです。

 

店舗とオンライン、双方にデメリットもありますし、メリットもあります。

 

ちゃんと切り分けてお付き合いするのが賢いやり方です。

 

そもそもワイモバイルへ申し込みを行うメリット

 

ヤフープレミアム会員費無料
格安SIMで圧倒的な通信速度
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
ヤフープレミアム会員費無料
キャリア決済が使える
全国に1,000店舗以上ある
料金プランがシンプル
基本料金プランが安い
2018年9月にデータ容量が増量
10分以内の国内通話無料
完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額
60歳以上の方はかけ放題
無料でプラン変更可能
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
キャリアメールが使える
家族割で料金割引
光回線のおうち割で月1000円割引
Android Oneの新機種続々
SIMフリー端末も続々発売
iPhone7がついに発売!
iPhone6S・iPhoneSEが買える
LINEも使えてID検索もOK
機種変更で2年間データ増量延長
紹介しきれないぐらいに、オンラインのメリットは盛りだくさんです。
ぜひ、活用してみてください♪