あの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!評判、ランキング、クチコミも一挙公開

 

あの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!評判、ランキング、クチコミも一挙公開

 

 

「タイムセール」での対応となり、毎日21:00~朝9:00での受付となりますので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 

 

あの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!評判、ランキング、クチコミも一挙公開

 

 

 

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

 

 

 

アンドロイドワンS1はワイモバイルで昨年爆発的に販売台数を伸ばし、ワイモバイルを有名にしたスマホです。

 

普段使いでは問題ないスペックで、アイフォンと違い、メモリーカードを差し込むことで、写真や動画がたくさん撮れるという優位性がありますし、

 

何より、コストパフォーマンスが高く、

 

 

端末代がたったの100円!さらに、家族割を適用すれば月額料金1,598円でスマホが持てるというとんでもない価格になっています。

 

 

もちろん、10分の無料通話が基本付いていますし、他社と比較してもデータ容量が最安値のSプランでも3GBもついています。

 

この価格であれば、追加で1,000円払えばかけ放題プランへの変更も可能ですし、負担になりません。

 

 

ほんとスマホの良さを充分に堪能できるモデルになっています。

 

すでに、S1自体は完売となっており、手に入れるにはアウトレットしか方法はありません。

 

この機会に是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

家族割適用で月額1598円で使えるS1は普段使いで安くスマホを使いたい方にはベストな選択となります。

 

最新の3Dゲームは正直動きは渋いですが、通常のインターネット検索や、ナビ代わりに使うかたなら充分すぎる性能です。

 

 

コスパが高く、シンプルに使える!アンドロイドS1のレビュー アンドロイドワンS1の使い方も

 

 

アンドロイドワンS1は使い方によっては一回の充電で6日のバッテリー持ち

 

 

コスパの高い使いやすい機種だと思います
S1を1年程度使用したので感想をアップします。
<満足な点>
・画面がきれいです。
・キャップレス防水なので、充電時にケーブルを差しやすい
・サイズが手のひらにちょうど収まるサイズで扱いやすいです。
・軽く、薄い。安いジャケットでも着せておけば当て傷も防げます。
・他の方々がおっしゃるほどに動作がのろまだとは感じません。
そもそもアニメーションスケールで動作を表示するのが好きでないので、アニメーション動作をすべてOFFにしています。
アニメーション動作にこだわりのない方は「システム」→「開発者向けオプション」→「描画」のセクションのアニメーションスケールをすべてOFFにしてみてください。これだけで動作や表示はかなりクイックになります。
・電池が非常に持ちます。私の使用頻度が高くないこともあるせいか、1回の充電で6日は持ちます。8.0へのUGでさらにバッテリーの持ちがよくなりました。
・常駐アプリは極力無くし、バックグラウンドで動作させておく必要のないアプリは容赦なく「無効化」かアンインストールしています。これを自由にできるのがAndroid Oneの仕様の良さです。
・ディスプレイの明るさのレベルは中程度で十分に視認性はあります。「明るさの自動調節」もONにしています。
・8.0へのUGでBluetoothの対応コーデックが増えたので、高音質にも対応しています。
・最新のOSへ定期的にUGが保証されているのは安心です。
・この機種に関することではありませんが、ワイモバイルのプランで私にとって最大のメリットは10分間まで通話が無料だということです。プランM(2年間は6GBまで)で、月額3,000円程度で通信が安定した端末が使用できるのですから満足です。
<不満な点>
・複数のアプリを同時起動すると確かにメモリ不足になります。しかし、これはこの程度のスペックならばどの端末でも起こりうることです。右下の□のアイコンを押して使用していないアプリのメモリを定期的に解放してあげればアプリの動作が不安定になるようなことはありません。
・カメラの性能はよくありませんが、致命的な問題は感じません。スマホで高品位な写真を撮りたいならばこの機種は第1選択にしないほうがよいでしょう。ちなみに私は純正のカメラアプリではなく、Google カメラを使用しています。シャッターを押してからのタイムラグが短いですし、シャッター音も控えめです。フラッシュも「常時」「OFF」「自動」に切り替えられます。
・呼び出し音も好きなリングトーンを拾ってきて、相手別に使い分けています。人の声で「電話です」とか「家族から電話です」とか。結局は使い方次第なのでしょうが、少しの工夫で使い勝手はよくなります。
それがアンドロイド端末の楽しさの一つではないでしょうか。
せっかく購入した愛機なのですから、可愛がってあげてください。

・「電池」で、電池を消費しているアプリを確認する。(特定のアプリでの消費が多ければ状況を確認する。使用していないバックグラウンドアプリや常駐アプリは無効化するか、アンインストールする。)
・GPSが常時必要でないのなら基本的にはOFFにして、外出先等で地図アプリなどでGPSを必要とするときにだけONにする。
・「アプリと通知」のセクションで、緊急速報を含め、「通知」が不要なアプリからの通知をOFFにする。(緊急速報を聞いても自分にとっては遅すぎることが多いので不要です。)
・「特別なアプリアクセス」のセクションで「電池の最適化」を試す。
・「ディスプレイ」の明るさのレベルを調整する。(私の場合はデフォルトの明るさはスライダーの左半分以下で十分です。)
・「明るさの自動調節」をON。
・「スリーブ」で一定時間が経過するとディスプレイがOFFになるようにする。(私は1分に設定)

 

 

その他にも方法があるとは思いますが、認識できる範囲、または設定変更等で調整可能な限り無駄な電源消費を避けることが基本です。
異常なほどの電池消耗があり、しかも原因が不明ならば個体の異常も疑うべきですが、もし個体の異常なのだとすれば残念なことです。

参考になれば幸いです。

 

 

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

 

 

アンドロイドワンS1はオクタコアCPUだから、日常的な使い方ではもたつきません。

 

 

 

アウトレットで購入

公式オンラインショップにてアウトレット品を一括540円で購入。自分のところに届いたのは、殆ど使用した形跡のない新同品のようでした(この点は運が良かった)一方、ロットの若いものだったせいか到着時のAndroidバージョンは7.1.1、自宅wifiでのアップデート(モバイル回線でアップデートは2025年まで不可と出ました)は8.1.0まででした。セキュリティパッチは今年8月のものが落ちてきます。

【デザイン】
コンパクトでバランスも良いです。質感が高いというほどではないですが、安っぽくもない。

【携帯性】
最近主流の5.2~6インチのスマホに比べると見るからに小さくて軽いです。

【レスポンス】
オクタコアCPUなので日常的な使い方でもたつくようなことは無いですね。ゲームの処理能力も比較的高い。

【画面表示】
5インチサイズにフルHD解像度ですから、綺麗です。視認性も良い。

【バッテリー】
バッテリー自体に異常はありませんが、CPUとのバランスが× せっかくそこそこ良いCPUなのに負荷がかかることをやらせるとバッテリー残量がどんどん減っていきます。

【カメラ】
使ってないので無評価

【総評】
なかなか良い感じなのにCPUの消費電力とバッテリーのバランスが取れてなくて、結果残念な機種になってしまってますね・・・通話、メール、LINE、SNSといった日常的なアプリのみの使用ならCPU負荷がかからず、十分実用的な機種と言えます。

アンドロイドワンS1は軽くて薄いから使いやすい

安かったが満足です

ゲームはしないので性能をフルに使っているわけではありませんが、ネットは結構やってます。4か月くらい使っての評価です。

【デザイン】 普通です。色は好きです。

【携帯性】    軽いのと薄いのとで、いいと思います。

【ボタン操作】 普通です。問題有りません

【文字変換】  普通です。問題ありません。

【レスポンス】 元々iphone使っていたのですが、それに劣るところを感じません。中々いいと思います。ゲームはやってないので性能が高度に求められる使い方はしてないかもしれません。

【メニュー】   普通です。

【画面表示】  普通です。最近はみんなきれいですよね。

【通話音質】  通話する分には特に問題なし。

【呼出音・音楽】 スピーカーがショボいので、音楽や動画の音質はダメです。でも別にイヤフォンすればいいやって感じなので、そんなに悪い評価にしていません。イヤフォンしてください。

【バッテリー】自分の使い方(会社の行きかえりにネットを見る)くらいだと二日くらい充電しなくてもいけます。スペック見るとiphoneよりでかい容量のバッテリー積んでますね。

【総評】元々Sharpという会社をそんなに信用していなかった上に、低価格だったので半信半疑でしたが、実際使ってみると問題有りませんでした。このコスパの良さは類を見ないと思います。買いです。

 

 

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

 

 

アンドロイドワンS1はコスパが凄い、コスパで選ぶならS1一択!

コスパで選ぶならコレ

【デザイン】
X1に比べサイズもやや小さめで角も丸くデザインされているので手に馴染み易いです
本体側面はマット質ですが、背面が全てツヤツヤ・・・チープ感があります
が、スマホカバーを装着してあげればいいんです(小並
【携帯性】
これまでスマホを所持していた方なら問題ないでしょう
気になる方はショップへ行ってご確認ください
どの5インチ以上のスマホ全てに言えることですが、デニム系などぴっちりしたタイプのズボンポケットには厳しいですね
もっと4インチ出してくれないだろうか(小並
【ボタン操作】
問題なし
※但し、側面の電源・音量ボタンは右配置なので右利き用【文字変換】
長く使うことで使いやすさは向上していきます
問題なし
【レスポンス】
問題なし
※ブラウザタブを5つ以上開いた状態で操作すると、少しずつモッサリ感がでてきます
※不要なアプリなどは作業終了後確実に終了しておけば問題なし
【メニュー】
余計なアプリが全く入っていないので見慣れたアイコンばかりで安心です
逆に言うと自身で必要なアプリは入れる必要があります

 

【画面表示】
デザイン会社などでもよく使用されているIGZOです。
問題なぞ皆無。
画面の暗さ云々は自身で変更可。

 

【通話音質】
問題なし。

 

【呼出音・音楽】
・スピーカー音質はここ10年あまり変わり栄えしてないように思います。
キレイに聴こえますが特別イイと感じることはありませんでした。

・イヤホンを付けて音楽を聴くとキレイに聴こえます。シャリシャリ音大きめで低音もしっかり聴き取れます
(※JVC製5千円程度のイヤホンで試聴)

 

【バッテリー】
バッテリー容量:2530mAhと昨今販売されている中では少なめで不安がありましたが1日でそんな思いはなくなりました。
一日で通信1Gほど、主に「艦これ(ゲーム)」「音楽プレイヤー」「ブラウジング(画像多めまとめサイトなど)」に利用しましたが
全然減りません。

●バックグラウンドアプリをカットすることで超長持ち
※自動明るさ調整を切る+下げる。
※音量を下げる。
※不要なアプリ開いたままにしない。
※不要なメーラーなどの通知を切る。
※Google開発者アプリ通知ブロック。
などを行うことで余裕の長持ちです。自分の使い方であれば2日は余裕でいけます。

 

【総評】
本体代金を抑えたいのであれば確実にこの機種をお勧め!
SHARP製なので製品のクオリティとサポートも安心感抜群。
難があるとすればスマホカバーの選択肢の少なさ・・・購入もほぼネットショップになります。
定番の商品であればYmoble!店頭か大型電気店(田舎だと売ってない可能性大)でも購入できます

【小ネタというステマいやダイマか】
・Y!mobileでの契約で実質機種代金を無料にして使える他
2回線目の基本使用料金が500円引き(スマホ)、または無料(ケータイプラン)
・自身の契約では親回線をスマホ、子回線をPHS(WILLCOM時代のもの)を利用しておりPHSの利用料金は据え置き(約1000円)のまま使えます
17年8月からはケータイ用プランに新たなプラン?かキャンペーン?が入るようです。

【その他】
イヤホンジャック:本体上部右より
電源ボタン:右側側面中央
音量ボタン:右側側面上より(電源ボタンのすぐ上)
ストラップ:右側側面下より2cm
充電:本体下部中央
SIM:左側面上より
microSD:SIMと同じ(最大256GB)

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

アンドロイドワンS1は性能的に明確な穴なし、オールラウンダースマホ

 

ワイモバイルで格安スマホを使うなら、SIMフリーよりこっち

幅が狭いデザインが使いやすくて好きなので購入しました。
性能的にも明確な穴がなく使いやすい端末です。
【デザイン】
幅70mmを切るデザインは持ちやすさが全く違います。
プラスチック製ですが、側面が金属風で背面はガラス風となっていて、安物感を軽減しています。
【携帯性】
5インチスマホの中ではコンパクトな方です。arrows M02に近いですが、こちらの方が角が丸まっていてより良いです。【ボタン操作】
可もなく不可もなく。配置も無難に右側です。
【文字変換】
iWnnなので普通に問題なく使えます。
【レスポンス】
ローミドルCPUのSnapdragon430なので、気になる部分では気になります。ただ3万円未満のSIMフリースマホも大体こんなものですね。【メニュー】
純粋なAndroidなので分かりにくいということはありません。逆にシンプルすぎて不親切に感じる人もいるかもしれませんが。【画面表示】
IGZO液晶のFHDなので良いですね。ちょっと赤みが強めかも知れませんが、Androidの元の機能に色温度の変更がないので調整できません。【通話音質】
特に問題ないかと思います。 

【呼出音・音楽】
底面モノラルスピーカーですが音質は悪くないと思います。

 

【バッテリー】
決して多くはありませんが、元々省電力のスペックなのであまり気になりません。

【総評】
無難に使いやすい、シンプルなスマホです。
純正Androidであるために、プリインストールアプリがgoogle系以外ほとんどなく、余計な機能がついていないという意味では良いですが、普通のメーカー製端末なら必ず入っているような機能も入っていないため、自分でアプリを入れてカスタマイズする必要があります。
そういう意味では知識がある程度ないと使いこなせないという側面があり、初心者向けではないのかなと思います。
ただ通信量に割引が入りますし、使いやすさという意味でも、ワイモバイルを使うならセットで安くなっている元値3万円以下のSIMフリースマホより、こちらの端末の方がオススメです。

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

アンドロイドワンS1は普段使いにはちょうどいい

参考にしてください

キャンペーン入れて三台で一万以下だったので、価格でワイモバイルのs1に乗り換えました。iPhoneからの乗り換えでしたがスペックや評判も特に問題なくショップでもタッチを確かめて契約しましたがデザインや使い方に関しては慣れるので特に問題ではないと思ってましたが、ショップで触ったときは特にネットのスクロールなどに問題なかったのですが、使って一週間レスポンスが非常に悪いです。
4年前に使用していたエクスペリアと同程度ですね。スペック的には大幅に改善してるのになぜかわわかりませんがヤフーのサイト開いてもスクロールすると画面カクカクでスムーズではないですね。スマホ初心者には価格も安く非常にいいと思いますが、乗り換えや新規のスマホ経験者には少し物足りないと思います。
特にスマホゲームは使いもにならないレベルですね。今はワイモバイルのS1をテザリングでつなげてiPhone6使ってる現状です。
ワイモバイルの契約を今からしようと思ってる方にお勧めとして通話とネットを軽くやる程度でしたら、s1は5インチですし非常にいい機種だと思いますが、更にその上を求められてる方同価格ではiPhone5s価格を上げてもいいと思われる方はSEをお勧めします。ストレスなくスマホライフを送れると思います。
S1とiPhoneどちらにするか悩んでる方がかなりいると思いますが参考にしてください。

アンドロイドワンS1のレスポンスは充分

ビジネスに使うにはOKです。

Nexus5の電池持ちが悪くなってきた事と電池自体膨れてきたのか裏蓋がすこーし浮き出しました(笑)
それと、流石に3年がたってグーグルさんからセキュリティパッチも降って来なくなりました。で、急遽端末を探すことに。最近のSIMフリー端末はnanoシム機が多く、Yモバイルでnanoシムに交換を頼んだら不可らしい。
SIMカットも考えましたが、めんどくさいのでその場にあった「S1」に機種変更しました。レスポンスが悪いと仰っている方もおられますが、私は全く感じません。
(ただ私はスマホでゲームは全くやらないので負荷の高いゲームは分りません)
それと、デフォでスマホの暗号化が行われているので、頻繁にストレージに読み書きを行うアプリはつっかかるのかも?
電池持ちはAndroid 7.0 Nougatの「Dozeモード」が賢いのかオフ時は、ほとんど減りません。
ビックリしたのは、オンでブラウジングしてても電池の減りがほんと少ないです。流石IGZOといった所でしょうか。不具合というか気づいた点を一つ。
Android 7.0 Nougatには「データセーバー」という機能がありますが、こいつをオンするとメールアプリがリアル通知しません。
で、「データに無制限にアクセスするアプリ」にメールアプリを指定するのですが、それでもダメです。
オペレーターを表示するウィジェットを入れているのですが、「データセーバー」オフの時は「Y!mobile/LTE」と表示しているのが、オンでは「Y!mobile」とだけの表示になり「LTE」が消えるのですが、何かこれが影響してるのかもしれません。
「データセーバー」オンでもっと電池持ちを上げようと思いましたが少し残念です。
それでも、3年落ちのNexus5に比べれば雲泥の差なので満足ではあります。(笑)-追記-上記に「データセーバー」云々と書きましたが、どうも違うようです。
電池メニューの中に「電池最適化」をみつけました。Dozeモードですね。
で、先のメールアプリを最適化しないアプリに指定して「データセーバー」オンで運用中です

アンドロイドワンS1は充分な速度と美しい画面、初スマホにはもってこい

 

 

初スマホ

ドコモ・ガラケーよりワイモバ・スマホに乗り換え、スマホデビューしたばかりの新参者です。だもんで余り参考にはならないかもですが、私と同じように大手キャリアから格安スマホに乗り換えを考えてる人の僅かばかりのコヤシになればとカキコしました。

【デザイン】
プラ製なので高級感は無いですが、安っぽくもない。可もなく不可もなく。

【携帯性】
実質ロハのi-phpne5sかこいつかで迷ったんだけど・・・4インチってどうなんだろう?携帯性は良さそうだけど画面の見やすさは?実際使ってみて・・・5インチってジャストサイズだと思う♪ケース付けて作業服胸ポケに入るギリギリの大きさ。老眼にもギリギリの視認性の良さ。これ以上大きくなったら私は選ばないと思う。

【ボタン操作】
電源/スリープボタンが本体左側にあり・・・便利な反面、電話受信時に慌ててると電源ボタンを押してしまうこと多数・・・。慣れてきたので大部減ったけど。

【文字変換】
打ち間違いが(笑)。まぁタッチパネルに不慣れなんで。大部慣れましたが。文字変換自体は自分には使い易いです。

【レスポンス】
十分な速度かと♪

【メニュー】
スマホ新人にはやや分かり難いかな?でも私でも一週間も使ってると慣れたので問題ないかと。

【画面表示】
綺麗です♪

【通話音質】
これはワイモバ(ソフバン)の回線品質もあるんだろうけど、ドコモを10とすると8かな。時々「サー」とか「ザー」とか一瞬ノイズが入ります。これはドコモにはなかったこと。また高音がややキンキンしたり低音が籠ってみたりも。

ただ・・・たまに機械を通した声ながら妙に生々しく身近に聴こえることもあり・・・これがなんか映画みたいつーか近未来的と言うか、個人的にはハマっています♪かぁちゃんに「お前さん、こんなセクシーボイスやったっけ?」とトボケたこと言っては「バッカじゃないの」と呆れられています(笑)。

【呼出音・音楽】
いいですよ。音楽はyou tubeをヘッドフォンで聴きましたがヘタなDAPよりはいいかも。

【バッテリー】
良い♪マジで三日もつ♪但し条件があって・・・私みたいに電話メイン、たまにサイト閲覧、動画は観ん、ゲームはせん、音楽は聴かん・・・ならですが。先週なんか四日もちました。まぁ、最終日は研修だったので通話もほとんど使わなかったからだけど。

 

まぁこれは使い方次第なんで。通話もメールもする、動画も観る、ゲームもする、音楽も聴く・・・そりゃ一日もたないし、発熱もするだろう・・・ちっぽけな大きさなのにと個人的には思う。同じことをノーパソ(内蔵バッテリー)でやったら半日はおろか二時間ももたんでしょうにと。てかそんなにゲームしたり音楽聴くヒマって仕事しててあるの?あ、電車通勤時にすんのか。

スマホを「電話メイン、ネットはオマケ」と考えるか「ネットメイン、通話はオマケ」と考えるかでバッテリーのもちも、スマホ自体の評価も分かれてくるでしょうね。

 

【総評】

ドコモで嫁とスマホデビューしようとすると最低でも11500円・・・アホかと乗り換えました。ワイモバだとデータパックS付けたドコモ・ガラケーより安く済む。

 

で、ワイモバ・・・微妙です(笑)。いや絶妙(笑)?明らかにドコモ、Au顧客略奪用ブランドだわ(笑)。決して安くはないですよね、他の格安スマホに比べ。安くしようとすると二年縛りがあるし。ポイントはMNPに拘るか、通話が多いのかですね。

 

私のように仕事でよく通話し、今更ナンバー変えられない者には回数制限無しの10分かけ放題はすっごく魅力的です♪これが5分なら落着かないんですわ。10分だとホント助かる♪回数制限(今までは月に300回)が今年二月からなくなったのも朗報です♪

 

私はワイモバショップで購入しましたが、やはり店舗があるのはいいですね♪スタッフの方も親切で電話帳もガラケーから本機に移してくれたし、嫁と私と二台同時購入だったので手数料は一台分の3000円にしてくれたし♪高いか安いかは分かりませんが本機は月500円の24回払いなんで負担になんないし♪

 

ひとつ分かんないのが・・・私も嫁もSプランなのですが一か月だけMプランにしてもらうと・・・。なんでやろ?今度訊こうっと。

最後に支払い例・・・

 

プランS・・・2980円。通話10分かけ放題回数制限なし。データ通信量1G(二年は2G)。
機体代・・・500円。
故障安心プラスパック・・・700円。

 

税込みで4500円ほど。一年は割引1000円あるんで3500円♪嫁は誰とでも定額通話付けたので4500円。これに家族割り500円で・・・二人で一年目は7500円、二年目9500円。三年目は機体のローン終わるので8500円。ま、我慢できる範疇ですね♪

その他として・・・

 

①ストレージは16Gですがデフォのアプリで既に8Gが消費されています。

②セコイ話しですが・・・ヤフーサイトを見るだけでマイルが貯まり・・・月80マイル貯めると0.5G貰えます♪

③データ容量のシェアパック自体は出来るのですが子回線は通話付けれないのがイタ過ぎる!これが出来れば素晴らしいのですが・・・ワイモバの今後の対応に期待。

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

アンドロイドワンS1は縦に長くて持ちやすいから、ポケットに入れても取り出しやすい

一週間使ってみて

 

【デザイン】

良いです。一見すると、他のスマホにありそうなデザインですが、そうでもありません。

【携帯性】

5インチかつ縦に長いので、ポケットに入れても取り出しやすいです。

【ボタン操作】

右側に、音量ボタンと電源ボタンがあります。可もなく不可もなくといった所です。

【文字変換】

標準搭載のものを使ってます。ひらがな、漢字入力は問題ないかと思います。
ハイフン、アンダーバーなど記号は、入力しづらいです。

【レスポンス】

まだ、一週間しか経ってないので、サクサクです。
アプリは11個追加で入れました。
インストールしたのはニュース系アプリが一個、動画アプリ一個、ゲームアプリ二個
その他乗り換えや漫画などです。

【メニュー】

シンプルなので見やすいです。

【画面表示】

フルHDなので、ここは綺麗です。

【通話音質】

悪くはないという感じです。
気持ち音が小さく聞こえます。

【呼出音・音楽】

日常生活で使えるレベルだと思います。

【バッテリー】

100%にしてからだと、持って1日半くらいかと。
その間は、通話したり、ニュース見たり、漫画読んだりしてます。

【総評】

購入を決めたのが、持ちやすさとカラーです。
用途は、主に仕事用で通話したり、メールしたりします。
プライベートはiPhoneSEです。
ワイモバイルのAndroidの中では、これが持ちやすかったです。
また以前、AQUOS PHONE SERIE SHL21のピンクを使用していたのですが
このカラーが気に入っていたのもあり、S1にしました。

ワイモバイルで安くて、かつフルHDの映像の綺麗さ、携帯性を気にするのであればこの機種かと思います。

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

http://review.kakaku.com/review/J0000023847/#tab

アンドロイドワンS1のランキングはどうなの?

 

実際に評価はどのようなものになっているのでしょうか?

 

ワイモバイルの中では堂々の第三位となっています。

 

ひとつ気になるのは満足度が低いところですが、内容を確認してみると、さすがに最新の高性能スマホと比較すると遅いという意見がほとんどです。

 

とはいえ、普段使いでは充分という声が多く最新の映像処理に負荷がかかるようなゲームをバンバンされるような方には不向きでしょう。

 

でも、電話やネット検索、ナビ代わりに使うという一般的な使い方であればまったく問題はありません。

 

私の場合は、S1とX3の二台持ちで使っていますが、S1の性能で充分だと思っていますし、何よりもサイズがベスト。

 

最新の5インチから6インチのモデルだと、私の手では文字入力が大変です。

 

でもアンドロイドワンS1なら、手にすっぽりと収まるのでとっても使いやすいです。

 

横のシルバーの枠の部分が高品質な感じがして気に入っています。

 

 

>>>タイムセールであの人気のS1がアウトレットで98%OFF機種代一括100円!月額料金も1598円~<<<

プッシュ通知を
ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!
LINE始めました
友だち追加←ぜひ活用してください(^^)

ワイモバイルのことなら、どんどん聞いてください(^^)

仕事の都合上、すぐ返信できないことがあるかもしれませんが、わたしでお手伝いできることがあればどんどん言ってください。

ご質問いただくことで、もっとより良いページにしたいと思っています。

 

ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

 

 

スマホには、大手キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクと格安スマホの2種類だと思われている方が多いかもしれませんが、

実は、3パターンあります。

「大手キャリア」、「サブブランド」、「格安スマホ」の3種類になります。

 

ワイモバイルは格安ブランドの中でも、サービスレベルが上位となるサブブランドです。

 

 

サブブランドであるワイモバイルは料金が安い上に店舗を準備していることもあり、店舗とネットふたつの申し込み方法があります。

 

 

店舗で申し込みしたほうがいいのか、ネットで申し込みすべきか、迷うところですがやはりネット申し込み、店舗申し込み、

 

双方にメリット、デメリットがあります。

 

目的に合わせて、ベストな方法での手配を行うようにしたいですね。

 

そこで、店舗とネットのメリット、デメリットについてご案内させていただきます。

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

 

ワイモバイル店舗受付のメリット

 

店員さんがいるから直接説明が聞ける
スマホを実際に触れることが出来る

店員さんがいるから直接説明が聞ける

 

 

やっぱり、対面での接客はその場で回答をもらえることもありますし、悩みや相談に乗ってくれるので有難い存在ですね。

 

そのまま購入まで順序立てて説明してくれるので、嬉しいですよね。

 

スマホを実際に触れることが出来る

 

 

スマホの本体の重さや、感触などを実際に触れることが出来るのは、店舗の最大のメリットだと言えます。

 

 

質感や重さなどの感覚を重要視されているかたは、店舗での確認をおすすめします。

 

 

また、格安ブランドに関しては、ほとんど店舗を置いていないので商品確認は出来ないです。

ワイモバイル店舗受付のデメリット

 

ワイモバイル店舗受付のデメリット

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる
Mプラン以上の料金プラン必須
待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い
いつ対応してもらえるか分からない
店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある
在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

店舗事務手数料を減らすために様々なオプションへの加入を迫られる

 

 

 

 

店舗ならでは、といったところになりますが、店舗には契約事務手数料、もしくは頭金の名目で5,000~10,000円の間で料金が発生します。

もちろん、この契約事務手数料や頭金を減らすという名目で様々なオプションの加入をうながしてきます。

 

これはワイモバイルに限ったことではありません。大手キャリアでも全く同じ動きになっており、ドコモ、au、ソフトバンクでも全く同じ温度感でオプション加入を促してきます。

 

例えば、格安でのタブレット端末購入、アプリインストール、スマホに付随するオプションサービスへの加入、光回線変更など様々なオプション加入となります。

 

必要なものであれば喜んで加入すべきですが、そもそもスマホ料金を安くするためにサブブランドを選択しているのであれば、不要なオプション加入は本末転倒です。

個人的には、スマホの申し込みは店舗ではすべきでないと考えています。

 

何よりも、サービスが高質なワイモバイルを低価格で使うことに最大のメリットがあるので、オプションまみれの高額なワイモバイルになってしまっては本末転倒です。

 

最大限のメリットを引き出せるオンラインショップでの申し込みがおすすめです。

 

 

Mプラン以上の料金プラン必須

 

 

 

 

こちらも、オプション加入と同じ温度感で店員さんがけしかけてきます。

Sプランを選択したい方でも、店舗申し込みであればMプランに加入することを余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

やはり、店舗の方も料金プランを少しでも高いものにすることがノルマとして求められていますので、店員さんが悪いということではありません。

 

 

背景として、店員さんの給与を支払うための手段としてオプション加入、料金プランはMプラン以上と言われていますのでしょうがない部分です。

もちろん、ハッキリと断れる方であれば店舗での契約でも問題はありませんが、微妙な空気になること間違いなしです。

 

 

待ち時間が1時間以上、時間な無駄が多い

 

 

これも、店舗ならではのあるあるです。

 

やはり、上記に記載したオプションに加入させるためにいろんなアプローチを試みてきます。

 

アプローチの仕方が、どの店舗でもだいたい同じということを考えると、すでに店舗側でマニュアル化しているものと考えたほうが自然です。

 

やはり、そのアプローチと交渉がありますので、開通までの時間を含めると、一時間程度は受付に時間がかかってしまいます。

 

また、待ち時間がなくても一時間程度かかりますので、先客がいる場合の待ち時間は人数分の時間数がかかります。

 

つまり、1時間~2時間待ちは普通にあり得ます。

 

特に、ワイモバイル店舗に関しては月額料金を極限まで安くしていることもあり、店舗にいる人員数は少なめです。

 

人数が少ないからと言って、くれぐれもクレームにはしないでください。

 

店舗で受け付けをするということはある程度の時間に余裕をもって受付するものなのです。

 

いつ対応してもらえるか分からない

 

 

 

上記のような状況となりますので、いつ対応してもらえるのかは、神のみぞ知るというレベルです。

 

新規のお客様であれば登録手配を進めることと、オプション加入をすすめるだけですので、一時間ほどで完了しますが、番号そのままで使えるようにするMNP手続きに関しては、これまでつかっているスマホ会社からMNP番号を取得する必要があるため、一時間で終えることは至難の業です。

 

自分自身の順番の前に新規登録や、MNP受付が発生している場合は一度店舗を出て、他の用事を済ませてから再入店するほうが効率的かもしれません。

 

店舗の最大のメリットである、実機確認ができないことがある

 

 

店舗のメリットとして掲げている、スマホ本体の実機確認が出来ないことも多いです。
私が住んでいる近くのワイモバイルショップでは、動いている実機はなく、全てモックアップ(模型)の展示だけでした。
確かに、重量や質感は感覚としてわかりますが、やはり、動かない実機に触れても意味がないと思います。
そのような店舗もありますので、あまり期待値を高くしていくとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

在庫切れで契約が出来ない可能性がある。

 

 

 

 

月間販売台数を考えると、1店舗あたり、朝10時~18時までの営業時間だとして、ずっとお客様がひっきりなしに来たとして、ひとりあたり8件の申し込み受付が最大です。

 

基本的に2~3名体制のお店がほとんどなので、休憩時間を考慮すると、8時間-休憩1時間なので、7時間体制×3名=最大21件の申し込みということになります。

 

ただ、これはずっとお客様がお待ちという最大値での計算ですので、説明に時間がかかったり、結局成約に至らなかったりすることもありますし、アフター対応サービスを承っていることも考えると、一日の申し込み件数は半数の10件もあれば大繁盛なのではないでしょうか?

 

やはり、売れ筋のスマホに関しては一定の在庫は確保していると思いますが、そうでないスマホは品薄になっている可能性が高いです。

 

店舗としても在庫を抱えることはリスクでしかありませんので、至極当然のことだと思います。

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のデメリット

店員さんから直接説明は聞けない
自己責任での申し込み
実際に手に取って触れることが出来ない

店員さんから直接説明は聞けない

 

 

オンラインの申し込みに関しては、当然ながら直接接客ということはできませんので、直接店員さんに聞くことはできません。

 

とはいえ、ワイモバイルに関してはチャットサービスなるものがあり、購入に関する様々な質問をリアルタイムで疑問を解消出来るようになっています。

 

 

また、このチャットサービスについてはチャット対応完了後にアンケートに回答するようになっており、この内容が業務内容の評価として反映されるようになっていますので、オンライン窓口のチャットサービスを行っている方は、責任をもって、誠実に対応する必要があります。

 

そのため、店員さんから直接聞くことはできませんが、チャットサービスは高品質な対応を目指していますので、ぜひ活用いただければと考えます。

 

 

自己責任での申し込み

 

 

これは、ワイモバイルに限らず全ての通販事業に言えることになります。

 

ネットでの申し込みは自己責任で進めることになります。

 

とはいえ、申し込み自体は非常にシンプルで明快、チャットサポートもあるため、そんなに難しい申し込み方法ではありません。

 

それに店舗申し込みでは出来ないことがあります。

 

それは、キャンセルです。

 

商品到着後、8日以内であれば一定の条件内ならキャンセルが可能なのです。

 

キャンセル方法については以下をご覧いただければと思いますが、あんしんして申し込みが出来ることもワイモバイルならではの良さだと考えます。

 

※ワイモバイルのキャンセルの定義※

 

 

実際に手に取って触れることが出来ない

 

 

 

 

オンラインならではのデメリットになりますが、やはり実機の確認はできません。

 

でも、ネット申し込みだからこそ、到着までのワクワクもあるのです。

 

商品が到着するまでのワクワクは店舗では味わえません。

 

通販やネット申し込みが人気なのは、そういったワクワク感があるからだと思います。

 

私は既にネットでのスマホ申し込みは何度もありますが、やはり商品が到着して、箱を開ける瞬間がやっぱり一番ドキドキします。

 

中に何が入っているのかなんて、わかっているクセにイメージと実物が融合する瞬間だからかもしれませんね。

ワイモバイルオンライン受付のメリット

 

ワイモバイルオンライン受付のメリット

オンライン限定割引があることが最大の強み
圧倒的に手軽
最短当日発送
交通費がかからないし、送料無料
不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る
待たされない24時間好きなタイミングで購入できる
わからないことはチャットで問い合わせできる
キャンペーン適用漏れがない
夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく
子供が寝静まった深夜に契約内容・オプションをじっくり考えながら手続きする
店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

オンライン限定割引があることが最大の強み

 

ワイモバイルではオンライン申し込みに力を入れています。

 

これは、店舗での業務ひっ迫を軽減することにも繋がりますし、人件費が発生しないオンラインに注力するのは当然のことだと思います。

 

オンライン限定でスタートしたiPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーン

 

>>>>>iPhone 6sの端末代金一括500円キャンペーンはこちら<<<<<

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

 

 

 

>>>>>オンライン限定アウトレットセール会場はこちら<<<<<

ほかにもたくさんのキャンペーン・おすすめ情報があるので、ぜひご覧ください。
とてもじゃないですが、このページの中ではご紹介しきれませんので、ぜひ下にあるリンクからご確認ください。

>>>>>キャンペーン・おすすめ情報はこちら<<<<<

ワイモバイルは圧倒的に手軽

 

 

 

オンラインでの申し込みは、自宅にいながら申し込みが出来ますし、必要な書類はそもそも自宅にあるので圧倒的に手軽です。

待たされることもありませんし、自分のペースで進めれるから急かされることもありません。

 

自分自身が納得できるペースで進めることが出来るので安心して進めることが出来ます。

 

長い方で一週間ほど申し込みに時間をかけてゆっくり申し込みされているかたもいらっしゃるようです。

 

早いかたであれば、10分程度で申し込みをされている方もいらっしゃいます。

 

どちらにしても、手軽にじぶんペースで進めることが出来るのは手軽で良いですね。

 

最短当日発送

 

申し込みが終わったら、今度は一日も早く商品を受け取りたいですよね?

 

ワイモバイルなら最短当日発送なので、地域によっては最短翌日には到着します。

 

店舗だと、在庫がなければ一週間程度待たされる場合もありますが、オンラインなら在庫は豊富です。

 

対応している件数が店舗とは桁が違いますので、やはり対応速度は最速だと思います。

 

 

交通費がかからないし、送料無料

 

店舗にいくには、交通費がかかりますし、移動時間も必要です。

 

必要書類が無ければ、最悪の場合自宅に取りに帰る必要がありますし、店舗に戻ってきても即対応してもらえるとは限りません。

 

それに、自宅に戻るなんてケースの場合は交通費と時間が倍かかってしまいます。

 

オンラインなら、交通費や移動時間はゼロ、不要な出費を抑えたいワイモバイルなので、送料ももちろん無料です。

 

あんしんして申し込みが可能です。

 

不要なオプションに加入しなくていいから最安で無駄のないプランに出来る

 

オンラインの最大の強みと言える部分になります。

 

店舗の半強制オプションに加入する必要がないので、本気で最安値で申し込みが可能です。

 

せっかく、月額料金が安くて維持費が魅力的なワイモバイルなのに、不要なオプションに加入させられまくって高額なスマホになってしまっては元も子もありません。

 

ワイモバイルの価値を最大限引き出すためにも、オンラインでの申し込みを強くお勧めします。

 

待たされない24時間好きなタイミングで購入できる

 

お子様の年齢が保育園とか、それ以下の年齢の場合、自宅から出るのは結構大変です。

 

お買い物だけでも大変なのに、ショップに行って子供に泣かれた日には、説明を聞くどころか周りのお客様のことを考えると落ち着いて話を聞くこともできません。

 

でも、オンラインなら待たされない、気遣う必要もない、自分自身のペースでゆっくり、自分のタイミングで申し込みが可能です。

 

ちょっと気になることはチャットで聞けばいいですし、不安もしっかり解消しながらストレスフリーで申し込み。

 

お化粧をする必要もありませんし、着替える必要もありません。

 

ライフスタイルに合わせた申し込みが出来るのもオンライン申し込みの良さですね。

 

わからないことはチャットで問い合わせできる

 

 

ワイモバイルにはチャットサービスがあります。パソコンはもちろん、スマホでの申し込みでもチャットサービスが使えます。

基本的に24時間対応出来ますが、オペレーターでの対応を希望される場合は9時~18時までの時間となりますのでご注意ください。

もちろん、チャットサービスでの対応は無料になっていますので、気になることはしっかり確認してください。

 

チャットサービスの良いところは、料金面など対面では聞きにくい部分がチャットだと遠慮なく聞けることです。

 

どんどん活用していきましょう。

 

キャンペーン適用漏れがない

 

ワイモバイルなら、店舗とは違って専用のフォームでの申し込みとなりますので、キャンペーンの適用漏れはありません。

 

店舗の場合はずっと続くお客様の対応で、やはり適用漏れや案内漏れなどの発生の可能性がありますが、オンラインでは適用漏れは皆無です。

あんしんして申し込みが出来るところもオンライン申し込みの良さですね。

 

夜に空いてるキャンペーンはさらにおとく

夜21時以降に始まる「タイムセール」などは、毎日少しずつラインナップが変わっていきます。

 

 

 

店舗のサポートは当然対応してくれるので安心だし、営業時間もわかる

 

 

オンラインで申し込みをしたら、店舗では対応してくれないのではないか?という不安をお持ちのあなた!

 

オンラインで申し込みを行っても、店舗で申し込みを行ってもワイモバイルのお客様であることに変わりはありませんので、故障や破損、電池の交換など、何か困ったことがあれば店舗でも受け付けは可能です。

 

また、店舗でメリットがあるとしたら、修理対応であったり、操作方法がわからない場合はちゃんと対応をしてくれるところです。

 

店舗とオンライン、双方にデメリットもありますし、メリットもあります。

 

ちゃんと切り分けてお付き合いするのが賢いやり方です。

 

そもそもワイモバイルへ申し込みを行うメリット

 

ヤフープレミアム会員費無料
格安SIMで圧倒的な通信速度
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
ヤフープレミアム会員費無料
キャリア決済が使える
全国に1,000店舗以上ある
料金プランがシンプル
基本料金プランが安い
2018年9月にデータ容量が増量
10分以内の国内通話無料
完全かけ放題プランもあるスーパー誰とでも定額
60歳以上の方はかけ放題
無料でプラン変更可能
ソフトバンクWi-Fiスポット無料
キャリアメールが使える
家族割で料金割引
光回線のおうち割で月1000円割引
Android Oneの新機種続々
SIMフリー端末も続々発売
iPhone7がついに発売!
iPhone6S・iPhoneSEが買える
LINEも使えてID検索もOK
機種変更で2年間データ増量延長
紹介しきれないぐらいに、オンラインのメリットは盛りだくさんです。
ぜひ、活用してみてください♪